※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Another RozenMaiden
          第2話 進路 

梅「明日は三者面談があるぞ。まだ進路を決めるには少々早い時期だが、
  方向性ぐらいは決めておくように。」
教室中からブーイングが巻き起こる。
この面談には生徒、教師だけでなく、その保護者が介入するからであろう。
成績を隠蔽している者にとっては、それが保護者の目に晒されるという意味なのだ。
もっとも、僕には縁の無い悩みだが。
続けて梅岡は、面談の内容を簡単に語る。
今後どういう方向に進みたいかを簡単に説明してみろ、とのことだった。
仕事を終えると梅岡は教室から出て行き、教室内の主導権は再び生徒に移る。
銀「私たちじゃ、三者じゃないわねぇ。」
席から身を乗り出して、水銀燈が話しかけてくる。
水銀燈を始め、薔薇姉妹達は両親が居ない。
その上、会ったことすらなく生死さえ不明らしい。
JUM「そうだな。」深入りしない方が良いなと思い、受け答えだけにする。
銀「JUMの面談に出てみたいわぁ。私って殆どJUMの保護者だしぃ。」水銀燈の目が輝く。
JUM「違うだろ。」水銀燈のこの目は明らかに本気だ。
何とかしないと、本当に僕の面談へ出かねないな。
銀「違わないわぁ。私が居ないと、JUM死んじゃうでしょぉ?」
満面の笑みを浮かべる水銀燈。少なくとも僕一人で、まともな生活は不可能だろう。


それが元で、早死にするだろうな。そう考えれば水銀燈の発言はあながち嘘ではない。
だが、それとこれとは別だ。さすがに勘弁して欲しい。
JUM「それなら、僕も水銀燈の方に出ようか?」
守りに入っても、水銀燈に押し切られるだろう。一か八か、僕は攻めに出てみる。
銀「えぇ!?」僕の発言に、驚きを隠せない水銀燈。
作戦は成功だろうか?とにかく、ここで一気にたたみかけよう。
JUM「水銀燈は僕の家に居候をしているんだ。それなら僕も、水銀燈の保護者のはずだ。」
銀「保護者でもいいけどぉ、面談出られるのは嫌よぉ。」
水銀燈は一瞬嬉しそうな表情になるが、直後急激に声のトーンが落ちる。
どうしても面談に出られるのが嫌らしい。
JUM「僕に水銀燈の成績を見られるからか?」水銀燈は、お世辞も頭が良いとは言えない。
唯一の弱点、そこを狙って出方を伺う。卑怯なやり方ではあるが。
銀「・・・・・・そうよぉ。」核心を突かれたのか、
成績を話題に出すと、ますます弱腰になる水銀燈。
JUM「だったら、この話は無しだな。」
ここで妥協案を出し、水銀燈を釣り上げる作戦に移る。
銀「うぅ・・・・・。」ひとまず引き下がってくれたようだ。
銀「なによ、なによ、なによー!JUMのいじわるぅ!!」ポコポコと僕を叩く水銀燈。
これはこれで可愛いのだが、返って意地になるかも知れない。
もし僕の面談に出るのなら、水銀燈の方にも参加しよう。僕はそう決心したのであった。


放課後。水銀燈を撒き、一人で学園のパソコン室に向かう。
今後の進路に関する資料を集めるためだ。
それだけなら自宅でも可能なのだが、水銀燈の横槍で集中できない。
という訳で学園のパソコン室を選んだのだ。
パソコン室の隅まで行き、最奥に席を確保する。ここなら誰にも見つからないだろう。
JUM「人形師・・・・・・と。」キーワードを入力し検索してみる。
JUM「やっぱり良いものは無いな。」
関連した国内サイトには、今一つ惹かれるものが無かった。
JUM「これもダメ。・・・・・・これは・・・・・・SDか。これはこれで萌えるんだが・・・・今は別と。」
検索結果を眺める。すると一つだけ目に止まるものがあった。
JUM「槐か・・・・・・。」何故か興味を引かれ、マウスのカーソルを近づける。その時、
紅「JUM。珍しいわね。」気が付くと、背後に真紅が立っていた。
とっさに開きかけていたページを閉じ、真紅に悟られないようにする。
JUM「どこから沸いて来るんだよ。」真紅に話し掛け、視線をPCから自分に誘導する。
雛「パソコン室の扉からなのー。」真紅の背後に居た雛苺が身を乗り出してくる。
JUM「それで、真紅たちは、僕に何の用だ?」
紅「パソコン室に珍しく貴方が居たから、声を掛けてみたのよ。」
そう言うと、真紅は僕の隣に席を取る。雛苺は真紅の隣に席を取る。
JUM「真紅達は、パソコン室によく来ているのか?」
こう言うからには、真紅たちはパソコン室の常連なのだろう。
一体ここで何をしているのだろうか。
紅「私は自宅にPCが無いもの。調べ物がある時は利用しているのだわ。」
真紅は、ぎこちない手つきでパソコンを扱う。扱いには慣れていないらしい。
気を取り直し、視線をPCに移して作業に戻る。
作業をしていると時折、真紅の視線を感じる。時々こちらの様子を窺っているようだ。
真紅がこちらを窺う瞬間、僕もそれに合わせて真紅の方を向く。
目が合うと真紅が問いかけてくる。


紅「貴方こそ自宅にパソコンがあるでしょう。
  どうして、ここに来ているのかしら?」
JUM「ちょっと暇を潰しに来ただけだよ。」
紅「そうなの。」そう言うと紅茶を啜り、自分のパソコンに目を向け直す真紅。
どこから紅茶を出したのだろうか。
僕にもやることは色々あったのだが、この状況では今ひとつ集中できない。
再び視線をパソコンへと移すと、その瞬間パソコン室の扉が開く。
翠「お待たせですぅ。」
蒼「遅れちゃったよ。ゴメンね。」中に入ってきたのは翠星石と蒼星石だ。
真紅たちと合流する予定だったらしく、4人が僕を囲む形となる。
金「遅れてしまったかしらー。」
少し遅れて、額に汗を流す金糸雀がパソコン室に入ってくる。
翠「神奈川!遅いですぅ。」
金「カナの名前は『金糸雀』よ。間違えないでほしいかしら!」
これで5人目、もはや作業続行は不可能だろう。
JUM「みんな揃ったな。水銀燈も来るのか?」
ここまで姉妹が揃うのなら、水銀燈もここに来るのだろうか?
紅「来ないわよ。誘ったけど断ったもの。」視線を逸らしてから真紅が答える。
JUM「そうか。」こうなると、もはやここに居る理由はない。
とはいえ、いきなり帰れば何かと怪しまれるだろう。
取り敢えず、適当なゲームを起動して時間を潰すことにする。


紅「JUM。貴方は水銀燈のことばかりなのね。」
JUM「?」良く聞こえなかったが、真紅が何か言ったような気がする。
JUM「何か言ったか?」気にあった僕は、思い切って真紅に聞いてみる。
紅「別に・・・・・。貴方は自分のやることがあるでしょう。そちらに集中なさい。」
JUM「ああ・・・・。」真紅はこちらを向かずに答える。
後ろ髪を引かれつつも、再びパソコンに視線を落とす。
真紅は先程から、ずっとこちらを向いていない。おそらく、空耳だったのだろう。
翠「きゃあぁぁ。」突然、翠星石が顔を両手で覆い叫びを上げる。
翠「変なページ開いてしまったですぅ。このホームページ怖いですぅ!」
そのまま机の下に潜り込んでしまう。
蒼「翠星石は、何でもクリックし過ぎだよ。」
翠「蒼星石。翠星石の代わりに、ページを閉じてほしいですぅ。」
潜り込んだ机の下から、蒼星石のタイツを引っ張り懇願する翠星石。
蒼「仕方ないなぁ。・・・・もう大丈夫だよ。」
蒼星石が呼びかけると、翠星石は恐る恐る机の下から這い出る。
金「これで金の勝ちかしらー。私って天才かしらー。」
また一方では、金糸雀が歓喜の声を上げている。


下らない事をしているなら、被害が広がる前に止めなければならない。
JUM「お前は何をやっているんだよ。」金糸雀のPCを覗き込む。
金「ワンクリックサイトを回っているのよ。
  料金請求が来たら逆に訴えて賠償金頂きかしらー。」
紅「全く、呆れた子ね。」
JUM「大体、ここは学園だから請求されるのは学園側だろ?」
案の定、下らない事をしていた金糸雀。頭が痛くなる。
金「ああ!そう言えばそうかしらー!」頭を抱えて机に突っ伏してしまう金糸雀。
翠「金糸雀はただのアホですぅ。」
すっかり調子を取り戻した翠星石が追い討ちを掛ける。
金「そこまで言うのは酷いかしらー。」ポコポコと翠星石を叩く金糸雀。
雛「うにゅ~!うにゅ~なのー!!」ついには雛苺まで大声を上げ始める。
JUM「ダメだこりゃ。」PC室は大騒ぎになり、僕はやる気が失せてしまった。
JUM「・・・・・帰るか。」PCの電源を切り、引き上げる準備を始める。
紅「私は諦めないわよ。」そんな僕の後ろで真紅が小声で呟く。
喧騒の中、その言葉が誰に向けられたものか僕には分からなかった。


教室に戻ると僕の帰りを待つ水銀燈の姿があった。
銀「JUMぅ。おかえりぃ。」僕を見かけると駆け寄ってくる水銀燈。
JUM「ただいま。」
まだ学園内なのに、この挨拶はな・・・・と思いつつも水銀燈に合わせる。
胸に顔を埋めてくるので、軽く髪を撫でてやる。
この体勢だと水銀燈は上目遣いの格好になる。
水銀燈と目が合うとその表情は余りに愛らしく、思わず顔を逸らしてしまう。
しかし、目を逸らすと水銀燈がその方向に回り込んでくる。
JUM「何か用事か?」また水銀燈から目を逸らす。
顔が赤くなっているのを気づかれてしまう。
銀「別に用事は無いわよぉ。JUMが戻るのを待っていただけぇ。」
僕の腕に自分の腕を絡め、更に顔を近づけてくる。
JUM「そうか。それなら一緒に行くぞ。」
腕を回している水銀燈をそのままに、家路へと着く。
普段と変わらない光景だが、変に水銀燈を意識してしまう。
銀「JUMぅ。どうしたのぉ?様子が変よぉ。」
僕の様子を、水銀燈は不審に思っているらしい。


JUM「何でもないよ。」相変らず水銀燈の顔が見られない。
JUM「それより、ヤクルトでもどうだ?」コンビ二傍の自販機を指差して言う。
こういうときは話題を逸らすのが一番だ。
銀「JUMがヤクルトに誘ってくれるなんて、珍しいわねぇ。
  それなら甘えちゃおうかなぁ。」作戦は成功したらしい。
自販機に向かい、財布から80円を取り出す。
出てきた2本のヤクルトをさり気なく水銀燈へ渡す。
銀「はい。JUMの分よぉ。」しまった。自販機ヤクルトは2本組みなのだ。
ヤクルト300にすれば1本で済んだのだが、後の祭りだ。
手だけを水銀燈に向けてヤクルトを受け取る。
銀「JUMの顔を見ながらヤクルト飲みたいわぁ。」尚も迫る水銀燈。その手で来たか。
覚悟を決めると、僕は水銀燈を抱きしめた。
顔は見られずに済んだのだが、水銀燈の胸が僕に触れる。
こんなに大きいのか?と妙に意識してしまう。
体の微妙な変化に、僕は慌てて腰を引く。こんな状態でよいのだろうか。
明日は面談だというのに殆ど情報がない、果たしてどうなることやら。
Another RozenMaiden 第2話  進路 終

Another RozenMaiden 第3話  誤解 に続く。

|