※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

め「…よしっ、と。
できた…ついに出来たわ!この私の可愛らしさを凝縮した一冊が!!」
つ『めぎゅーん、かきじゃきさん』

め「来たわ…来たわよこれは!!このシリーズで私は一躍このスレ1の人気キャラに…!」

ジ「…ないな。」
銀「ないわねぇ…。」


め「…めぎゅーん。」

 

 


 


め「今宵はめぐ祭り!みんなもっと私を見て♪」

『ワッショイワッショイ!』

ベ「くっ…何で俺らが神輿なぞかつがにゃならんのだ!?」
ジ「仕方ないだろ、こうしなきゃめぐが死ぬって騒いだんだから…」
銀「でもその本人はいま神輿の上に乗って大はしゃぎしてるわぁ…」

め「コラ、無駄口叩かない!みんなこのまま商店街を練り歩くわよ。」
銀「えぇえええ!?」
め「ほら、みんなもっと声を出して柿崎神輿を揺らすのよ!」

ジ「ちきしょう、こうなったらヤケだ!いくぞみんな!!」
ベ「合点だ!」

『ワッショイ!ワッショイ!』

め「あぁ…みんなが、民衆が私を見てる…なんていう高揚感なの。まるで本当に神様になったような…」
『ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!!』
め「え?あ…ちょっ…揺らしす……」グラグラ
『ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!!』
め「ちょ…もう…やめ…」
『ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!!』
め「う…うぷっ………も…もぅ…ゴブファアアアーーッ!!」ブパァッ!

民衆『ぎゃぁあああああああ!!赤味がかった虹色の噴水がああああああああ!!』

…その後めぐは一週間病室に引きこもった。

 

 




アニメージュスヘシャルその後
~ジュンとめぐ様~

ジ「めぐ!」ズバーン
め「あらジュン君久しぶり」
ジ「今日はめぐにプレゼントがあるんだ!」ドドーン
め「本当?何かしら」
ジ「その“黄ばんで臭いそうな”寝巻の代わりに僕が新しいのを作ってきたよ!」ジャーン
め「…ねぇ、ジュン君。お礼をしたいから…私の近くに来て?」
ジ「へ!?ぼ、僕たちまだそんな関係じゃ…////」ドキドキ
め「イヤなの…?」
ジ「全力でいただきます!!うひょー!」ダッ
プス
ジ「え…?注射器…?」ザワ…ザワ…
め「お礼よ…ジャンクにしてあげる」
ジ「ぎゃあああああああああああ」 


アニメージュスヘシャルその後
~水銀燈とめぐ様~

水「メグぅ!」ズバーン
め「あら水銀燈いらっしゃい」
水「今日はメグにプレゼントがあるのよぉ!」ドドーン
め「嬉しい。何かしら」
水「喜びなさぁい!付録で付いてきた『くんくん脱臭剤』よぉ!!」ジャーン
め「…ねぇ、水銀燈。お礼をしたいから…私の近くに来て?」
水「ええ!?そんな…私まだ心の準備が…」ドキドキ
め「イヤなの…?」
水「イヤなわけないでしょう?仕方ないから貰ってあげるわぁ!」ダッ
プス
水「へ…?注射器…?」ザワ…ザワ…
め「お礼よ…貴方の命吸ってあげる」
水「いやぁあああああああああああ」 


アニメージュスヘシャルその後
~佐原さんとめぐ様~

佐「めぐちゃん!」ズバーン
め「あら佐原さん。検温の時間?」
佐「今日はめぐちゃんにプレゼントがあるの!」ドドーン
め「驚いたわ。何かしら」
佐「そのくたびれた病院服の代わりに私のお古のナース服あげちゃう!!」ジャーン
め「…ねぇ、佐原さん。お礼をしたいから…私の近くに来て?」
佐「だ、駄目でしょめぐちゃん!大人をからかうもんじゃありません!」ドキドキ
め「イヤなの…?」
佐「…いい?これは患者とのスキンシップを計るためなのよ?わかった?」ダッ
パチン!
め「お願い二人とも」
ジ「イエス、マイマスター」ガシッ
水「いえす、まいますたー」ガシッ
佐「ジュン君に水銀燈ちゃん!?ちょ…どうしちゃったの!?」ザワ…ザワ…
め「今までありがとう佐原さん…これからもよろしくね…」
佐「き…きゃああああああああああ」


め「これで…三人目…」

 

 




め「柿崎めぐの幸せ診察室…

牡羊座のあなた…自重して…。

牡牛座のあなた…サロンパス…。

双子座のあなた…三角関数…。

蟹座のあなた……にやり。

獅子座のあなた…腕立て伏せ…。

乙女座のあなた……いやん。

天秤座のあなた…素潜り…。

蠍座のあなた…ごちそうさま…。

射手座のあなた…北斗七星…。

山羊座のあなた……ふっ。

水瓶座のあなた…ほえほえ…。

うお座のあなた…恐縮です…。

以上、めぐの幸せ診察室のコーナーでした。
それでは皆さん、今日も1日…頑張ってください。」

 

 




め「はぁ…」
ジ「どうした?めぐ。」
め「ジュン君…正直に言って…私って、臭う?」
ジ「…はぁ?何だよ唐突に。」
め「こないだとあることでね…病院で毎日同じ寝間着を着てるから臭いんじゃないのかって言われたの。」
ジ「酷いなそりゃ…」
め「だから気になってて……正直に教えてほしいの、自分の体臭ってわかんないものだから。」
ジ「そうは言われてもなぁ…」
め「ほら、私に顔近付けて、脇でもどこでも嗅いでいいから!」
ジ「わわっ!近いよ!(///)」
め「いいから!どう?」
ジ(クンクン…うわっ!臭いどころか滅茶苦茶いい匂いじゃんか。
し…しかも僅かに香る汗の匂いがまたこう…みなぎらせるというか……///)

め「ど…どう?やっぱり……臭い?」
ジ「そ…そんなことない!滅茶苦茶いい匂い!そんなフェチじゃないけどずっと嗅いでても飽きないくらいだぞ!?」
め「ほ…本当に…?その、どんな匂いだった……?」ドキドキ

ジ「あぁ!牝の匂いがした!!」ズバン!
め「それ……誉めてんのかな?」

 

 




め「『サンタはいる』そう思ってた時期が私にもあったわ」
水「へぇ…なんか意外ねぇ」
め「私も昔はそれなりにいい子だったのよ。今思えばヘドが出るけど」
水「そ、そう…で、どうして居ないって気付いちゃったのぉ?」
め「ある年ね、『翼をください』って紙に書いてお願いしたの」
水「そしたら?」
め「CDが置いてあったわ」
水「・・・」
め「しかも20%引きのシール付きで」
水「・・・」
め「あの頃からかなぁ…ネットの掲示板に片っ端から『サンタは住居不法侵入の犯罪者だ』って書き込み始めたのは」
水「やめなさい」

 

 




──僕ははしゃいでいた。自分のことのように、はしゃいでいた。
めぐの闘病生活にもようやく終止符が打たれるらしいのだ。
小奇麗に飾る文学的な形容も、長々とした言葉もいらない。
ただ、嬉しくて。嬉しくて。

「桜田くんっ」

僕が差し入れとして持ってきたコーラをラッパ飲みしながら、
 黒色の液体を嚥下し、彼女は僕の目をじっと見て、こう言った。

「セ○クスしよ」

延髄にかけて袈裟懸けのごとくチョップしてやった。
どうしてこの子は、
 人のしみじみとした感情を悉く蹂躙・陵辱してくれるのだろうか。

「痛いよ…桜田くん。ナースコールしちゃうよ?」
「看護婦さんにもチョップしてもらいたいかよ。めぐ」

ため息を吐く。しかし、何故か微笑みを絶やすことができない。
僕は、どうしようもなく、今、この時間が。空気が、好きなのだ。
そして、そこにはいつも君が居る。

「それは勘弁ね」

傍らのめぐの体が、僕に寄りかかる。
心地よい、重さ。何よりも大切な、かけがえのない、重さ。 

「重いぞめぐ」
「思いが、それだけ重いのよ。きっと」

人間の体の質量は、感情の質量に比例するってか。
そいつはいいや。学会にでも発表してみたらどうだろうか。

「…桜田くんの心臓、元気ね」

いつの間にかめぐの頭は、僕の胸辺りにまで沈んでいた。

「そりゃあ…な。めぐとこうしてると、ドキドキするよ。凄く」
「ばか。…私も」

そう言って、めぐの身体は、頭は、完全にその重心を僕に預けた。
僕の膝の上にその頭を預け、見上げているめぐと、
 目が合う。見つめ、合う。

「ねぇ桜田くん。言いたいことがあるの」

めぐの、いつになく真面目なまなざし。
めぐは、僕の頭上に現出した疑問符を認めると、
 微かに笑みを浮かべ、僕の耳の辺りへと小さく手招きをした。
“耳を貸せ”と言うサインだと気付いた僕は、
  頭を下げ、僕の耳とめぐの唇との距離を縮めた。
──数秒の沈黙。そして、めぐの唇が、それを紡いだ。

「○ックス……しよ?」

僕はその体勢からめぐに関節技を極め、白いリネンの布団の中に引きずり込んだ。




咀嚼する。愛を、受け止めるため。
玩味する。愛に、浸るため。
そして、名残惜しくも、嚥下する。
彼の真心。彼の時間。すべて、込められた料理を。
何もかも全てが、私の中で渦を巻き、幸せなときを作り出す。

「おいしい」

きっと。彼は。
笑顔を呼び覚ます魔法を持っているのだ。
その、痛々しい、絆創膏に巻かれている指は、魔法の指なのだ。

「そっ…か。よかった」

傍らで、彼が──ジュンくんが胸を撫で下ろしていた。
きっかけは他愛もない愚痴。
私が、病院食への不満を漏らしたのだ。
お腹がいっぱいにならないだの、味付けが薄いだのと。
──だって、そんなことでしか、お話しが続けられなかったんだもの。
つまるところ、私は彼に、恋してしまっているのだ。
先ほども、病室に訪れた彼に、「肉じゃが、好きか?」なんて訊かれて、
 ただでさえ不完全な心臓が早鐘を打って、
  熟れた石榴のようにはち切れてしまいそうだった。

「ジュンくん」

不意に話しかけてしまったためか、彼の体がびくりと震える。
憂慮の色を滲ませ、彼が固唾を飲んで私を見守る中、私は呟いた。

「なんでだろ……凄く…しょっぱいの」

 

 




め「あけましておめでとう水銀燈」
水「ああ、あなた一日寝込んでたから今は二日よ」
め「めぎゅーん」
水「正月早々に倒れるなんて、貴方何してたのよぉ」
め「…水銀燈、タマゴ食べる?」
水「はぁ!?タマゴぉ!?」
め「見て、水銀燈。カラスとハトが禁断の愛に走ろうとしているのを最近倦怠期を向かえたスズメの夫婦が見つめているわ」
水「ちょ、ちょっと頭がキてるわねぇ…。私はこれで帰るからしっかり寝なさぁい」
め「ええ。じゃあまたね水銀燈」


め「言えない…大晦日にカップソバ20種類の食べ比べをして倒れたなんて…」

 

 




め「保守よ。ちなみに、きざみ柚子ってのがお正月っぽさがあって良かったわ」
水「リアルでやったのぉ!?」


五杯目でダウンしたヘタレですが何か?




め「水銀燈。朝よ、起きて」
銀「んむぅ…まだ寝てるわぁ…」
め「だめよ。規則正しい生活で貴方の美貌を守らいと。だからほら、お~き~て~」ユサユサ
銀「あと5…0分…ZZZ…」
め「もうっ…仕方ないわね」
銀「すー…すー…」


め「目覚ましにMEGUミルクでも飲ん(ry」
ガバッ!
銀「おはようメグ。ちょっと朝のランニング行ってくるわぁ」 




キイィ…
め「水銀燈~…起きてる?」ボソッ
銀「うう~ん…く~…」
め「寝てるわね…よし♪」
銀「くか~…」

め「朝のME(ry」
ガバッ!
銀「おはようメグ。ちょっとランニング行ってくるわぁ」
め「早~い。…もぉ、そんなにイヤなの?」
銀「おはようメグ。ちょっとランニング行ってくるわぁ」
め「え?水…銀燈?」
銀「おはようメグ。ちょっとランニング行ってくるわぁ」
め「…1+1は?」
銀「おはようメグ。zzZ、ちょっとランニング…すー…いってくるわぁ…」
め「お…起きて喋りながら寝てる…」 
|