※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

人生とは―よく道に例えられる。
家にいるのか、外に出るか。歩いて行くのか、電車で行くのか。
ほんの些細な…取るに足りないような行動でも、知らず知らず道は分かれていく…
偶然や気まぐれでフラフラと、頼りなく進む道。
でも…そんな中にも、きっと『必然』があるのだと思う。
私の人生が道なのだとしたら…今、私がここに居る理由。
それは…それはきっと、『彼女』と出会った事――。




   ~ ホワット ア ワンダフル ワールド ~

     ♯1.「 水銀燈 」 -silver lining-




私の毎朝の習慣。
いつもの公園を時間をかけてゆっくり周る。
鳥の声を聴き、木漏れ日に身を休め、太陽の陽射しに目を細める。
こうやって、日が沈むまで空を眺めるのも悪くない…そう思い、ゆっくり目を閉じた。
柔らかい陽射しに、少しの間、身をまかせる。
一番、好きな時間。一番、安らぐ瞬間。
日々の生活の中で唯一、「私」という存在を忘れられるひと時。
「私」…
私は「欠陥品」として生まれてきた。
人の形こそしていたが…生まれた時から今まで、私は一歩も歩く事ができなかった。
一生、車椅子の上で過ごすしかない…。
なんとなくは分かっていたが、改めて医師にそう言われた時は、やはり涙が止まらなかった。
そんな私にとってこの公園の散歩は、唯一、悲しみを忘れる事のできる時間。
木々の隙間から空を見上げる。
いつか―現実味が無いのはわかっているが―私の背中に翼が生えて…空を自由に…
そんな妄想をする。
でも―
現実的に考えて、それがいかに突拍子も無い事か。

「つまんなぁい…」

そう呟く。
声に出した所で何一つ解決しないのは、自分が一番知っている。
せっかくの大好きなひと時。こんな憂鬱な気分で過ごしたくない。
そう考え、木陰に車椅子を止め、空を眺める事にした。
鳥のさえずりが心地よく、木漏れ日が暖かい…。

いつの間にか、少し眠っていたようだ。
鳥がバサバサと慌ただしく飛んでいく音で目が覚めた。
時計を確認すると、ほんの数十分、まどろんでいたようだ。
鳥達はまだ、騒がしくピーピー鳴いている。

「何かあるのかしらねぇ…? 」

独り言を呟きながら、騒ぎの中心 ― 鳥が飛び去るその中心に向けて、車椅子を進めた。
いつもの私の場所。そこに突然、いつもと違う何か。
その原因を確かめる為、進んでいく。

(この辺りだと思うけど…)
暫く進んだ先で、辺りを見渡す。
すると…
遊歩道の脇、雑木林の奥に―少女と男が距離を開け向かい合っていた。
声は聞こえない…でも…
(デートをすっぽかされて、ケンカ。って訳じゃあ…なさそうね )
 
今にも殴り合いでも始めそうな二人を、木の陰に隠れて観察する。
ここからでは、声は聞こえるが、内容まではうかがい知れない。
男が何かを喋り、そして突然、少女に殴りかかった。

(危ない!) 
そう思うい、他人事ながらも一瞬身を固くする。
しかし、少女は金色の髪をなびかせながら男の拳を軽々と受け流すと ―
カウンターを決めるように、男の顔面に拳をめりこませた。 
数メートルほど吹き飛んだ男は、フラフラと立ち上がると、脇目もふらずに逃げ出した。
― こっちに向かって。

危うくぶつかりそうになるのをすんでのところで避けはした。
が ― 車椅子からは落ちてしまった。

「痛いじゃないの…危ないわねぇ…」

文句の一つでも言ってやろうと振り返るも、男の姿はすでに無い。
(ちょっと…何なのよぉ…)
ぼやきを実際に口に出しかけた時、少女が駆け寄って来た。

「ごめんなさい!…怪我は無かった? 」
「えぇ…私は大丈夫だけど…あの男の人は…? 」
「それなら心配はいらないのだわ。ただの…強盗なのだわ」

そう言い、少女は私の前に屈みこむ。

「あら?あなた…足が悪いのね?ほら…つかまって」

綺麗な白い手を私に向かって差し出した。
先程不審者を殴り飛ばしたとは思えない程、綺麗な手だった。

「えぇ…ありがとう…」

起き上がろうと彼女の手を取り――

その瞬間、体中の血液が静かに沸騰するような―不思議な感覚に襲われた。



何だろうこれは…?
いつもより太陽が近い気がする…
視界も、いつもより高い…

彼女の手を握った瞬間 ― 私は…
生まれてから、1ミリも動いた事のない自分の足で―
立ち上がっていた。

「え…? 」

状況が理解できず、ついつい間の抜けた声を出してしまう。

「これは…? 」

そう呟いた瞬間、足の力がカクンと抜け、そのまま車椅子に腰掛けた。
何が起きたのか分からない。
自分の足をキュッとつねってみる。
以前と同じように、足の感覚は…全く無かった。

少女は一瞬、戸惑った顔をして… 目もあわせず、踵を返し、足早に歩き去ろうとする。
その後姿に ― 訳が分からないながらも ― 我を取り戻し、慌てて声をかける。

「あなたッ! 一体今のは何なの!? 私に何をしたの!? 」

少女は足を止めず、去りながら答える。 
「今のは…私が何かをした訳じゃあないのだわ… 」

車椅子を動かし、必死に少女の後を追いかける。 
「待ちなさい! 」

声を無視して少女は歩き続ける。

「ちゃんと教えてくれるまで、ずっと追いかけるわよ!? 」

少女はそこでやっと足を止め、振り返った。
少女の青い目に、精一杯に凄味を持たせた視線を投げかける。

「今の何なの? 教えて! 」
「さっき言ったように…私にもよく分からない。
そして… 全部夢だったと思って、早く帰りなさい 」

それだけ言うと、少女は再び歩き出した。。
でも…負けられない。

「死ぬより恐ろしい事って何だと思う?死ぬより恐ろしい事って、絶望の事よ。
私の足は、生まれてから1ミリも動いた事が無い。それは、私にとって絶望だった。
さっき、私には何が起こったのか分からなかったし、あなたも分からないと言う…。
それでも…私にとっての希望をあなたは見せた!
いい…?
死ぬより恐ろしい事とは、希望を失うことなのよ! 」

一気に言い放ち、少女の先に回りこむ。
少女を睨む。
互いの視線が、空中で絡み合う。
空気が震えるような緊張感が広がる。
そして…
先に目を反らしたのは、少女の方だった。

「あなた… 何がしたいの? 」
「そぉねぇ…友達にだったら、ちゃんと教えてくれるぅ? 」

その答えに、少女が一瞬笑ったような気がした。
周囲に漂っていた緊張感は一瞬にして消えた。

少女は小さくため息をつくと、半ば呆れたように笑い…
私の背後に回り、車椅子を押し始めた。
暖かな木漏れ日の中、2人で公園の出口に進んでいった。

「そういえば、自己紹介がまだだったわね―私は真紅」
「私は水銀燈よぉ。よろしく、真紅ぅ」



こうして私は真紅―不思議な少女、そして… 一番大切な友達と出会った。





                              ♯.1 END
 

|