※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
針葉樹の森が落とす濃い影の中、抗議するような悲鳴を放って、自転車は停まった。
いい加減、ブレーキシューの交換時期なのだろう。どうにも止まりが悪い。
雛苺が鞄を抱えたまま、自転車の荷台から、身軽にすとんと飛び降りる。
それを待って、脚を踏ん張って支えていた雪華綺晶も、サドルから腰を浮かせた。
 
アルプスから吹き下ろす冷風に晒されて、2人揃って身震いする。
ごしごしと二の腕をさすりながら、雪華綺晶は両の肩を竦め、顔を上げた。
彼女の眼差しの先には、廃屋かと疑わしくなるほど古びたログハウスが在る。
屋根の煙突から僅かに吐き出される白煙が、辛うじて、住まう者の気配を漂わせていた。
 
 
それにしても――
雪華綺晶は、針葉樹に囲まれたログハウスのドアを凝視したまま、回想した。
さっき、雛苺が口にしていた、とある秘密結社の話を。
 
(よりによって、薔薇十字団ですって? あんなもの、ただの都市伝説でしょう)
 
まことしやかな噂話ほど、実のところ、アテにならないものだ。
人里離れて暮らす偏屈な人形師に、意地の悪い誰かが、脚色を加えたのだろう。
きっと、その程度のこと。風聞には良くあることだと、彼女は一笑に付した。
 
「あ……鞄は、私が持ちますわ。こうなったのも、私の失態ですから」
 
雪華綺晶は鞄を受け取ると、雛苺に扉を開けさせて、ログハウスに足を踏み入れた。
ここは、ただの工房――そう思い込んでいた彼女たちは、次の瞬間、
異様な光景に息を詰まらせ、言葉を失うこととなった。
夥しい数の人形が、一斉に、2人を無機質な瞳で見つめていたのだから。
 
 
 
  第十話 『fragile』
 
 
 
ジュモー、ブリューを初め、製造元や大きさも様々なビスクドールが、
何十(或いは百を数えるほど)となく、壁に設えた棚に陳列されていた。
どの人形も抱っこしたくなるほど愛嬌たっぷりなのだが、こうも数が揃うと、
威圧的でさえある。異様な雰囲気に圧されて、雪華綺晶たちは表情を堅くしていた。
 
ぱさぱさ――
開け放したドアから吹き込んだ風が、テーブルに広げられた新聞の端を巻き上げる。
ル・モンドだ。開かれていた紙面には、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)が、
ドイツの総選挙で第一党となったことが報じられていた。
……だが、今は外国の政治についてなど、どうでもいい。
 
「何か、用なのかい?」
 
不意に奥の部屋から問われて、娘たちは慌てた。
人形にばかり気を取られるあまり、注意が疎かになっていたらしい。
もし彼が黙ったままだったら、居ることにすら気づかなかったことだろう。
声のした方を窺い見れば、この家の主たる人形師の男性の背中が、目に留まった。
よほど作業に没頭したいらしく、振り返るどころか、手を止めようともしない。
 
「あの……お仕事中、失礼します」
雪華綺晶は人形師の背中に、丁寧に話しかけた。「お人形の修理を、お願いしたくて」
 
『人形』と耳にして、やっと人形師は作業の手を止め、徐に立ち上がった。
思いがけず大柄な男性だった。身長は2メートル近い。
 
「どれ? 見せてみて」
 
声の響きは若々しいが、なんとなく物憂げな口調。実際、億劫なのだろう。
そうガツガツ仕事をこなさずとも、生活には困らないらしい。いいご身分だ。
 
クセのある金髪を手櫛で撫でつけながら、男性が溜息まじりに振り返った。
その面差しは、意外なほど若い。お世辞抜きに、かなりの美青年だ。
人形師という職種から、もっと頑迷で厳つい中年の職人を思い描いていただけに、
彼の端正な顔立ちを目にするや、雪華綺晶たちは暫し見惚れてしまった。
落ち着いた物腰から察するに、歳の頃は30前後といったところか。
 
だが、雪華綺晶を見た瞬間、それまで鷹揚に構えていた青年の様子が一変した。
切れ長で涼しげな双眸を、いっぱいに開いて……明らかな動揺を浮かべている。
彼の青い双眸は、雪華綺晶に釘付けとなっていた。
 
「お…………おお……」
 
青年の半開きになった唇から、低い呻きが零れだす。
そして、2人の娘たちが訝しく思うよりも早く、彼は雪華綺晶に掴みかかっていた。
 
「ば……薔薇水晶っ!?」
 
突如として、全く面識のない者に迫られたら、誰であれ身を引くだろう。
それが、自分より遙かに身長が高く、腕力に勝る相手だったなら尚のこと。
 
「きゃぁ! イヤぁっ!」
 
ただでさえ華奢な雪華綺晶は、すっかり脅えて顔面蒼白となり、
さっきまで重そうに抱えていた鞄を、軽々と青年に叩き付けた。
しかし、鞄に胸を強打されようと、青年は決して、掴んだ彼女の腕を離さなかった。
 
「や、やめてなのっ! きらきーを苛めちゃダメなのよーっ!」
 
雛苺は小柄な体躯にも拘わらず、ガムシャラに青年の脚へと飛びかかる。
人形師の青年は動じず、憑かれたような眼で、雪華綺晶を凝視していた。
 
 
「きみは、薔薇水晶だ! 生まれ変わった、僕の大切な一人娘だ!」
 
衝撃の言葉を、口にした。ビクリ……と、雪華綺晶と雛苺が、身体を震わせる。
雛苺は、彼の言葉を胸裡で反芻しながら、怖々と話しかけた。
 
「ホントに……きらきーは、貴方の娘なの?」
 
青年は、ああ……と。返答とも溜息ともつかない呟きを放って、重々しく頷いた。
彼の青い瞳は、雪華綺晶の胸元に輝くペンダントを、ひたと見据えている。
「その、雪の結晶を象ったペンダント――薔薇水晶のために、僕が作ったものだ。
 それこそ、きみが僕の娘であることの、なによりの証だよ」
 
「ウソ…………ですわ」ペンダントを手で覆い隠して、雪華綺晶は呟いた。
「私は、雪華綺晶! あなたなんて知らないっ! 薔薇水晶なんて……知らな……い」
 
その言葉は、しかし、徐々に尻すぼみとなってゆく。
コリンヌに出逢うまでの記憶がない。そのことが、彼女に断言を躊躇わせていた。
雪華綺晶は、かつて無いほどの頭痛に襲われ、頭を抱え、蹲ってしまった。
 
「き、きらきー?! 大変……お顔が真っ青なのよ。早く帰らなきゃ!
 お人形の修理代は、受け取るときに払いますなのっ」
 
二人の間に割って入った雛苺が、青年に睨みを利かせながら、雪華綺晶を連れ出す。
が、彼は追いかけてこなかった。遠ざかる娘たちを、悲しい眼で見送っていただけ。
 
小屋を出るなり、雪華綺晶は激しい頭痛に堪えきれず、その場に跪いて吐瀉した。
胃酸に喉を灼かれ、激しく咽せる彼女の背中を、泣きそうな顔した雛苺が撫でさする。
そんな2人を、季節風に揺さぶられた木々のざわめきが、不気味に取り巻く。
まるで、平凡な日常という砂上の楼閣が崩れゆく音のよう。雪華綺晶は咽びながら、そう思った。
 
 


 
 
  第十話 終
 
 
 【3行予告?!】
 
俯くまで、気づきもしなかった。どうしてだろう? 泣いてた――
知ることは、人の望みの歓びを見つけることだと……ずっと信じていました。
識ることが、終わりの始まりだなんて……思いも寄らずに。
 
次回、第十一話 『Rescue me』
 
 
|