※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


め「最近水銀燈がかまってくれないわ」
薔「銀ちゃんへの想いもリミットブレイク決壊スレスレ限界破裂…」
雪「という訳で私達からアプローチをしましょう!まずはベタにお弁当を作って差し上げるのですわ!!」
三人「おー!!!」


め「ねぇ水銀燈。私達お弁当を作ってきたんだけど」
銀「ごめんなさいねぇ。もうパン買ってきちゃったわぁ」
薔「銀ちゃん…アレを見て…」
銀「え?何?」クルッ
雪「ヒュゴァアア!!…あら銀お姉様。パンが消えてしまいましたわ」
銀「…ええ、貴方が食べたからねぇ」
め「じゃあはい♪あ~ん♪」
銀「じ、自分で食べるわよぉ!」
薔「銀ちゃんの箸はありません…あ~ん♪」
雪「手づかみで良いとおっしゃるのでしたら構いませんが。あ~ん♪」
銀「…はぁ。わかったわよぉ」パクリ 

め「で、どうだった?お味の方は」
銀「…まぁ、悪くはなかったわぁ。無駄に疲れたけど」
薔「ねぇ銀ちゃん…食後のヤクルトはいかが?」
銀「あるなら欲しいわねぇ」
雪「それでしたら銀お姉様、後ろを向いてくださいな」
銀「後ろ?…!!!んむ…!?」ゴクン
め「ん~、ぷはっ♪」
銀「な…!?何をするの貴方は…////」
め「あ、水銀燈。後ろ危ないわ」
銀「今度はな…んんむ!!!!」ゴクン
雪「ん~、ぷはっ♪じゃあ最後にばらしーちゃんお願いしますわ」
薔「んんんんんん~ん(銀ちゃんカモ~ン)」
銀「ひゃ…ひゃめてぇえええ…んむう!?」

ジ「ふぅ、ようやくパンが買えたぞっと…ん?何で水銀燈が燃え尽きてるんだ?」
真「三人の魔女に生気を吸い取られたのよ。そっとしときなさい」
ジ「?」


め「今日は作成大成功だったわね」
薔「久々に銀ちゃんの愛で満たされた…」
雪「この調子でどんどんアタックしていきましょう!」
三人「おお~!!!」 




雪「はて…あれから銀お姉様に目を合わせていただけてない気がするのですが…」
薔「きっと…まだ私達の愛が足りてない…」
め「ん~、じゃあ最近疲れてるみたいだから、マッサージでもしてあげましょうか」
三人「お~!!!」


キ~ンコ~ンカ~ンコ~ン
銀「これで終わりっと…んー~!はぁ」
め「揉んであげる」
銀「ふはぁあ!?ど、どこから顔出してるのよ貴方は!そして何言ってるのよ貴方はぁ!!」
薔「顔を出したのは机の下より股の間…」
雪「申し出した事はマッサージですわ♪」
銀「あ、貴方達…。で、今日はマッサージをしにきた、と?」
め「ええ。水銀燈、最近疲れてるでしょ?だから少しでも癒してあげたくて」
銀「ん…じゃあ…まぁ、肩くらいなら…」
雪「では私が…。如何ですか?」ぐにぐに
銀「あ、あら。以外と上手いわねぇ」
薔「銀ちゃん腕もこってる…ちょっと失礼…」ぐにぐに
銀「そう?ん…悪くないわぁ」
め「後は足ね。ちょっと右足あげて水銀燈」ぐにぐに
銀「ああ~…いいわぁ、コレ…マッサージチェアーみたぁい…ふぅ~…」 

め「・・・」チラ
薔「・・・」チラ
雪「・・・」コク
銀「…?どうかしたぁ?」
雪「あら、銀お姉様。ココもこっていますわ♪」ぷにぷに
銀「!!ちょっ…!どこ触っ…」
薔「本当だ…ココも揉まないと…」ぷにぷに
銀「ひゃ…!や、止めな…」
め「駄目よ水銀燈。疲れた時は体全体をほぐさないと。そう、スミズミまでね♪」ぷにぷに
銀「んん!?あ…!そ、そこはぁ…!?」
ぷにぷにぷにぷに
ぷにぷにぷにぷに
ぷにぷにぷにぷに
銀「~~~~~~~ッ!!!!」

翠「水~銀~燈~。生徒会の資料のプリントが…って、なんで口から魂が抜けてるですか?」
真「3匹の魔物に蹂躙されてしまったのよ。そっとしといてあげて」
翠「?」


め「今日は水銀燈も喜んでくれてたわね」
薔「嬉しい…それに気持ちよかった…」ホクホク
雪「好感度アップ間違いなしですわ♪このままラブラブいきましょう!」
三人「おお~!!!」 


絵師様の挿絵。
http://w3.abcoroti.com/~hina/files/2007111511092515.jpg





薔「…最近…銀ちゃんに避けられてる気がする…ううう…も、もう生きていけない…銀ちゃんを殺して私も死んでやるぅうううう!!!」
雪「い、いけませんわ!ばらしーちゃんが銀お姉様分不足で崩壊の兆しを!」
め「仕方ないわね…今回は個々に積極的にアプローチをして愛を取り戻しましょう」
雪「ですわね…はっ!ばらしーちゃん!?それはお姉様のフィギュアですわ!食べちゃダメです!!」


~体育の時間~
ジ「へへっ、僕はこう見えてドッチボールだけは得意なんだぜ?いくぞ、水銀燈!」
水「ふん、いらっしゃぁい!」
め「危ない水銀燈ー!」ズバッ!
水「むぎゅ!?」
め「貴方は私が守るわ!いいの、私は気にしないで!私は貴方が無事ならそれでいい…!」
水「は、離れ…!あう!?」ドサッ
め「動かないで水銀燈!貴方だけは…私が…私が…!」ギュ~
水「く、くるし…」バタバタ
ひゅ~、トン
ジ「…めぐ、アウトだぞ」
水「ふん、そんなやわいボールなんかで私を水銀燈から引きはがせるとでも思った!?」
ジ「いや、ルールなんだが」
め「上等よ!私は世界を敵に回したって水銀燈といることを取るわ!だから安心して水銀燈。私の胸の中でゆっくりお休み…」ギュ~
水「う…む……」ガクッ

~美術の時間~
水「え~と…学校の風景ねぇ…並木道でも描こうかしらぁ」
薔「・・・」ススス
水「?」
薔「・・・」ハアハア
水「…やっぱりあっちの旧校舎にしましょう」タッ
水「…よいしょっと。え~とまずは…」
薔「・・・」ススス
水「・・・」
薔「・・・」ハアハア
水「…ねぇ薔薇水晶?一応聞くけど、どうしてアナタは私の前にやってきてはこちらに股を開くのかしら?」
薔「…銀ちゃんに見られたいから…ああ、こんなに見られてる…!もっと、もっと私見て…!!」ハアハア
水「・・・」 

~休み時間~
水「トイレトイレ…」ガチャ
雪「あら、いらっしゃいませ」
バタン!
水「…入ってるなら鍵を閉めなさい。まったく…」ガチャ
雪「キャッ…大胆なお姉様…////」
水「なんでこっちにも居るのよぉ!?」
バタン!!
水「お、落ちつくのよ水銀燈…そう、今のは同じドアを開けてしまったの…だから…1番端のトイレなら…」ガチャ
雪「居ないと思いましたか♪」
水「だからなんで居るのよぉ!!そしてなんでドアを開ける度に服が乱れていくの!?」
雪「お姉様に何度も開けられてしまいましたので…/////では、続きと参りましょう♪」シュルルル
水「白いいばら!?た、助けてー!!」
バタン!!!


め「…とりあえず、今まで通り接してくれるって♪」
薔「私達の愛が通じた…♪」
雪「面白い姿も見れましたしね♪」
め「だから私もこれまで通りにたっぷり愛していきましょう!!」
三人「お~!!!」 
|