※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「さて・・そろそろ頃合いかな・・」
携帯を取り出す。
「────もしもし?翠星石?──で?どうだった?
 ──うん、うん、そっか。──よかったね。僕も嬉しい。
 ──や、それだけだ。それじゃ、ごゆるりと。
 ──ははは、冗談だよ、ゴメンゴメン。──うん。それじゃあね。」
「上手く行ったようですね。」
「あっちはね。」
「あっちは、というと?」
「もう一つの糸車。糸が縺れた糸車。それをほどきに行かなくちゃ。」
「ほう。・・・・貴女も損な役回りですね。」
「もう、慣れてますから。こういう役は、僕だけで十分だ。」
「・・自ら舞台を降りて黒子に徹する、と。」
「そういうことかな。」
「我々も似たようなものですから、よく分かりますよ。」
「そうですか。・・・・では、僕はこれで。今日は本当に助かりました。有難うございます。」
「いえいえ。私も大いに楽しませていただきました。
 ・・もう、このカクテルは、作ることは無いでしょう。」
「そうして頂けると有り難いです。それでは、また来ます、兎さん。」
「またのご来店を心よりお待ちしております、黒子さん。」


月が明るい。生暖かい空気が肌を包み込む 


「・・・さて、行きますか。」



-----------------------


巴は、泣いていた。先程のところがまだ熱い。 

──────────────────桜田君。 

疼く。切ない。
─────どうして────どうして──── 

・・・ン・・・・ンポーン・・・・・・ピンポーン・・・・・ 

「・・はい・・・」
「やあ、巴。僕だよ。」
「・・・蒼星石・・・・」


「・・・・」
「・・・・」
沈黙。蒼星石がその沈黙を破って、
「・・泣いていたのかい?」
「・・・・」
「・・ジュン君、かい?」
「・・・・知ってたの?」
「うん。実はさ、一ヶ月くらい前に聞いたんだ。
 ジュン君本人に。翠星石に君とのこと見られたって。」
「えっ?そうだったの?」
「知らなかったの!?」
「ええ・・それであの娘、急に・・てっきり別れただけなのかと・・・」
「全く、つくづくあの人もトラブルメイカーだよ。
 それでね、僕は怒ったんだ、彼に。優柔不断だって。
 そしたら、彼、君のこと選んだみたい。」 


──────君のこと選んだみたい。
その言葉が、重くのし掛かる。 

「・・・違う・・違うの・・・」

激しい慟哭。蒼星石は巴を抱き寄せる。 

「・・・何か、あったんだね。・・・聞かせてくれないかな?」 

蒼星石になら話してもいい、と感じた。まるで自分に語りかけるような気がしたから。
巴は、今日あったことを全て話した。 

「そうだったんた・・・」
「・・・桜田君は、私の事を求めてなどいなかった・・・・・
 所詮、彼は私に欠けた偶像を求めていただけ・・・・・」
「・・それは、違うよ。だって、仮にそうなら、わざわざ君と二股掛ける訳がない。」
「それはそうだけど、でも・・」
「それに彼、その時にこう言ったんだ。君のことも昔から好きだったって。
 静かな中にある柔らかい優しさに惹かれた、って。
 不覚にも、何故か僕もちょっとドキッとしちゃった。」 
「そんなことを・・・・」
「彼は、ちゃんと君を君として見ていた。大丈夫、安心して。だから、ね?」
「うん・・うん・・・・」 

顔を上げる巴。 

「もう、大丈夫。・・よかった、その事が聞けて。
 ・・あの人は、私の事を求めていてくれた・・・」 

途端に蒼星石の表情が曇る。どこか悲しげだ。 

「・・どうしたの、蒼星石?」
「・・やっぱり、君にはこの事を話しておくべきみたいだ。」
「・・・・」
「彼が君と付き合おうと決めたのはね、君の告白を断りきれなかったからだって。
 ・・・・君が壊れてしまいそうだったからだって・・・・」
「・・・・そう。じゃあ、彼は同情という愛で私と・・・・」 

目頭が熱い。駄目だ。泣いちゃ駄目だ。必死に泣かまいと堪える。
蒼星石は目に涙を浮かべている。 

「・・・・何で、貴女が泣いてるの?」
「・・・・泣いて、良いんだよ?無理する必要なんか無い。」
「・・・別に、泣きたくなんか──」 

と、急に視界が真っ暗になる。暖かい。 

「・・嘘。言ったでしょ、君と僕は似てるって。
 君のことなんか手に取るように分かるんだ。だから、泣いていいよ、思いっきり。」 

暖かい。鼓動が聞こえる。あ、もう駄目だ─────── 

「・・・うん、今度こそ、もう大丈夫。」 

顔を上げる巴。その顔はとても清々しかった。 

「そう。・・それじゃ、ジュン君に電話しよっか?」
「・・えっ、何で───ううん、分かったわ。」 

携帯の電話帳を開く。彼に電話する前に、やるべきことがある。
彼のメモリーの登録名の「ジュン」を「桜田君」に戻す。準備完了。 

プルルルル。プルルルル。プルルルル。プルルルル。プルルルル。ガチャ。 

『・・・・もしもし。』
「遅すぎ。もっと早くでなさい。」
『・・・・』 

無言の彼。その間に、伝えたい想いを言葉に紡ぐ。 

「・・桜田君。ありがとう。」
『えっ・・・・』
「一ヶ月。とても短かったけど、貴方の隣に居れて、とても幸せだった。
 本当にありがとう。後悔はしていないわ。」
『────ま、待て!早まるな!』
「・・・・・・・・・・・・へ?」 

思わず素っ頓狂な声をあげる。 

『い、今どこだ?すぐに向かうからな!』
「・・・・・・・・・ぷっ。くくくっ。あっはははは。」 

隣でやり取りを聞いていた蒼星石も笑い出す。 


『・・・・・・・・・・へ?』 

今度は彼が素っ頓狂な声をあげる。 

「・・・桜田君。私、メンヘルじゃ無いんだけど。自殺なんかするわけないじゃん。」
『・・・・・・へっ?・・あ、な、何だよ!驚かせやがって!』
「人をメンヘル呼ばわりするなんて、最低ね。桜田君。」
『なっ・・・・』
「うん。最低だね、ジュン君。」
『そっ、蒼星石!?何で君がいるんだ?』
「最低なジュン君には秘密だよ。」 

笑い出す巴。 

『クソッ、何だよ人を散々馬鹿にしやがって!一体何で電話してきたんだよ─────
ちょっと、何の話ですかぁ?』
「あ、翠星石?実はね、かくかくしかじかで・・・・」 

蒼星石が今の出来事を面白おかしく説明する。バカ笑いする翠星石。 

『イーッヒッヒヒヒ!馬鹿ですぅ!ジュンは世界一の大馬鹿者です!
 ・・・ククッ、腹痛てぇですよ!
 ─────ちょっと、いい加減返せよ。もしもし、一体何の用だ?』 
「あ、ジュン君?ちょっと待ってね。今、巴に変わるから。
 ───もしもし。・・あのね、桜田君。
 もし良かったら、これからも友達としてお付き合い出来ないかな?・・・・」
『えっ・・・・』
「ダメ、かな・・」
『いや、俺は全然・・・・・・・本当にいいのか?』
「うん!」 

自分でも驚くほど爽やかな返事だった。 

『・・・・うっ・・ありがとう・・』
「泣かないの!男でしょ?」
『・・でも・・・僕は君を・・』
「だから、良いって言ってるじゃない。・・あんまりしつこいとウザいよ?」 

そう言って、蒼星石にウインクする巴。 

「・・うん。ウザいよジュン君。」
『なっ・・・・わ、分かったよ。・・それじゃ、これからもよろしく。』
「うん、よろしくお願いします。桜田君、翠星石にも替わってくれない?」
『ああ、分かった。
──もしもし。巴、ですか?』
「うん。・・・・ゴメンね、桜田君を奪うような真似して。」
『そんな事・・・・微塵も思って・・・・ねぇですよぉ・・・』
「・・そう。ありがとう。」
『・・巴。これからも翠星石と友達でいてくれるですか?』
「・・・・勿論よ。ずうっと、友達。」
『はいですぅ。ずっと、友達ですよ?』
「うん・・・・ねぇ、もう一度桜田君に替わってもらえる?
────もしもし。私から一つ、お願いがあるんだけど。」 
『・・何だ?』
「・・・あの娘が、いつ尋ねられても、
 心から幸せだって言えるように、全身全霊をかけること。」
『・・・・ああ、分かった。約束する。』
「良かった。それが聞けて安心した。・・それじゃ、そろそろ切るね。」
『ああ・・おやすみ。
オヤスミですぅ。』
「お休みなさい。 
 ・・・・ふぅ。疲れた。久しぶりだわ、こんなに長く喋ったの。」 
「ふふっ。君自身も少しずつ変わり始めてきたんだよ。
 勿論、良い方向にね。
 それじゃ、僕も帰るかな。」
「泊まっていけば?」
「ありがとう。でもいいよ、翠星石の部屋を借りるから。」
「わかった。・・今日は本当にありがとう。」
「どういたしまして。それじゃ。」
「うん、じゃあね。」 

------------------------

翠星石の部屋に着く。合鍵を使って、中に入る。 

「ふぅ・・・・」 

リビングで一息つく。 

「あれで、良かったんだよね。・・・・」 

正直、本当の事を話していない部分もある。罪悪感に苛まれる。
「ううん。あれで、良かったんだ。黒子の役目はしっかり果たした。
 ─────恋、か。僕だって、昔から────」 

いや、止そう。その感情は封印したんだ。姉に、自分の想いまで託したはずだ。
ふと、カレンダーに目を遣る。今日の日付が空欄だ。
『仲直り記念日』とメモ欄に書いておく。 

───────恋、か。
気にならない人が居ないわけでもない。
その人は自分の事を変な呼び名で呼び、事ある毎に自分のところへ話し掛けに来る。
鬱陶しい以外の何物でもなかったが、
その純粋でひた向きな感情には好感が持てるのだった。 

───次は、僕の番かな。一度舞台から姿を消した黒子なのに?
また舞台に上がらせて貰えるだろうか?
・・・ううん、きっと大丈夫だ。
あんなに心優しい演者さん達なら、きっと暖かく迎え入れてくれるだろう。

次の舞台に様々な想いを馳せながら、蒼星石は眠りについた。

|