※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~メグの日記~

△月◎日。

季節も移り変わって、外の風景が随分と質素になった。草木が枯れ果てていく様を見るのはキライじゃなかったんだけど…今は微妙ね。

そうそう、この前大きな検診をしたの。胸の痛みが前より強くなってきちゃったから。

…その後からかな。佐原さんの態度が変わったのは。何処がって言えるほどじゃないんだけどね。まぁ、水銀燈と同じくらい私といる時間が長いものね。だから判っちゃうんだろうなぁ。

それともう一つ。薬が新しいのに変わった。前も減らしたり増やしたりはあったけど、こんなに変わったのは初めて。

で、その薬を飲んでたら、胸の痛みが来る頻度がぐんと減ったの。なによもう、こんないい薬があるなら早くくれればよかったのに。佐原さん達も意地悪なんだから。これで楽に生活できるわね!


…そんな風に喜ぶには、私はこの病院という場所に長居し過ぎたみたい。
あと、これらの意味が理解出来ないほど、頭は弱ってくれはしなかったから。 



ガチャ…
「あ~寒いわぁあ…この部屋はいいわねぇ…」
ふふふ、この病院自慢のスイートよ?年中快適なんだから。これでベッドがキングサイズの高級品なら文句ないのになぁ~。
「どこにホテルのベッドを入れてる病院があるのよぉ…。ちょっと暖かい飲み物もらうわぁ…」
あら、ヤクルトじゃなくていいの?
「こんな状態であの美味しさを楽しめるワケないでしょう。日本人はコタツに入りながら飲むって歴史があるのよぉ?」
随分と浅い歴史もあったものね。…はい、おしるこ。小豆を残さず飲めたら褒めてあげる。
「んぐっ…ぷは~…。で、何をしてるのさっきから?」
これ?のりさんから送られた曲を焼いてるのよ。
「ああ、そういえばそんな事言ってたわねぇ。言語留学にイギリスに行って…ジュンへ歌を贈りたいから曲を作って…だったかしらぁ?」
そ。最近ジュン君しょげてたでしょ?やっぱり淋しいのね。
「まぁ、真紅が居るから多少は紛れるでしょうけど。なんだかんだで仲良し姉弟だったしねぇ」
…ん、終わったわね。そうだ、せっかくだから聞いてみる?私とのりさんの合作。
「そうね。のりさんの歌声なんて初めて聞くわぁ」
じゃあ再生するね。曲名は『you』よ。 


ウィイイ…

気付けば 満天の星。ジュンも 見上げるのかなぁ。
夢 追い掛けた私に 言う資格は無いけれど
体に気をつけてね 朝もちゃんと食べるのよぅ。

届けてこの想い 風よ星よ 全てを包み込むこの光り。
守ってあの子を 風よ星よ 私の代わりにいつまでも…

また、会えた時になら 「ジュン君」って呼んでいいよね?
あの家で過ごした日々が たまらなく愛しいから
そして、優しく抱きしめるの 恥ずかしがるの見たいから。

伝えてこの願い 風よ星よ 楽しみに頑張っている事を
支えてあの子を 風よ星よ 私の代わりにいつまでも…


「ふぅん…のりさん案外上手いわねぇ。気持ちが入ってて…いい曲じゃないの。これならジュンも喜ぶわねぇ」
そう思う?よかった。ならこのCDジュン君に渡してくれる?
「ええ、了解したわぁ」 

…あとね水銀燈。実はもう一曲作ってあるの。
「あら、今度は誰の依頼?」
ううん…これは自分で。今度はジュン君からのりさんに向けての曲。
「へぇ…貴方にしては珍しいわねぇ。それをジュンに歌わせる気?」
ふふっ、それは考えてないけど、ジュン君が気に入ってくれたらのりさんに贈ろうかなって。…ねぇ、この曲も聞いていってよ。私が歌うから。
「あら、ライブ会場借りないの?」
うん。いいの。今、ここで。
「…そう。なら、聞こうかしら」
ありがとう水銀燈。この題名は…『Thanks』よ


瞳を閉じれば思い出す 鮮やかな日常の色。
毎日一緒に話したね 楽しく笑ってたよね

でも優しい言葉だけじゃない ちゃんと厳しく叱ってくれた。
迷子になってたあの時も あなたが傍に居てくれたね

繋がり合った絆が作る奇跡 暗闇に輝いた貴方の手。
照れ臭くて言葉に出来ないけど いつも思ってるよ ありがとう…


私が歌い終わっても水銀燈は何も言わなかった。ただ、俯いているだけ。
だから私も何も言わず、水銀燈が何か言い出すのを待った。
…どのくらいたったかな。水銀燈が話す気配がないから、こちらから話してみた。 

ねぇ、水銀燈?この歌、相手に想いは伝わると思う?

すると水銀燈は目を擦りながらこちらを向いた。
「ええ…。少なくとも、私はそう思うわぁ。のりにも聞かせてあげたいわね」
そう、笑いながら言った。…いや、笑おうとしながら言った。だって、笑えてないんだもの。目、真っ赤よ水銀燈。

その後すぐに『用事を思い出した』って言って帰っちゃった。まぁ、聞いて欲しかった曲は聞かせたからいいんだけどね。
…ちゃんとCD渡してくれるかしら。



私が歌い終わった後、しばらく黙っていた水銀燈を見て、嬉しく思うのと同時に『やっぱり』って思った。
嬉しく思うのは、私が意味する所をちゃんと汲み取ってくれたから。
やっぱりって思ったのは、私が意味する所をちゃんと汲み取ってしまったから。

検診の後態度が変わった佐原さん。そして、その数日後に同じ変化を見せたのが水銀燈だった。…だから気付いたってのもあるわね。ほんの些細な違いなんだろうし。

さて、と。別に後悔なんてないけど、私には一つ、やらなきゃいけない事が残ってる。私にはその責任があると思うから。今度、ジュン君が来たら相談しよう。

そして果たそう。私が自ら負った、最後の義務を。 


元曲、『you(off vocal)』『Thanks(off vocal)』

|