※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

翠「はぁー、まったくもって理解できね-です。」
ヒナ「ヒナもわからないの~。」
カナ「学園一の策士であるこのカナが追試験を受けようとは、末代までの恥かしらー!」
ヒナ「カナはこの前も追試を受けてたのよ?」
カナ「そ、それは…。」
翠「ざまぁねーです。策士なのはあくまで自称ですからねー」
カナ「ぅうっ、それは孔明の罠かしらー!!!」

薔薇乙女の通う有栖学園は、つい先週学年末試験を終えたばかりだ。
ほとんどの生徒はテストからの開放され、部活動に勤しんだり遊んだりと思い思いに過ごしているのだが。

蒼「ほらほら、集中集中!日頃の授業をまじめに聞いてればk(ry」
翠「だぁー!蒼星石まで梅岡の肩をもつですかー!?」
蒼「そんな!僕は翠星石の将来を心配して…」
カナ「け、喧嘩はやめるかしらー!!」
ヒナ「そうなの、そうなの!喧嘩はめーっなの!」
蒼「いいかい、翠星石!明日の追試失敗したら、留年だってありうるんだからね!」
翠・ヒナ・カナ「ヒィーーーーーー!!!!」
蒼「それが嫌なら勉強あるのみだよ。それと僕は部活に行くからね?あとは三人でがんばってよ!じゃぁ…」
ガチャッ
カナ「蒼星石行ってしまったかしら…」
ヒナ「うゅー。誰も教えてくれる人がいないのー・・・。」
翠「…………」
ヒナ「翠星石?」
翠「……………背に腹は変えられんですよね…」
カナ「どういう意味かしら?」
翠「よく聞くですよ、チビチビにデコッチン!!」
ヒナ・カナ「???」


翠「やるですよ!やるです!今晩職員室に侵入して問題かっぱらうです!!!」

ヒナ・カナ「!!!!!!!!11!」

翠「そうと決まれば早速作戦会議ですよ!って、二人は怖くてちびっちゃったですかぁ?(ニヤニヤ」
ヒナ・カナ「ヒナちびってないもん!!・カナはこ、怖くないのかしら~!」
翠「それじゃあ、今晩ここに集合して…(ry」
ヒナ・カナ「フムフム。」






そして深夜12時……



翠『ザーザーザー、えーこちら本部の翠星石。こちら本部の翠星石です。聞こえますですかー?』
カナ「もちろん聞こえるかしら。こっちは目的に到着し、指令を待つだけかしら!」
翠『ちび苺はどうですかー?』
ヒナ『うぃ-。校門に着いたのー。ヒナは何するの?』
翠『ちび苺は障害となり得る人間の掃討役です。実行役はデコッチンですぅ。』
ヒナ『翠星石~』
翠『す、翠星石はお前らの安全の確保と作戦全体の把握ですぅ。自分の手を汚さず楽してずるして頂ですぅ!なんて思ってないです!!!余計な詮索はするなですぅ!』
ヒナ『ヒナは何も言ってないの~。ぇえっと、誰か来るのよ?』
翠『確認するです!』
ヒナ『うぃー。』

ヒナ『翠星石~、いっこ上のJUMだったのよ~。』
翠『誘惑して学校から遠ざけるです!』
ヒナ『うぃ-。』


ヒナ「ジュンー!」
JUM「うわっ!何で雛苺がここに?」
ヒナ(ジュンなんか、抱きついてスキーって言えばいちころよwww)
ヒナ「ヒナ、JUMと散歩したいの~!だめぇ?」
JUM「ぇえー!!でも…」
ヒナ「ヤー----!散歩するの!!」
JUMの胸元に抱きつき上目遣いで目を潤ませる雛苺。
JUM「(タマランwwww)しょうがないなー。今晩だけな」
ヒナ「わーい。ジュン大好きー!!(役得wwwwww)」

翠『後で覚えてるですよ雛苺…』


カナ「さて、そろそろ本題に入るかしら。翠星石、時間は?」
翠『定刻まで後2分です。』
カナ「ではスタンバイかしら。」

   ~二分後~ 

翠『作戦開始ですぅ!善はいそげ!作戦時間は5分ですよぉ!』
カナ「ラジャー、かしら!」

カナ(さて、職員室は一階、侵入は容易いかしら。ただ、守備は完全みたいかしら。なんたってあの長嶋さんが守ってるんだから…。)
*長嶋さん→セコム
カナ(でも学園一の策士ことこの金糸雀、作戦に抜かりはないかしら!職員室の防御は完璧、だが隣の進路指導室は完全フリー。そこから進入すれば完璧かしら!!)



カナ「ふふふ、カナにかかればテストなんて朝飯前かしら!」
翠「今回はへましなかったですねぇ。珍しいですぅ」
カナ(JUM激しかったの・・・)

かくして問題用紙を手に入れた三人、徹夜で詰め込み本番を迎えることに・・・・。


二年生の教室で・・・
カナ&翠「って問題違ー---------------う!!!!!!」
そのころ一年生の教室では
ヒナ「楽してずるしていただきなの♪」

蒼「一年生の問題必死に覚えるなんて…途中で気づくだろうに…」
真紅「無様ね」

JUM(ひないちご……)             (終)

|