※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

251

巴「あけましておめでとうございます」
J「……みんな、柏葉が来たぞ!」
雛「トモエーッ!」
翠「巴がキターですぅ!」
め「あけましておめでとう柏葉さん、ずっと待ってたわ」
巴「え?え?な、なに、この歓迎ぶり」
J「いやさ、僕の親がいま海外に行ってるのは知ってるよな?」
巴「う、うん……」
め「私のクソ親父も娘ほっといてどっかに行ってるわけ」
巴「はぁ……」
雛「ヒナたちのお父様は失踪中なのよ」
巴「えーと…つまり……」
J「柏葉だけが、お年玉をもらってるというわけだ!」
金「お金持ちかしら!」
紅「お金持ちね」
薔「お金持ち……」
巴「……帰るね」

 



252

巴「雛苺、ちょっと」
雛「わーい、お金持ちのトモエなのー」
巴「何か買ってほしい?」
雛「買ってくれるの!?やったなのー!」
巴「そのかわり……ね?」
雛「うゅ?…う~と…わかったのよ」

J「改めて、あけましておめでとう、柏葉、雛苺」
巴「あけましておめでとう、桜田くん、雛苺」
雛「あけましておめでとうなの、ジュン、実は巫女属性もあるトモエ!」
J「…ん?……えーと、うん。今年もよろしくな」
巴「よろしくね」
雛「こちらこそなのよ、ジュン、実は巫女属性もあるトモエ」
J「んー……ああ、ところで、二人ともこれからでかけるのか?」
雛「実は巫女属性もあるトモエと一緒にお人形買いに行くのよ、ジュンも一緒にいくの!」
J「あ……そ、それくらいならいいけど……」
巴「じゃ、行きましょうか」
雛「れっつごーなのー。ねぇ、実は巫女属性もあるトモエ、ヒナの着物、似合ってる?」
巴「ええ、とても可愛いわ。お人形さんみたい」
雛「えへへ、ありがとう、実は巫女属性もあるトモエもよく似合ってるの。ジュンもそう思うよね?」
J「ほぇ!?あ、ああ……」
雛「でもでも、実は巫女属性もあるトモエには他にも似合う服があると思うなの」
J「へ、へぇ……」
雛「ジュンは何だと思う?実は巫女属性もあるトモエに似合いそうな服……」
J「な、なんだろうなぁ……」

翠「…やつはいったい何がしたいんですか」
蒼「巫女装束を着てるところが見たい、とか、ジュンくんの方から言ってもらいたいんじゃないかな、多分……」

 



253

巴「はい雛苺、約束のお人形」
雛「えへへ、トモエ大好き、みんなには内緒にしとくのよ~!」
巴「……桜田くんも、何かほしい?」
J「い、いいよ…見損なうなよな、だいたい前のこと(cf:251)は冗談で言ったんだし……」
み「でもジュンジュンからはひもの臭いがぷんぷんしてるからねぇ」
J「ってうわぁ!?びっくりした、い、いたのか……」
み「あけましておめでとう、ジュンジュン、巴ちゃん、ヒナちゃん」
雛「おめでとうなのー!」
み「ところで巴ちゃん……唯一、お年玉をもらえたんだって?」
巴「はい……そうですけど……」
み「そう……お年玉……」
J・巴・雛「…………」
み「だめ、だめよみっちゃん、いくらなんでも、相手は中学生……本来なら私があげなきゃいけないくらいで……」
J・巴・雛「…………」
み「けど、ああっ……背に腹は…巴ちゃんは優しいから、頼んでみたらお昼ご飯くらいはもしかしたら……
  だめ、だめだったら、そこまで恥を捨てちゃいけないわ、しっかりするのよ草笛みつ…!」
J「何かと必死に戦っているようだ」

 



254

雛「おせち~、おせち~」
巴「ふふ、美味しい?雛苺」
雛「おいしーの、特にこのふにゅっとしたのが甘くて美味しいのよ~!」
J「くりきんとんか。まぁ、雛苺らしいな」
翠「だからって食い過ぎですぅ!翠星石の分がなくなるじゃねぇですか!」
蒼「翠星石も栗きんとんすきだもんね」
の「巴ちゃん、おせち作るの協力してくれてありがとうね」
巴「いえ、こういうの、好きなので」
J「へぇ、柏葉が……すごいな」
巴「そんなことないよ」
紅「……巴も一緒につくっただろうことはわかっていたけどね」
蒼「……そうだね」
巴「?どういうこと?」
銀「げほぉっ!?なにこれ、どうして伊達巻きにいちごが入ってるのぉ!?」
め「……このきんとん赤いんだけど、誰かの血?」

 



255

J「ん、なにしてるんだ?」
巴「年賀状、出し忘れとかないか、確認……」
J「年賀状?ふん、お正月には年賀状なんて制度、誰が決めたんだ?僕はそんなの知らないね」
巴「桜田くん……」
J「哀れみの目で僕を見るなーっ!出そうと思えば出せるんだけど、出す必要がないから出さないだけだ!
  年賀状なんてくだらないからなっ!」
銀「そうねぇ、まったくそのとおりよぉ」
巴「水銀燈?」
銀「年賀状とかこの世から消えてなくなればいいと思うわぁ」
巴「新年早々、聞いてるこっちが悲しくなること言わないで」
J「……水銀燈、僕、お前に年賀状出したよな?返事が来てないんだけど……」
巴「っていうか出してたの」
銀「……確かにもらったわぁ……すごく……嬉しかった……私に送ってくれたの、あなただけ……。
  めぐは『えー、めんどくさい』とか言ってくれないし……だから、こうして挨拶に来たんじゃない」
J「そんなことしなくても、年賀状送ってくれたらよかったのに」
銀「そうしようと思ってたんだけどねぇ……」
巴「普通に会話してるけど、さっき二人とも思いっきり年賀状否定してなかった?」
銀「……一枚だけ年賀状書くのってね、何も書かないのより虚しいのよ……」
J「ああ……それはわかる……」
巴「ね、ねぇ…そんなことより……お、おせちまだ残ってるんだけど、たべない?ね、ね?」

 



256

J「何故に巫女服着てるのですか」
巴「桜田くんは今年結局初詣行かなかったでしょう?」
J「まぁ……あんなの、行っても疲れるだけだし……」
巴「だから、今年の運勢を占ってあげようと思って」
J「お前が占ってくれる運勢に意味はあるのか?いいけど、別に」
巴「では早速……はい、今年の桜田くんは恋愛運マックスです」
J「今日の星座占いみたいなノリだ」
巴「ラッキーヘアカラーは黒」
J「ヘアカラー!?」
巴「身近な異性を大切にしましょう。いつもあなたのことを見ている人がいます」
J「か、柏葉……?」
巴「あなた次第ですべてが変わるのです。思い切った行動に出るのが吉」
J「……わかったよ、柏葉」

の「へぇ!?ジュンくん、なにかお手伝いできることはないかって、急にどうしたのぅ!?」
巴「違う違う違う違う違う」

 



257

J「もう、お正月も終わりだな」
巴「そうだね」
J「そういえばさ、初夢どんなだった?」
巴「いまさらきくの?」
J「いいだろ?」
巴「えっとね……」

――――

巴「くすくす……いい子ね、ジュン」
J「はっ、はっ……ぼ、僕は…犬だ!巴の犬だ!」
巴「お手」
J「わうっ!」
巴「いい子いい子、ほーら、ご褒美よ……」
J「わおーん!」

――――

巴「……犬を飼う夢を見たわ」
J「へぇ、可愛いな。飼いたいかったんだ」
巴「うーん……あまり自覚してなかったけど、そうなのかなぁ……」
J「飼えばいいのに」
巴「うちで飼うのはいろいろと難しそうだし……」
J「そっか……」
巴「夢は夢だからいいのよ」
J「そんなもんかな」

 



258

め「柏葉さんて、どんな音楽きくの?」
巴「……なんですか、急に」
め「なんとなーく。だって、柏葉さんと音楽ってなかなかイメージ結びつかないのよね。
  最近のポップミュージックとかきいてたら、それだけでもうないわーって感じ」
巴「は、はぁ……」
め「そもそもポータブルプレーヤーが似合わないわね」
巴「そんなこと言われても……」
め「それどころか、CDよりもレコードって気がする。レコードでピアノのクラシックでも聞いてるというか」
巴「えーと…つまり、アナログっぽいということですか」
め「そういうことね。間違ってもエレクトロニカとかきいててほしくない」
巴「まあ……確かにききませんけど……」
め「楽器はねー、ピアノとかまあいいかなー、でもなんかなー……あ、そうだ」
巴「はい?」
め「コンドルは飛んでいくとかリコーダーで吹くとばっちりはまるんじゃない!?」
巴「っていうか何か私に恨みでもあるんですか」


【夜を】【凍らす】>>298さん「 巴は尺八か三味線が似合いそうだ。 」
で、同スレの>>300さんが便乗してくれました。

巴短編7の3つ目です。

 



259

め「……」
巴「あの……なにか怒ってます?」
め「うん」
巴「私……何か変なこと言いましたっけ?」
め「前回のことを思い出してみて」
巴「前回…」

~~

め「コンドルは飛んでいくとかリコーダーで吹くとばっちりはまるんじゃない!?」
巴「っていうか何か私に恨みでもあるんですか」

~~

め「そう!それよ!あなたのその態度こそがバカにしているというのよ!」
巴「ええっ!?ば、バカにしてるのはそっちじゃないですか……」
め「ふざけないで!!コンドルは飛んでいくは名曲なのよ!!」
巴「え……あ、その……す、すみません」
め「わかればいいの。はい、それじゃ、ちゃんと練習してね」
巴「ってやっぱりリコーダーですか」

 



260

め「それで、柏葉さんって結局どういう音楽が好きなの?ねぇねぇ」
巴「またその話ですか……」
め「だって気になるんだもん」
雛「ヒナが教えてあげるのー」
巴「ひ、雛苺?」
め「あらら、こんにちは。で、なに?柏葉さんの好きな音楽って」
雛「えっとねえっとね、好きっていうか……トモエは子守歌がとぉ~ってもじょうずなのよ!」
め「こもり…うた?」
雛「そう!トモエの子守歌を聴いてるとね、ふわふわ~って気持ちになって、すっごくよく眠れるの。朝までぐっすりなのよ~」
め「へぇ……」
巴「もう、雛苺ったら……」
め「あー、そうなんだ、ふーん……」
巴「……なんだか、納得いってない風ですね」
め「べつにぃ?ただちょっと、綺麗におとされたなーと思って、むかついてるだけ」

 



戻る

|