※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

乙女の短編保守劇場51
~ラブレター貰った~

ジ「薔薇水晶……ラブレター貰ったよ」

薔「今日はあからさまにへこんでるね。誰から」

ジ「蒼星石」

薔「蒼ちゃんは優しいしいいんじゃないか?」

ジ「あぁ、蒼星石は良い奴だ。僕も好きだよ」

薔「なら……」

ジ「でも、僕には同性愛なんて無理だ!」

薔「!? ジュン……蒼ちゃんは女の子だよ?」

ジ「( ゚д゚)」

 

 


 


乙女の短編保守劇場52

薔「ジュン~、沖縄のお土産だよぉ」

ジ「これはっ………シャボンランチャーッ!ってシーザーだろ、これ!
どこでかったんだよ、こんなのっ」

薔「え?沖縄はシーザーで有名なんだよ。知らないの?ジュン」

ジ「シーサー」

薔「へ?」

ジ「沖縄で有名なのはシーサーだ、シーザーではない」

薔「(´・ω・`)」

 

 


 


乙女の短編保守劇場53

オ「オディールです」

コ「コリンヌです」

『二人合わせてフォッセーズでぇす』

オ「幻のような夢の中で」

コ「時代を越えた笑いをお届けします。
さぁ、オディール」

オ・コ「幽体離脱~」

………

コ「おかしいわ。昔はこれで大爆笑だったのに」

オ「時代を越えれなかったわね、おばあちゃん」
コ「こんなときはアレよ!オディール」
オ「わかったわ、おばあちゃん」
オ・コ「ジャンガジャンガジャンガジャンガジャーン(なんとか落ちがついたわ)」
ジ「落ちてねぇよ」
オ・コ「(´・ω・`)」

 

 


 


乙女の短編保守劇場54

薔「ねぇ、ジュン。ガンダム00ではいつアッガイでてくるのかな?」

ジ(こいつ本気でいってるのか?ザクすらでてきてないんだぞ
しかし、薔薇水晶の夢は壊せない)

薔「ねぇねぇ」

ジ「二期のガンダム00Destinyから出るらしいよ」

薔「そっかぁ、楽しみだなぁ」

ガンダム00最終回「刹那、行きます!」終
来週からの新番組は『ウサビッチ』です

薔「ガンダムじゃないんだね……」
ジ「あ…あのな。アッガイの話なんだけどな」
薔「うん」ワクワク
ジ「嘘……なんだ」
薔「………」
ジ「薔薇水晶?」
薔「…………」
ジ「死んでる!?」





乙女の短編保守劇場55

翠「ジュン、ここに置いてあった千円札知らねぇですか?」

ジ「……日本人ってさぁ、限定版とか特別版とかに弱いのはなんでだろうな?」

翠「? そんなことより翠星石の千円わ知らないんですか?」

ジ「あんまり欲しくないものでも欲しくなるのに、それがかねてから好きだったた物ならついつい買っちゃうよな……新装版とかさ」
翠「……言いたいことわかったから翠星石のお金はちゃんと返すです」

ジ「出世払いで」

 





乙女の短編保守劇場56

紅「納得いかないのだわ納得いかないのだわ納得いかないのだわ」

ジ「どうしたんだ?真紅 お前らしくもなくイライラして」

紅「どうしたもこうしたもないわ! 何故新装版の表紙が私ではなく水銀燈なの?
主役は彼女ではなく私なのよ!」

ジ「いや、主役はぼk」

紅「納得いかないったら納得いかないのだわ!
どうしてなの!?のり」

の「やっぱり人気だから?
ドールの看板娘といったら水銀燈ちゃんに翠星石ちゃんでしょう
次に蒼星石ちゃん、薔薇水晶ちゃんが来て……」

紅「人気……人気………」ブツブツ

の「! べっ、別に真紅ちゃんが不人気って言ってるわけじゃないのっ
真紅ちゃんはとっても可愛いと思うし、それに……とっても可愛いわ!
ただ、その翠星石ちゃん達よりちょっと人気が無……いや、そうじゃなくてね
その、あの……」

ジ「姉ちゃん!もうやめてっ 真紅のライフポイントはもう0だッ!」



翠「引きこもりが何を言う」

ジ「(´・ω・`)」





乙女の短編保守劇場57

翠「ヤバいです!ヤバいです!」

ジ「騒がしいぞ、性悪人形」

翠「ムッ、真紅の時と対応がちげぇのは何故ですか!? 断固抗議しますですよ?」

ジ「日頃の行いの差だろぅ で、どうしたんだ?」

翠「ちゃんと心配した様子を見せやがらないジュンなんかには話してやらねぇです」

ジ「そうか。 僕は別に聞かなくてもいいんだぞ?」

翠「……… そっ、そこまで言うなら喋ってやらねぇこともねぇですぅ。 まっ、まったくジュンはしゃーねぇ奴です」

ジ「ふぅ……どうしたんだ?」

翠「ヤベェんですよ! 連載再開時のメールを見るとですよ?
き…金糸雀の名前はでてるのに翠星石の名前がでてきやがらねぇです
これはどういうことですか!?
ローゼンメイデン第三ドールにして正ヒロインの翠星石をださないで誰を出すって言うんですか!」

ジ「お前のローザミスティカは金ナントカの中で生きてるから……」

翠「いやっ、翠星石はまだヤられて無ぇし!です」






乙女の短編保守劇場58

金「フフッフ~ンフンフン♪」

ジ「やけにご機嫌だな、き…きん糸雀?」

金「カナリアと読むんです! 前回から失礼かしら」

ジ「まぁ、御約束だからちゃっちゃと済ますぞ
で、どうしたんだ?」

金「連載が再開したらいきなりカナの活躍フラグで連日みっちゃんとどんちゃん騒ぎかしら~
やっとカナにも日の目があたるのかしら!」

ジ「僕には死亡フラグにしか見えないがな」

金「(´・ω・`)クウキヨメカシラ」 

 





乙女の短編保守劇場59

銀「ララ~ランラン♪」

ジ「なんだ? お前もご機嫌だな」

銀「それはそうよぉ。 なんたって」

ジ「なんたって記念すべき新装版の一巻の表紙が自分だから嬉しいのはあたり前田のクラッカーとかほざくんだろ?
いい加減、このパターンにも新装版ネタにも飽きたんだよ、バカ」

銀「(´・ω・`)」

 





乙女の短編保守劇場60

薔「ジュン!久しぶりだねッ」

ジ「ん? もう再開して4、5回はたったぞ?」

薔「でもでも、あたしとジュンが乙女の短編保守劇場でこうして会うのはすっごく久しぶりでしょ!」

ジ「まぁ、そうだな」

薔「というわけで、セクロスしようよ!ジュン」

ジ「じゃあ、ゆっくり休める場所行くか」

薔「もぉ、つれないな~ジュンは……え!?今なんて?」

ジ「だから、ゆっくり休める場所行くかって言ったんだよ」

薔「ほ、本当?」

ジ「あぁ。 隔離病棟への入院手続きは済んでるからな
ゆっくり休めよ、1人でな!」

薔「(´・ω・`)」
|