※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

保守短編・馬鹿乙女番外編
「酔いどれ真紅地獄変」

あらすじ
真紅が酔っ払ってJUMとイチャイチャ

紅「ジュ~ン~♪」スリスリ
J「真紅テラカワユスwww普段もこれくらい可愛いげがあったらなぁ」
紅「えっ…ふらんのわらひ…かわいく…ない…?」ウルウル
J「(うっ…)そ、そんな事は無い!お前は最高さ!!」
紅「(パアァァ…!)うふふ~♪やっぱりジュンはやさしいのらわ~♪♪」スリスリ
J(ウヒョー!たまんNEEEEEEEE!!!!)

なんともラブラブな二人。
しかし…そんな彼等を快く思わぬ者(複数)がいた!! 

銀(なによなによなによなによぉ~!私の振袖の帯をあんなに
楽しそうに引っ張ったクセにぃ~!!)ギリギリ
翠(翠星石の事を門松乙女とか言ってテメェは真紅と
イチャイチャですかチビ人間~!!)ガジガジ
蒼(ボ、僕がM字ハゲを通報してる間に㌧でもない事に…)ジョキンジョキン
薔(ぬぬ…ああいう路線の方が…ウケるんだ…)ヘッキシ!!
嫉妬の炎を燃やす乙女達…アレ、数が足りない…?

金(おじさん…このお年玉は大切するかしら)
雛「うにゅ~おいしいの~♪」
雪「黒豆も美味ですわぁ♪」モグモグ

…あまり気にしてない模様です

銀「このまま真紅の好きにさせる訳にはいかないわぁ!」
翠「べ、別に翠星石はどうでもいいですけど!こんなトコで
イチャつかれても迷惑ですからね!!」
蒼「…ここは一時休戦、だね」
薔「真紅…独り占めは…だァめだァめ……!」

ガシイイィィィイイン!!

ここに、乙女同盟が結成された!!


金「はぁ…火燵ぬくぬくかしら~♪」
雛「うゆぅ…ヒナねむくなってきたの…ファ~」
雪「蜜柑も美味しいですわ~♪」ハムハム
金「ところでみんなは何をしてるかしら?」
雪「さぁ…お腹空いたら戻ってくるでしょう?」モキュモキュ

翠「…でもどうやって止めるですか?」
銀「いい方法があるわぁ。私にまかせなさぁい」スタスタ
蒼「水銀燈?」
薔「何か作戦が…?」

銀「あぁんジュン~♪私も酔っちゃったみたぁ~い♪」チラ
翠「…ある意味どストレートですぅ」
蒼「しかも振袖の胸元はだけさせてるし…」
薔「銀ちゃん…エロス…」

銀(ふっ…このWアタックで墜ちない男は皆無よぉ!)

J「おぉおぉお…」ドキドキ
紅「…水銀燈」ユラリ
銀「ッ!真紅!?(まさかやる気!?)」
紅「…ろうして貴女のおっぱいはこんらに大きいの?」グニッ
銀「ひぁっ!?」

紅「ズルイのらわ…わらひにもわけれちょうらひ…」モミモミ
銀「ちょっ…真紅ぅ!そんなっ…やぁっ!ら、らめぇぇぇえええっ!!」ビクンビクン
紅「あら…?」

翠「あっさり墜ちやがったですぅ…」
蒼「お、女の子同士であんな、アンナ、あんな…!!////」ドキドキ
薔「…銀ちゃんは…胸が弱い…っと」メモメモ

J「す、水銀燈…」ハァハァ
紅「むぅ、やっぱりジュンもおっぱいおっきい方が
好きなのれ……そうらわ!」ポン
J「?」
紅「ジュン、わらひのおっぱいを揉んれちょうらい♪」
J・翠・蒼・薔「な、なんだってー!?(AA略」

翠「じじじ状況が悪化しやがったですぅー!?」ガガーン!!
蒼「おおお落ち着くんだ翠星石!!ヒッヒッフーヒッヒッフーだ!!」オロオロ
薔「こういう時こそ…素数を数えるの…」

紅「ジュンに揉んれ貰ってジュン好みのおっぱいにするのらわ♪」
J「い、いや流石にそれはマズイ…」
紅「…らめなの?」ウルウル
J「喜んで揉ませていただきまっす!!」ビシィッ!!
紅「うふふ~ジュンはいい子なのらわ♪それじゃ今から脱ぐのらわ~♪♪」ヌギヌギ
J「wktkwktk」


翠「ヌガァーッ!!もう勘弁ならねーですぅー!!」ダッ
蒼「ああっ!?翠星石!?」

翠「そこまでですエロチビ人間!!白昼堂々破廉恥行為など
お天道様が許してもこの翠星石が許さんですぅ!!」ババーン!!
J「す、翠星石!?」
翠「さぁ、真紅から離れて翠星石とちちくりあ…じゃない!!
と、とにかく観念しやがるですぅ!!」
J「いきなりどうしたんだよ!なぁ真紅…真紅?」
紅「…門松がしゃべったのらわ」
翠「オメーまで門松呼ばわりですかー!?」ガガーン!!
J「う~ん、酔っ払い恐るべし」

翠「と、とにかくチビ人間は翠星石と一緒に来ればいいんですぅ!!」グイッ
J「うわっ!?」
紅「!!」

紅「らめぇっ!!」ブンッ
あーーーっと!真紅の絆ックルだァーーー!!
J「おわっ!?」サッ
翠「ひぃっ!?」サッ

ズガァァァアアアン!!!

J・翠「ほわぁーーー!?」カビーン!!
蒼「ゲェー!!真紅の絆ックルで壁が吹き飛んだァーーー!!!」
薔「ゆでたまご乙」
紅「ジュンを襲うことはこのわらひが許さないのらわ!!」ゴゴゴゴ…
J「お、落ち着け真紅!ホラ翠星石も早くアッチ行け!!
これ以上はホントにヤバイ!!」
翠「ヒイィッ!おたすけェー!!」スタコラサッサー

紅「ハァ…ハァ…」
J「落ち着け、ヒッヒッフーヒッヒッフーだぞ?」

翠「絆ックル怖イ絆ックル怖イ絆ックル怖イ…」ガクブルガクブル
蒼「翠星石…すっかり怯えて…」
薔「…次は私の番」
蒼「…何をやるつもりだい、薔薇水晶」
薔「…ヒント:ワカメ酒」
蒼「思いっきり答えじゃないか!ていうかそれはやっちゃダメだー!!」
薔「えー…せっかくの全裸を…生かさない手は無い…」
蒼「服は着ようよ!人として!!」

紅「ジュン~、ここは騒がしいから二階へいくのらわ~」
J「え?あ、うん…」

スタスタ…

蒼・薔「……」
薔「…早くしないから」
蒼「え!?僕のせいなの!?」

J(遂にここまで来た…この扉を開ければ始まる…
ハイパーおっぱいモミモミタイムが!!)

こぶーりな真紅のおっぱいをモミモミー♪

J(……今唐揚げ粉のCMみたいな歌が聞こえたような…)
紅「ジュン~?早く部屋に入るのらわ~?」ギュ
J「うはwwwwおkwwwww」

ガチャ

扉を開けた彼等が見たものは

巴「クンカクンカあ~桜田君の匂い~♪♪♪クンカクンカ」ゴロゴロ
振袖姿でベッドでゴロンゴロンする幼馴染みの姿でした
J「……」
紅「……」
J「……柏…葉…?」
巴「デュワッ!?」

J「……」
紅「……」
巴「……」

固まる三人。ふと窓を見ると…
鍵の部分のガラスがきれいにくり抜かれていた(犯罪です><)

J「え…と…か、柏b」
巴「違う」
J「は?」
巴「違うの…これは違うのぉぉぉおおお!!」
と、叫び、窓をぶち破って外へ飛び出す巴さん
J「柏葉ーーー!!?」
思わず窓へ駆け寄るJUM。外を見ると…
巴「違うのおおぉぉぉ……」ドドド…
叫びながら爆走する巴の姿が。ピンピンしてる事に安堵しつつも
幼馴染みの奇行にJUMは
J「はぁ~~~~…」
深~~~~い溜息をついた…

J「不法侵入してまで何がしたかったんだ柏葉…」
紅「まったくなのらわ、わらひより先にジュンのベッドに入るなんれ…」
J「え、怒るトコそっち?」
紅「わらひもやるのらわ~♪」ポフッ
J「おいおい…」
紅「うふふ~♪ジュンの匂いがするのらわ~♪…ふわぁ…なんらか…
眠くなって…き…クカー…」
J「寝ちゃったよ…」

紅「Zzz…」
J「…ちゃんと布団被らないと風邪ひくぞ」ソッ…
紅「…ジュン…」
J「!!」
紅「大好き…よ…Zzz…」J「……寝言かよ…………////」

蒼「あ、ジュン君!」
薔「もう戻ってきた…」
J「真紅のヤツ寝ちゃったんだよ…」
蒼「そ、そうなんだ…(……よかった…ホッ)」
薔「それでは代わりに…ばらしーのワカメざk」
J「服を着ろ」
薔「(´・ω・`)」

こうして彼等の正月は過ぎていく…

金「壁が吹き飛んだままかしら…」
雛「水銀燈と翠星石はどうするの~?」
雪「壁は後で業者を呼びますわ。姉様二人は…」

銀「ハァハァ…////」
翠「絆ックル怖イ絆ックル怖イ(ry」

雪「…そっとしておきましょう」
雛「なの~」
金「かしら~」


……世は全て事も無し…?

|