※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
 
 
   ~ ホワット ア ワンダフル ワールド ~

     ♯5.「 赤石 」 -rosa mystica-




 
「あなた、何故、宇宙が生まれたと思う」
「宇宙ぅ? それが何か関係あるのぉ? 」
あまりに突拍子も無い質問に、一瞬間の抜けた声で返してしまう。

「いいから、最後まで聞くのだわ… 」
真紅は紅茶のカップをテーブルに置き、手でその質問を制した。


― 数時間前 ―


やっと開放された水銀燈は床にへたり込み、首をさすりながら言った。

「一体… 何なのよぅ、あいつ…
それに… 言いたくなさそうだから聞かないでいたけど… その石は何なのよ… 」

真紅は少し険しい表情をした後…
観念したかのようにため息をついた。

「やれやれだわ… 巻き込んでしまったわけだし、黙っとくわけにもいかないようね…。
とりあえず、帰ってあなたの首の様子を見ましょう。
… 詳しい話はそれからだわ。さ、つかまって… 」

そう言う真紅に手を引かれ、家に帰った。


― そして ―


真紅がゆっくりと話し出した。


―――――


公園での出会いから―遡る事、数日。

「宇宙ですって…?お父様」

洋館の書斎で、真紅は突然の質問の意味を計りかねていた。
また、いつもの『知的ゲーム』や『言葉遊び』だろうか…。
そう考えたが、父の表情はいつになく真面目だった。

「そう、宇宙だ。
『無』から『有』は生まれない…。昔はそう考えられていた。
しかし、全くの『無』、『絶対真空』の中でも『素粒子』という小さい粒子が発生する。
『素粒子』はエネルギーになって、突然発生したり、突然消えたりするのだ」

全く話が見えないながらも、真紅は敬愛する父の話を頷きながら聞いた。

「引力とか質量も、これが原因らしい。
つまり『無』から『有』は生まれ、そして『無』とは『可能性』だと思うんだよ。
つまり宇宙は、『可能性』から生まれた訳だ」

そう言い終えると父は、椅子をクルリと回し、机から小さな赤い宝石を取り出し、それを真紅に見せた。

「とても綺麗なのだわ…お父様、これは何ですの?」
「これは…ローザミスティカという…」

宝石を真紅の目の高さに合わせたまま、父は続ける。

「もしも…その『可能性』を『意思』の力で制御できたら…
若い頃の私はそう考え、研究に没頭した。
『現代の錬金術師』などと呼ばれ、有頂天になっていたとしか…今では思えんが。
ともかく、私の研究は成功した。宇宙の『可能性』を、制御する力を生み出したんだ…
そこにきて初めて…私は倫理を失ってる事に気が付いた。
そのような大きな『可能性』は、人の手に余る…そう気が付いた。
私は完成したローザミスティカを砕き…研究所を去った。
当時の私には、精一杯の決断だった…」

そう言い、真紅の手を取り、そこにローザミスティカを置いた。

「だが…今にして思う。
あれは、完全に無効化させなければならない。
大きすぎる『可能性』とは…神にのみ許された領域なのだ」

時計の秒針がやけにうるさい…。
そんな沈黙が漂う。

「私はローザミスティカを無効化する研究をしなくてはならない。
だから…娘であるお前に手伝って欲しい。
砕かれたローザミスティカの破片を、私の下に集めて欲しい。
信用できる者にしか頼めない事だから…」

父の決意は、真紅にはよく理解できた。
そして何より、父の期待に答えたい…強く心に思った。

「お父様…私は必ず期待に答えてみせます」
透き通るような青い瞳を真っ直ぐ向けて、そう答えた。


―――――


真紅が全てを語り終えた時、すでに西日が眩しい時間になっていた。
不思議な沈黙が場を支配していた。
真紅がすっかり温くなった紅茶を飲み干す。
カップを置く音がカチャカチャとやけに響いた。

「これが、私の知ってる全部なのだわ」
「ふぅん…『可能性』ねぇ…」

「信じてないの?」
真紅の視線が刺さる。

「歩けた事もあるし、そうゆう訳じゃあないけど…
なぁんとなく…大変な事に首突っ込んじゃったなぁ、って」

ニヤリと笑う私を見て、真紅はため息をついた。

「そうね… 巻き込んでしまって、ごめんなさい… 」
やけにしおらしい態度で返してくる。

「何言ってるのよぉ? 友達じゃなぁい 」
「でも… 危険な目に会わせてしまったのだわ」
見ていてこっちまで辛くなるような表情でふさぎ込む。

「そぉねぇ… ふふ… 危うく友達に絞め殺される所だったわぁ」
楽しそうにケラケラ笑ってみせる。

それを見て、真紅はやっといつもの調子を取り戻してくれた。
ほんの少し、嬉しそうに目を細め、空になったカップを口元に運んだ。

「あら…もう無くなってしまってたのだわ…
あなたも、もう一杯どうかしら…?」
そう言うと、すっかり自分の家のように、スタスタとキッチンに行ってしまった。

「しぃんく」
紅茶を淹れてる後姿に声をかける。
声に気付き、真紅が振り向く。

「あなたの淹れる紅茶、美味しいし、好きよぉ?」
「と…当然なのだわ!」

少し顔を赤らめ、再び背中を向けられてしまった。
水銀燈は暫くの間、その背中を眺めていた。

「ねぇ、真紅。次も一緒に連れていってよぉ?
もう足手まといにはならないようにするし…
それに… 急にあなたが居なくなると心配するじゃなぁい? 」

「寂しいの? 」
真紅はいつかそうされたように、意地悪い質問を返してみる。
「んー、ちょっとだけねぇ 」
水銀燈がニヤニヤとこっちを眺めながら答えてきた。

どうやら、おちょくるのは向こうの方が得意なようだ。
「仕方ないわね… 」
観念したように、そう呟いた。




                    ♯.5 END
 

|