※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雛「トモエっ!はやくはやく~!ほしゅするの~」
巴「待って雛苺!そんなに急いだら…」
雛「きゃうっ!」
巴「ほら、転んじゃった…」
雛「うゆ~…」
巴「大丈夫?雛苺…」
雛「こ、このくらいヘーキなの!ヒナ、もう子供じゃないもの!」
巴「フフ…そうね。雛苺はオトナだもんね」
雛「そう!だから全然いたくないのよ!」
巴「クスクス…」

雛「…えぇ~コホン。…ほしゅ!!なの~!」

巴「…さぁ、雛苺。保守もしたことだし、そのキズ消毒しなくちゃね」
雛「う、うぃ~なの…」




   昼食時間、アウトドア派の生徒が昼食をとる校庭にて。
雛 「違うの~!雛は何もしてないの~!」
真 「嘘はよくないのだわ、雛苺。」
雛 「嘘なんかついてないの~!真紅のお弁当なんか食べてないの~!」
真 「なんか、とは言い草ね。事実、私のベリーパンがなくなっていたのだわ。」
雛 「だ~か~ら~!雛は食べてないんだってば~!」
J  「うるさいなぁ、どうしたんだよ。」
雛 「あ、JUM!しんくがね、しんくが」
真 「雛苺が私のベリーパンを食べてしまったのだわ。」
雛 「え!?だ、だから雛は…」
J  「げ。ごめん真紅。あのベリーパン、真紅のだったのか。」
真 「え?」
J  「いや…さっき教室に落っこちてたんだよ。ベリーパンが。」
真 「えぇ?」
J  「誰のだ、って聞いたんだけどみんな違うって言うからさ。その…食べちまった。」
真 「な、なんですって!?JUMが私のベリーパンを…?」
J  「いや、ごめん!今度買って返すか…ら?」
   後ろから放出される強力なオーラに、JUMはおもわず振り向いた。
雛 「だから…嘘ついてないって言ったのに…!」
真 「…あ…その…JUM!後は頼んだのだわ!」
J  「な、何!?僕に押し付けるなよ!」
真 「それじゃ、任せたのだわー!」
   脱兎の如く逃げ出す真紅。残されたのは…なんとも気まずい雰囲気の二人だった。J  「その…雛苺?」
雛 「…」
J  「…僕は別に、雛苺に罪をなすりつけようとしたわけじゃないんだぞ…」
雛 「…でも、おかげで真紅にすごく冷たくされたの。」
J  「いや…それは…ごめん。」
雛 「雛、今日は真紅と一緒にご飯を食べる予定だったの。」
J  「…」
雛 「JUM~!責任とって雛に付き合うの~!」
J  「わ、わかった。わかったから怒るなって…」
雛 「雛はベリーパンとうにゅーが欲しいの!」
J  「か、買って来いってのか?金、持ってないんだけど…」
雛 「…む~、じゃあ我慢するの。代わりに…」
J  「代わりに?」
雛 「抱っこしといて欲しいの。お昼ごはんの間。」
J  「は…はぁ!?」
雛 「雛、寂しいの~!真紅と一緒に居るはずだったのに~!」
J  「わ、わかったわかった!だから落ち着けって!」
    二人が、お互いを新たな気持ちで見るようになるのは、もうちょっと後の話。

Fin.




雛「ジュ~~ン、早く起きるなのぉ。早く起きないと学校遅れるなのぉ~~。」
ジ「ん…………起きるから………ぐぅ…ぐぅ……」
雛「ぶ~~!!寝ちゃダメなのぉ!!起きるなのぉ!!」
ジ「ぐぅ……ぐぅ……」
雛「う~~~……………起きないなら~………ええ~~い!!」

ドゴォ

ジ「ぐぶぉぉっ!!な、何をするだぁぁ!!ダイビングプレスなんてしやがって!!」
雛「ジュンが起きないからなの!!ジュンが悪いなの!!」
ジ「うう……分かったからどいて。もう起きるから……」
雛「分かれば良しなの~~♪」
ジ「ふぅ…………死ぬかと思った………」




つ「カンサイベンニナール」

雛「JUM~何やってんの?」
J「いや、裁縫だけど。」
雛「ふ~ん。暇やねんけど。遊ぼうやぁ。」
J「僕は忙しい…ってお前、口調がおかしくないか…?」
雛「え?全然おかしないやん。何ゆうてんの(笑)」
J「絶対おかしいって…」
雛「おかしないゆうてるやろ!?しつこいねん!ケツの穴から指突っ込んで奥歯ガタガタいわすぞ!?」
J「す、すいません…。こわぁ…」




「・・・・なんとか このシェルターに にげこめた。
かぎられた うにゅーを ながもちさせるため
 わたしは ほとんど てをつけずに こどもたちに あたえてきた。
 だが もう げんかいだ・・・・

雛「JUM、しんく、おまえたちをおいていくヒナをゆるしてほしいの・・・」
巴「雛苺、何書いてるの?」



ありがちな死亡フラグ

①この戦争が終わったら、ヒナね、結婚するなの
②うと、ヒナが帰ってくるまでここを動いちゃダメなの
③ヒナニーする前のシャワー
④いわく付きの場所で雛苺がいい雰囲気
⑤「必ず戻ってくるなの」 「必ず迎えに来るなの」
⑥「この中に犯罪者がいるかもしれないのに一緒に寝れるかなの!ヒナは自分の部屋に戻るなの!」
⑦「明日は巴の誕生日なの」
⑧この仕事を最後に足を洗うなの
⑨「この仕事が終わったら巴と2人で暮らすなの」
⑩「真紅が出るまでもないなの。ここはヒナに・・・」
⑪今まで目立たなかった雛苺が急に目立つ
⑫「今度の仕事でまとまったおカネが入るなのー」
⑬「うーっ!怒ったなのー!出会え!出会えーぃっなの!!」
⑭「深い傷を負ったなの・・・ポーションを頭から浴びるしかないのよーっ!!」




翠「保守される事無く放置されたスレの辿る運命を知ってるですか?チビ苺」
ひな「うゅー、ヒナ知らないの。どうなるの?」
翠「寂れたスレには悪魔がやってきて、その存在ごとこの世から抹消されてしまうです!!!その時にスレの発する憎悪は保守せずにROMっていた奴に向かうです。そいつはスレと同じように……」
ひな「…お、同じように?」
翠「ぐぁばぁぁぁっと、存在ごと消え失せてしまうですぅ(はぁと。せいぜい気を付けるですよチビ苺♪」
ひな「あ、悪魔、スレッド可愛そうなの~(ガクガクブルブル」

ひな「み、みんなも気を付けるの!悪魔に食べられてしまうのよ」
翠「それでは、チビ苺!」
ひな「うぃ」

翠&ひな「保守ですぅ!/保守なのー!」




巴「雛苺、行くよ。」
雛「あい!トモエ、あいとー!」
巴「雛苺、あれを持ってきて。」
雛「あい!(ごそごそ)どうぞなの!」
巴「これがなくちゃね。」

巴は炎を模った紋章の入った手袋をきっちりと手にはめると肩を慣らす様に
腕を回した。

巴「燃えろー!」
雛「萌えるのー!」




ジ「…で、家に来たわけか…」
雛「うん…お願いなのー」
ジ「うーん…ヒナのお願いなら良いよ」
雛「やったーありがとなのー!ジュンだいすきー!」
ジ「僕も大好きだが…頭に登るのは止めて…くれ…人間サイズに成ったら重い…」
雛「???雛は元々人間なのー」
ジ「おっとそうだったな、じゃあ僕は下で寝るからベット使ってくれ」


一時間前…
巴「雛苺ー本当にゴメンねー。合宿中の間だけ桜田君の所に泊まって、お願い。
  心配で雛苺を一人には出来ないの、ね?」
雛「うゆー…解ったのー早く帰って来てね?」
巴「うん、桜田君に迷惑かけちゃ駄目よ?」
雛「はいなのー」
雛(しばらく巴と離れるのはさびしいけどジュンと一緒に居られるのー////)




雛「JUN登りなの~♪」
J「こらっ!!朝から抱きつくなよっ!!」
雛「うゆ~JUNは嫌なの?」
J「・・・・・・そんなわけないよっ!!ただ・・・・・・」
雛「うゆ?」
J「途中では止められないぞ?」
がばっ!!
雛「うゆ~♪♪」

J「・・・・・・保守」




雛「JUN~朝ご飯できたの~」
J「また甘いんじゃないのか?」
雛「四の五の言わず食べるのっ!!」
J「うっ・・・・・・あれ?甘くない・・・・・・ってか味が全然無いんだけど」
雛「うゆ?変なの~ちゃんと作ったの~」
J「ちゃんと全部食べるから大丈 雛「あっ!!良いこと思いついたの~こうすればいいの~♪」
ちゅっ
J「ちょっwwwwww今の・・・・・・」
雛「えへへ~JUNまだ食べる~?」
J「いただきますっ!!」
雛「うゆ~電気消すの~♪」

真「・・・・・・保守だわ」




雛「ねぇJUM、今日小耳に挟んだんだけどワカメ酒っていうお酒があるそうなの。
  どんなお酒なの?JUMは飲んだことあるの?」
J「僕は飲んだことはない。本当だ。」

雛「ねぇJUM、今日小耳に挟んだんだけど女体盛りっていう料理があるそうなの。
  どんな料理なの?JUMは食べたことあるの?」
J「僕は食べたことはない。本当だ。」

雛「ねぇJUM、尺八って吹くものだよね?」
J「ん?ああ。」
雛「今日小耳に挟んだんだけど尺八って吸ったりなめまわしたりするらしいの。
  JUMもしたことあるの?」
J「僕はやってない!それだけは本当にやってない!」




J(雛苺胸でかいよなー…。触っちゃえw)
雛「うゅ?ジュン、どうしてヒナの胸揉んでるの?」
J「可愛いからに決まってるじゃないか///」
雛「雛かわいい?」
J「あぁ、とっても可愛いよw」
雛「ありがとうなの、ジュン。大好きー!もっと触っていいよ♪」
J「僕も好きだよ、雛苺wいただきまーす」
雛「キャーなのー♪」


真紅「ペドだわ」
翠「ペドですぅ」




ジ「(そういえばもうすぐ雛苺の誕生日か。…欲しいもの、それとなく訊いてみるか)」

ジ「雛苺、今欲しいものってあるか?」
雛「うにゅー」
ジ「わかった。なんとかして連れてくるよ」
雛「つれてくる?」

当日:

ジ「誕生日おめでとう雛苺。ほら、つれてきてやったぞ」

うにゅう「なんや。この嬢ちゃんか? わいに会いたがってたっちゅうのは」

雛「( ゜д゜)」

うにゅう「こっち見んな」




雛「JUMーっ!今から家に寄ってけなのーっ!!」
J 「えっ!?今からかよ~、いきなりすぎんべwまた今度なwww」
雛「いいから来やがれコンチクショーなの!!」
J 「おい!引っ張るなよ!!」



J (来てしまった・・・)
雛(とうとう家にあげちゃったのー緊張するのー)
J (この流れはもしかしてアレか?やっちゃうのか?・・・とりあえず何か話さないと・・・)

J 「な、なんかさ・・とても可愛い部屋だね・・・(///)」
雛「え~、や~の~(///)恥ずかしい~の~(///)照れちゃうー(///)」



J 「俺は部屋の事をほめたんだよ!!部屋のことをよ~!!テメーの事じゃねーよ・・・殴り殺して犯すぞ!コノヤロー!!」
雛「キャー!!もう殴ってるのーっ!ごめんなさいなのーっ!!調子こいたのーっ!!だから殴らないでーっ!!」



一言だけ言い訳・・・僕は雛苺が好きです!!
でもJUMくんはもーっと好きです!!
だから雛苺が嫌いな訳ではないので・・・念のため

|