※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あー……喉渇いたー……」
眩しく照りつける太陽の下、 夏独特の蒸し暑さを感じながら、 僕は一人呟いた。
体育で思いっきり酷使された身体は、今すぐにでも水分を欲している。
しかし、 連日の真夏日により水道は断水中。まったく、 日本の梅雨は何をしていたのやら。
そんなワケで、 僕は一滴も水が落ちてこない蛇口を恨めしそうに見つめながら、 近くに腰を下ろしていた。
すると、 急に視界が歪む。それと同時に目の辺りに走る冷たい感触。
「うおっ!」
突然の感覚に、 思わず声が溢れた。
それと重なるように、 悪戯っぽい笑い声が聞こえてくる。
すると、 すっ、 と先ほどまで目を覆っていたものが取れた。
その正体はペットボトルだった。それも中身はミネラルウォーター、 まさに今一番欲しい物No.1である。
そしてその先には、 これまた悪戯っぽい、 笑顔が一つ。
「ヒッヒッヒ……ずいぶん情けない声出してるですね」
ニヤニヤしながら話すその少女とは、 ご近所さんで尚且つ同級生という、 見事な腐れ縁の間柄だ。けれども、 いや、 だからこそかもしれないが、 なんだかんだでよく一緒にいたりする。
もちろん、 今みたいな悪戯も日常茶飯事だ。

「うるさい。性悪」
そのニヤニヤが気に食わず、 一応反論してみる。 もちろん、 効果なんてないのだが。
「ん?反抗するつもりですか?あーあ、 せっかくコレあげようと思ったのに」
なんとも胡散臭い溜め息を吐きながら、 見せ付けるようにペットボトルをぷらぷらと振る。
非常にムカつくが、 それが喉から手が出るほど欲しいのは確かだ。だけど負けるな僕。我慢だ、 我慢……。




「どうですか?翠星石様」
なんとも情けないが、 やっぱり喉の渇きには勝てなかった。
僕は女王様の奴隷その1となって肩を揉みながら、 ペットボトルをねだり続けている。
「そうですねぇ……少しは働いてくれたみたいだし、 コレ、 あげるです」
僕に肩を揉ませながら、 手に持ったペットボトルを掲げ、 エセ女王様は呟いた。
それを見て、 『さすが、 翠星石様は分かってらっしゃる』
なんて感謝してやろうと思った瞬間――……。




なんと、 エセ女王は褒美のペットボトルを飲み始めたのだ。
それも凄い勢いで、 半分くらいまで一気に飲み干しやがった。
ぷはっ、 なんてサラリーマンがビール飲んだ時のような声を出して口を離すと、 半分ほど残ったそれを、 僕の前に突き出す。

「はい、 残りはあげるです」
突然の出来事と、 予想外の事態に、 僕が返事できないでいると、 彼女は不思議そうな顔をして言った。
「どーしたです?要らないですか?」
いや、 欲しいのは山々なんだが……。
「そりゃ要るけど……一応これって間接キス……」
半分停止した頭で、 無理矢理ながらも言葉を搾り出すと、 彼女は笑いながら言い返した。
「アハハ。なに乙女みたいな事言ってるです。……それとも、 翠星石と間接キス、 イヤですか?」
少し上目使いに見つめられて、 不覚にも一瞬ドキリ、 としてしまう。何考えてんだ、 僕。
「あ、 いや、 別にダメなワケじゃないんだけどさ。お前はイイのか……んっ」
言い切る前に何かで口を塞がれた。唇に感じる柔らかい感触。汗の匂いと甘い香りの二つが、 鼻をくすぐる。
それがキスだと判るのに、 時間はいらなかった。

彼女は、 ただ呆然とする僕から唇を離すと、 ペットボトルを無理矢理僕に押し付けた。
「こ、 これで、 別に間接キス、 大丈夫ですよ?」
真っ赤な顔でそう言い放つと、 くるりと踵を返し、 どこかへ走っていってしまった。
僕は熱くほてった身体に対象的な、 冷たいペットボトルを、 ぎゅっと握りしめる。
それは何とも言えないほど、 心地良かった。

|