※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  1-3
 
 
思い立ったが仏滅――とは、よく言ったもの。
こんなカタチで出端を挫かれようとは、どうして予測できようか。
おまけに、彼我の力量差は圧倒的ときている。
エントリー時に、ボブサップみたいな巨躯をイメージしてさえいれば……
と、悔やんだところで、いまとなっては後の祭り。

もう何もかもが面倒で、目の前にある結論に、腕を伸ばしてしまいたくなる。
どうせ夢なんだから……どうなろうと、構わないのではないか。
実害と言っても、せいぜい、寝覚めが悪いというだけだろう。

好きにしてくれよ。まるで他人事のように、投げやりな心境になる。
この世界に飛び込んだときの向上意欲は、諦観の前で、すっかり影を潜めていた。

「へへへっ。お前、初めてか。もっと力抜けよ」

頭を抑えつける手が除けられたので、ジュンは首を巡らせ、背後を睨んだ。
盗賊団の首領ベジータは、左手でジュンのベルトをがっしりと掴んだまま、
右耳にヘッドアップディスプレイ(HUD)らしき機械を装着している。
あれは、なんだろう?
薄く着色されているところを見ると、偏光グラスの役割も兼ねているようだが。

「せめてもの記念だ。ヤる前に、お前の漢レベルを測定しといてやるか」

なんなんだ、漢(おとこ)レベルって。
ジュンには意味の解らないことを口にしながら、彼はナゾの装置を操作し始める。
すると、徐にHUD内で、白いアラビア数字がチラつきだした。
数秒に一度、桁が上がっていく辺り、どうやらカウンターの類らしい。

だが、ものの10秒と経たない内に、ベジータの口元から冷笑が消えた。
「馬鹿な」と吐き捨てたときには、額に汗さえ滲ませていた。
 
 
「……まだ上がるだと?!」

彼の言葉どおり、HUDのカウンターは目まぐるしく変わり続けて、
一向に止まる気配を見せない。

それ壊れてるんじゃないのか? 愕然とするベジータを横目に睨みながら、
ジュンはそう言い出したくなるのを懸命に堪えた。
理由はよく分からないが、相手は焦り始めている。
ここで下手なことを口にすれば、火に油を注ぐ結果となろう。
わざわざ墓穴を掘って、ケツまで掘られ急ぐこともない――との判断だった。
 
 
(なんだか気勢を削がれてるみたいだし、もしかしたら、掘られずに済むかも)

地べたに突っ伏したまま、ジュンが淡い期待を抱き始める中、
HUDのカウンターは相も変わらず、チカチカ切り替わっていく。
ベジータの表情には、先ほどまでの心理的な余裕など、もう影も形も無かった。

「ウホッ! この俺より上がいるだとっ!」

カッと見開かれたベジータの目が、ウサギのようにおとなしく蹲った少年を射る。
途端、ジュンの草食動物並の危険察知能力が、けたたましい警鐘を鳴らした。
今にも殴りかかってきそうな気迫。やばい! 掘られるっ!

だが、逃げるにせよ反撃するにせよ、ジュンの思うままにはならなかった。
身体が動かない。ベジータの一睨で、全身の筋肉が畏縮していたのだ。
そんな彼の胸ぐらを、筋肉質の腕が鷲掴みにして、グイと吊り上げた。
 
「おい、小僧っ!」
 
互いの息がかかるほど鼻を突き合わせて、ジュンとベジータは睨み合った。
そして――ベジータの口から、衝撃的な言葉が紡がれる。
 
 
「お前……俺のケツの中でションベンしろ」
「はあぁっ?! い、嫌だっ」
「うるせえ! 言うとおりにしねえとブッ殺すぞ」
「嫌だったらイ・ヤ・だ! そんなことするくらいなら、死んだ方がマシだっ」
「あぁ? お前に拒否権なんかねぇんだよ!」
 
ジュンは胸ぐらを掴まれたまま、がくんがくんと前後に揺さぶられた。
暴力によって、彼の決意と尊厳を、根底から崩そうというのか。
けれど、ジュンにだって、絶対に曲げられない信念がある。
現実は元より、夢の中であっても、それはやはり、護持すべきコトなのだ。

「僕は……絶対に…………屈しない、からな」

揺さぶられ続けて吐き気を催し、息も絶え絶えになりながらも、
ジュンはベジータの手首を掴んで、決然と睨み返した。
筋力で敵わないのは、まあ仕方ない。だからこそ、気力では負けたくなかった。

「なんだとぉ?」
ベジータの腕が、止まる。「馬鹿が。どうやら、本当に死にたいようだな」

そう告げた口元には、冷笑が戻っていた。けれど、彼の瞳にあるのは憤怒のみ。
左腕の一本で易々とジュンを吊り上げながら、右の拳をギチッと握りしめた。
 
「いいだろう。だったら、お前の望みを叶えてやろうじゃないか。
 その小生意気な面、ザクロみたいに粉微塵にしてやるよ!」
 
絶体絶命。ベジータの拳が、空を切り裂き、猛然と迫ってくる。
ジュンの鼻骨をへし折り、頭蓋骨をカチ割らんとして。
 
(頭が砕ける瞬間って……まだ痛みを感じるのかな)
 
以前に、インターネットで見た事故現場の凄惨な画像を思い出しながら、
ジュンは、詮ないことを取り留めなく考えてみた。そして、思わず自嘲した。
なんだよ……この切羽詰まった状況で、随分な余裕じゃないか。
 
ベジータの拳が届くまで、あと何秒――
頬に風を感じたのと、ほぼ同時。
 
「待ちなさーいっ!」
 
若い娘と思しき高い声が、すんでの所で、ベジータの凶拳を止めていた。
ジュンとベジータは、声の主を探して顔を巡らした。
……と、そこには女性が一人、鋭い眼差しを二人に向けているではないか。
金ピカのローブを纏い、長い杖を振り翳す、メガネを掛けた黒髪の女性だ。
パッと見、成金――もとい、RPGにありがちな、偉大なる魔導師を彷彿させた。

「あぁん? お前か、いま俺に命令しやがったのは」

けれど、やはり女性のこと。負けじと睨み返すベジータの気迫に、いきなり怯んだ。
戦い慣れした盗賊の頭は、ここぞとばかりに威圧的な言葉を浴びせてゆく。

「俺らはな、これからお楽しみの時間なんだよ。関係ねえヤツは引っ込んでろ」
「だっ、騙されないわよ! そっちのカレ、すっごく嫌がってるじゃないの」
「……うるせえ女だな。これは、いま流行りのツンデレプレイってやつだ。
 イヤよイヤよもLove me tender……って言うだろうが」
「言うかよっ! お願いだ、助けてくれ! こいつ、盗賊なんだっ」

このままだと、むりやり『仲良きことは美しき哉』にされてしまう。
助かるには、今をおいて他にない。
そう判断したジュンは、不意に現れた救いの女神に、なりふり構わず懇願した。
彼の台詞に気勢を取り戻した黒髪の乙女が、ビシっ! とベジータを指差す。

「やっぱり嘘だったのね! あたしの見立てどおりだわ。
 あんたみたいな目つきの悪い男、まともなワケがないもの」
「こいつ……黙って聞いてりゃ、調子づきやがって。
 可愛い弟と逞しい兄貴の『炎の友情』を妨害してる悪党は、お前の方だろうが」
「ふふーん、801……ねぇ。そういうネタ、けっこう好物なんだけど」

彼女は不敵に微笑んで、得物を構えた。「力尽くっていうのは、いただけないわ」
よく見れば、その杖の頭には『¥』マークが輝いている。
金ピカのローブといい、なんと悪趣――もとい、独創的なデザインだろう。
だが、そんな衝撃など、まだまだ序の口。前座の余興に等しかった。

「悪逆非道の輩っ! あたしが、天に変わって成敗してあげるわ」
「へっ……面白え。そんな細腕で、やれるもんなら――」

ベジータはジュンを脇に放り投げるが早いか、啖呵を切った女性へと突進した。

「やってみやがれ、このアマがぁっ!」
「女だからって、見くびるんじゃないわよ! リボルビーングっ!」

なにやら呪文(?)らしき言葉を、乙女が空に向けて口にした、次の瞬間っ。
アースジェットも霞んで見えるほどの白煙が、バブシューっ!
……と、杖の先に付いた『¥』マークから、噴射されたではないか。
 
真っ向から殴りかかっていたベジータは、躱す間もなく、白煙に巻かれた。
まさか、毒ガス? いったい、あの中で、何がどうなっているのやら。
ジュンは投げ飛ばされた時にズレたメガネをかけ直して、固唾を呑んだ。
すると――
 
「くそっ! なんだってんだ、こりゃ」
 
激しく咳き込みながら、泡を食ったベジータが、煙の中から飛び出してきた。
けれども、大したダメージは負っていないようだ。と言うか、ほぼ無傷。
あの白煙は、結局のところ、単なる虚仮威しに過ぎなかったのか?
ジュンもベジータも、文字どおり煙に巻かれた状態だった。
 
が、風が白煙を払い除けるなり、二人は信じがたい光景に目を見開いた。
なんと、筋肉隆々たるモンゴリアンの巨漢が、立ちふさがっているではないか。
 
「なっ……なんだ、こいつはっ?!」
「出番よ、イッシュ・カーン! そっちの目つき悪い男を、やっつけちゃって」
 
女性が命じた途端、巨漢は高らかに哄笑しながら、丸太のような腕を振り抜いた。
そのパワーたるや空前絶後。ベジータは「ぬふぅ」と意味不明の断末魔を残して、
空の彼方へと飛んでいき、星になった。
 
「いつもながら、頼もしいわぁ。さぁて、これにて悪漢の排除は完了っと」
 
女性が杖で地面を突くと、巨漢は白煙に戻って、杖の¥マークに吸い込まれた。
まるで、ハリウッド映画のCG映像でも見ているかのようだ。
呆然としているジュンに気づいた彼女は、邪気のない笑顔を浮かべた。

「とんだ災難だったわねー。ケガとか、してない?」
 
随分と気安い態度だ。けれども、ジュンにとっては、ありがたかった。
ここ最近、めっきり口下手になったと、自覚していたからだ。
しかも、初対面の女性ときては、尚のこと何を話せばいいものやら。
悶々と戸惑って場の空気を重たくするよりは、相手から切り出してもらって、
話を合わせてしまう方が、ずっと気楽だった。
 
「ありがとう、助かったよ」
「いやいや~。ほんの通りすがりなんだけどー」
「それでも、命の恩人には変わりないって。あ、僕の名はジュン。ええと――」
「あたしは、みつ。みっちゃんって呼んでね。
 これでも一応、召喚師(サモナー)やってまーす」

サモナーと聞いて、ジュンは得心した。
さっきの巨漢も、アラジンのランプの精霊とか、そんな類なのだろう。
 
「それじゃあ、あの……みっちゃん。改めて、ありがとう。
 なにかお礼をしたいんだ。僕に出来る限りで、だけど」
「ホントに? そぉねえ――」
 
みっちゃんは、やおら眼を細めて、目の前に佇む少年を眺めだした。
それこそ、爪先から頭のてっぺんまで、舐めるように。
なんだか値踏みされているような…………嫌な空気を、ジュンは感じた。
 
「じゃあさー、できれば……お礼は現ナマで、お願いしたいなぁ。
 今月は、ちょぉっと召喚しすぎちゃって、お財布の中身が厳しいのよねー」 
「……はい?」
 
ジュンは耳を疑った。お金を要求されることは、まあ予想の範疇。
だが、召喚するたびに課金されるサモナーとは、なんぞや?
 
「あのさ……召喚って、MP消費とかじゃないのか?」
「そうよー。Mは、MagicじゃなくてMoneyの意味だけど」
「……マジ有り得ねえ」
「ジュンジュンの主観なんて、いまは関係なーいの。さぁ、早く払って払ってぇー。
 さっき召喚した分も、一週間以内に返済しないと利息ついちゃうし」
「いや、それが――」
 
金の貸し借りだなんて、夢の中でまで、現実的なやりとりしたくないのに。
辟易しながらも、ジュンは申し訳なさそうに頭を掻いた。
 
「僕の持ち金って、ベジータに盗られてたんだよね」
「なんですと?」
「いや……だからさ。さっきの男が、僕の所持金を全部、持ってたんだって」
 
そのベジータは今や、空の彼方で星になっている。
他でもない、彼女の召喚した巨漢が、命令を忠実に守って、ブッ飛ばしたのだ。
 
 
「ふ……」みつの顔が、瞬時に血の気を失ってゆく。「フギャ――っ!?」
そして、彼女は泡を吹いて卒倒した。
 
 
  ~  ~  ~
 
「あのさ……僕から、ひとつ提案があるんだけど」
 
みつの気持ちの落ち着き具合を見計らって、ジュンは口を開いた。
 
「お礼って、僕の身体で払う……ってのは、ダメかな?」
「却下。お断りします」
「いや……別に、いかがわしい行為が目当てとか、そんな意味じゃなくて」
「じゃあ、なんなのー?」
「勤労奉仕とか、出世払いとか――」
「えー? うーん……ジュンジュンって、見るからに非力そうだしぃ。
 出世払いって言うけど、そのアテはあるのかなぁ?」
「ぁぐっ! それを言われると、胸がズキズキ痛いんだけど」
 
そりゃあ、この旅の目的として、通例に則り、立身出世を挙げてはいた。
が、自分の『ココロの樹』を探すことこそが、ジュンの最たる目標なのだ。
金儲けには、それほど執着していなかったのだが……。
 
「とにかく、日雇いの仕事でもして稼ぐから、もう少し待ってくれないか」
「ふむ…………仕方ないわね。あたしにも落ち度はあったことだし。
 オッケー。それで手を打ちましょ」
「なんか、すっごく惨めな気分だよ」
「気にしたら負けだってば。じゃあ早速、近くの街へ職探しにGOよ!」
「……僕にできる仕事があるかなぁ」
 
不安が、ジュンの心身に重くのし掛かる。アルバイトなんて、したことがない。
だが、まあ――あのまま薔薇族の仲間入りするよりは、マシかも知れない。
とりあえず、前向きに考えておくことにした。
 
 
  ~  ~  ~
 
さて、職探しの方は、どうだったかと言うと――
幸いなことに、仕立屋で臨時のバイトがあり、報酬もなかなか良かった。
さっきの召喚料に、気持ちばかりの色を付けるだけの稼ぎがあったのだ。
まさか、こんなところで裁縫の技能が役に立つなんて……
人生、何が切り札になるか分からないものだと、ジュンは思った。
 
「すごいよ、ジュンジュン。期せずして、神の子を見つけちゃったわぁ」
「大袈裟だな。芸は身を助けるってヤツだろ」
 
言って、ジュンは『芸』から『ゲイ』を連想してしまい、頭を振った。
もう終わったことだ。ベジータと逢うこともないだろう。
あんな目に遭うのは、一度だけで充分だった。
 
「ねえ。ジュンジュンって、これから何か予定があるの?」
「え? うん、まあ一応」
「なになに? デザイナーとして、自分のブランド立ち上げちゃったりとか?」
「違うよ。この世界のどこかに生えてる、僕の『ココロの樹』を探すだけさ」
「へぇ~。旅に出た理由も、それ?」
「そうだよ。だから、みっちゃんとも、ここで――」
 
お別れだ。そう告げようとしたジュンの口を、みっちゃんの手が遮った。
 
「待って待って。そういう話なら、是非とも同行させて欲しいんだけど。
 あたしの方も、ちょぉっとワケありでー」
「まさか……借金取りから逃げてるんじゃあ?」
「――や、や~ねぇ。そんなワケないってばぁ」
 
みつは即座に否定したものの、彼女の額に滲む脂汗が、胡散臭さを募らせる。
旅は道連れと言えど、果たして、一緒に旅をしても平気なものかどうか。
なにしろ、相手は赤貧の召喚師だ。たかろうとの腹づもりかも……。
 
じっとりとジュンに見つめられて、みつは顔の前で両手を合わせた。
 
「今度の一件で解ってくれたと思うけどー、召喚師って、難儀な職業なのよ。
 金の切れ目が、命の切れ目になっちゃうんだもの。
 だから、お願い! あたしを助けると思って、肉のカーテンになってよ」
 
なにが肉のカーテンだよ! と怒鳴り返したいのを、ジュンは堪えた。
一応は、命の恩人。どれだけ謝礼としてお金を払おうと、根本的な重みが違う。
みつにとっての命の恩人になって初めて、ジュンは、貸し借りなしと胸を張れるのだ。
 
「あーもう……しょうがないなぁ」
ジュンは額を押さえながら、小さく頷いた。「解ったよ。一緒に旅するか」
 
「ほ、ほんとに良いのね?」
「べ、別に、みっちゃんの為ってワケじゃないし。
 人手が多いければ、僕の探し物も、すぐ見つかるだろうと思って――」
「それは、お互い様でしょ。世の中は、持ちつ持たれつ……ってね。
 あぁ、でも心配しないでね。食費とか宿代は、ちゃんと自分で払うから」
「そんなの当たり前だっつーの」
 
さすがに、そこまでは面倒を見きれない。ジュンとて、明日をも知れない貧乏人だ。
しかも、出費の予定だけは、もう決まっているから嫌になる。
 
「出発前に装備を整えたいんだけど……そういうの売ってる店は、どこかな」
 
クマのブーさんに襲われた件でも明らかなように、この世界は、想像以上に物騒だ。
武器はともかくも、防具はしっかり装備した方が良いと思えた。
もうすぐ日も暮れるし、早く店を探さなくては、買い物する時間がなくなる。
ジュンが、歩きだそうとした矢先――
 
「ねえ、ジュンジュン。あれ、武器屋さんじゃない?」
 
なんという都合の良さ。
「マジで?」と相槌を打ちつつ、みつの指差す先に顔を向けたジュンは、
軒先に掲げられた木の看板を、その視界に納めた。
夕暮れ時で、不明瞭ながら、剣と槍が交叉するイラストを見て取れる。
イラストの下には、白塗りの文字が……
 
 
「なになに? タックル苺……?」
 
ここって釣り具店じゃね? と言う疑問はさておき。
その文字を眼にするや、なぜか、ジュンは同級生の娘を思い出していた。
小学生みたいに無邪気な性格ながら、発育の方は年齢以上の彼女を。
 
 
(まさか……夢の中にまで、あの煩いヤツが出て来るんじゃないだろうな)
 
やおら尻込みしたジュンだったが、みつに背を押されて、
渋々ながら店のドアを開いた。
 
 

|