※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

薔薇水晶は夢を見る。

孤独になった自分の過去を…

孤独から救ってくれた仲間との出会いを…

仲間に囲まれながら、夢を見る……



6.左目で見る夢



~~~~~

薄汚い町の、薄汚い酒場の、薄汚いテーブル。
私がそこに座ってると、薄汚い男が隣に座った。

男が無言で紙切れを一枚、私に渡す。
私はそれを受け取ると…
なにも注文せず、酒場を後にした。

通りに出て、人目につかない場所に移動する。
薄汚い紙を、スッと開く。

3人が運んでる物品の強奪。
成功報酬で$1000。

「……」

ケチな仕事。その上、どう見ても暗殺の仕事ではない。
この程度しか今は頼める事が無い、という事か…。

ため息をつくも…他人の命より、今日の糧。
当面の糊口をしのぐ為…引き受ける事にした。

いつからこんな風に…感情が死んでしまったのだろう…
いつから…私の見える世界から色が失われたのだろう…

そんな事をぼんやり考える。

やはり…何の感慨も湧いてこない。
つまり、どうでも良い事。そういう事。



周囲の地図を広げ、考える。

普通に考えたら、荒野を迂回してくるだろう。
それを狙って網を張るにも、範囲が広すぎる。
なら、どうするべきか…。
自分なら、どのルートを通るか…。

暫く考え、町の裏にある地域に視線を落とす。

地形が悪すぎて、馬での走行は危険な場所。
遮蔽物が少ない上、馬も無いと来ては、賊に出会ったら逃げる事すらままならない。
普通に考えて、物品の輸送路として、こんな所は通るわけがない。

だから、ここには誰も網を張らない。
だから、ここには狙撃手も居ない。

…確かに狙撃には不利な地形だけど…
…けど…だからこそ、並の賊程度なら蹴散らす自信が有る者なら…
『狙撃だけ』を警戒する相手ならここを通る可能性がある。

一か八か…私は自分の予想を信じて、町の裏手に回っていった。



炎天下、太陽が容赦なく照りつける中、何時間も待ち続ける。

辛うじて身体を隠せるかどうかという岩陰に身を潜め、周囲を警戒し続ける。

汗が出ようと、虫が寄ってこようと、銃を構えたまま、身じろぎもしない。

自分で予想した目標の進路。
それをひたすらに信じて、何時間も待ち続ける。


すると…
人影が見えた。
(…来た!…三人組…!)

太陽を背に歩いてきてるせいで、発見が遅れてしまったが…
それでも、狙撃には十分な距離だ。

スコープ越しに相手を探る。
依頼にあった人物像と一致している。
どうやら…読みは当たったようだ。

殺さないように荷を奪うのは、殺して奪うのよりずっと難しい。
全員殺すにしても、確実に…より成功の確率を上げる為に、殺す順番を決める。

(…長髪の女は…身のこなしから察するに…そんなに強くない…。
すると…先ず仕留めるべきは…)
そう思い、スコープを短髪に向ける。

瞬間、スコープ越しに、短髪の女と目が合う。
(見つかった!?)

そして短髪は引き金に指をかけるより早く、スコープから消える。
(!!…まずい…)

急いでスコープから目を離し、全体を確認する。
隻眼のせいで、こういう場合はいちいちスコープから目を離す必要があるのがもどかしい。

短髪がこっちに向かって走り…
茶色と銀髪が岩陰を目指して走っている。

(目標の物は…二人のどっちか…)

物品に逃げられたら、そもそもの作戦は失敗だ。
迫ってくる短髪より、目標の品を確保する為に、狙いを定める。

視界に銀髪の女が映し出される。

そして引き金を…

引けなかった。

私の目は、完全に銀髪の女を捉えたまま…
しかし、体は髪の毛一本分も動かす事ができなかった。

(とても…綺麗…)
これまでに無い、圧倒的な感動が思考を支配した。
弱い電流が体に流れたような感覚が全身に駆け巡った。

鮮やかな銀色の髪が…醒めるような赤い瞳が…モノクロだった筈の私の視界に飛び込んでくる…。

いつの間にか聞こえる自分の鼓動に、数年ぶりに自分が生きている事を自覚する。

地面を蹴る足。
しなやかに伸びる手。
風に揺れる、銀色の髪。
その一つ一つが、頭の中に甘美に揺れる。

永遠とも思える時間…そうして見とれていた。
永遠に、そうして見とれていたいと思った。

(もっと…よく見たい…)
そう思い、目をスコープから外した瞬間 ――
地面を蹴る音が近くでした。

(…しまった…!)
その音で夢から醒め、急いで身を起こそうとしたが…
私の首を挟むように、口を開けた鋏が地面に突き刺さった。



短髪が何か合図をしたのか、残りの二人も私の所にやってきた。

銃は取り上げられ、首筋には鋏が突きつけられている。
地面にチョコンと正座させられる。
もう、絶体絶命。

そして…
銀髪の女性が私の前に屈みこむ。
「あなた…一人なのぉ?」
形のいい唇で、そう聞いてくる。
「……うん…」
正直に答える。

「ふぅん…」
銀髪をかき分けながら、興味なさげに呟く。

サラサラと、髪の一本一本が風に揺れるのが見える。
とってもピンチなのに、何故か、とっても楽しい気分になってる自分に気が付く。

そして…私は、一世一代の大勝負に出る事を決意する。

こんな時には、何って言うんだっけ?
一生懸命、頭をフル回転。
思いついた言葉を、反芻する。
よし、これだ。ここ一番はやっぱり、この言葉しか無い。

「……へい彼女…お茶でもしない…?」
精一杯の素敵スマイルを銀髪の女性に向けて、そう言う。
キまった…!完璧に…!もう、100点満点だと自分を褒めたくなる。

とってもドキドキする。
この人は、何って答えてくれるだろう?
胸を高鳴らせながら、返事を待つ…


~~~~~~


「薔薇水晶…交代の時間よぉ。起きなさぁい」
水銀燈の声で、薔薇水晶は目を覚ました。

「うなされたり、笑ったり…夢でもみてたのぉ?」
水銀燈の何気ない問いかけに、薔薇水晶は目を擦りながら嬉しそうに答える。
「すごい…銀ちゃん…私のことよく分かってる…」

水銀燈の腕に薔薇水晶がしがみ付き、楽しそうにニヤニヤする。
が…
「ちょっとぉ…疲れてるんだから、休ませなさいよぉ…」
水銀燈は、そんな薔薇水晶を軽く一蹴した。
「ぅぐ…ごめん…」
薔薇水晶が、オズオズと手を引っ込める。

そんなしょんぼりした薔薇水晶を察してか、水銀燈が優しく声をかける。
「心配しないでぇ。あなたの事、嫌いななったわけじゃあないからぁ」

薔薇水晶の顔が、パッと明るくなる。
「やった…銀ちゃんからの…愛の告白…!」

その反応に水銀燈は…少し引き攣った笑いしながら煙草を咥えただけだった。



―※―※―※―※―


…その日の夕方頃まで時間は遡る…

小さな町の、小さな酒場に、3人の女が入ってきた。

コートを着た金髪の女。油断無く隻眼を光らす女。…あと…子供?

先客達は、少し珍しそうにその姿を眺めたが…
すぐに興味を失い、自分の世界へと帰っていった。

カウンターに3人が並ぶ。

「紅茶を淹れて頂戴」
「この店で一番大きいステーキを」
「すぱげちー!」

店の主人はギロリと3人を睨んだが…
金髪がコートの中から銃をチラッと覗かせると、そそくさと視線をそらした。



出された物を口にしながら、金髪が言う。
「雪華綺晶…あなた毎度の事ながら…その細い体で、よく食べるわね」
隻眼の女―雪華綺晶は、微笑んで答える。
「ええ…。力持ちなのはいいんですが、すぐにお腹がすいてしまって…
燃費が悪くて、自分でも困ってしまいますわ…」

「アンマァ!カハァ!ケハァ!」

「そんなに食べると、ご家族も大変だったでしょうに…」
「ほんと…妹の食が細くって心配で…」
少しズレた返事をし、懐かしそうに右目の薔薇飾りを撫でる。

雪華綺晶の目に一瞬、寂しげな影がかかるのを見て、金髪の女は気遣わしげに尋ねた。
「妹を残してきた事…本当に良かったの…?」

「あの子を巻き込みたくなかったですし…。後悔はありませんわ…」
雪華綺晶は寂しそうに微笑みながら…それでも隻眼に力強い意思を光らせた。



― after story ―

「スー…スー」
金糸雀が静かに寝息を立てる。
「…むにゃ…むにゃ……はぅあ!?」
突然、翠星石がブルリと身体を震わせた。

「どうしたのかしら?風邪でもひいたかしら?」
その様子に気付き、金糸雀も目をゴシゴシしながらムクリと起き上がった。

「ち…違うです…もっと恐ろしい…何か…『こいつら二人、完全に空気だな』みたいな予感がしたですぅ…」
「そ…それは切ないかしら~!?」
「こうなったらチビカナ!何か作戦の一つでも立てるです!」
「いくらカナが策士とは言え、急には浮かばないかしら…」
「だったらせめて、怪我でもして私に治療させやがれです!」
「流石に、危険なのは嫌かしら…」
「大丈夫ですぅ!チビカナは『死亡フラグ』を立ててないから、死ぬ事は無いです!だから…!」
「それでも、痛いのは嫌かしら!」

そう言い、金糸雀は自分の寝袋を持ち上げた。

「ここ居たら、寝てる間に何されるか分かったもんじゃないかしら!
カナは離れた所で一人で寝るかしら!!  …ハッ!?」


「かしらぁぁぁーーー!!」


夜空に金糸雀の叫びが響き渡った。

|