※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

短編集に乗せるには長い気がしたので、こちらに載せようと思います。

一応、短編集にあるのも載せておきます。




あ、きたきた。やっほー、水銀燈。
水「一体何よぉ、いきなり呼び出してぇ」
ねぇ水銀燈。私って人気あると思う?
水「唐突ねぇ。ん~まぁ、そこそこあるんじゃない?」
じゃあなんで、短編の数が今だに5しかないと思う?
水「とっつきづらいんじゃないのぉ?」
容赦無いわね。でも、たしかにそう。だから私にはもっと絡む余地がいるのよ。
水「ふぅん。それで?」
でね?私、ローゼン界の歌姫を目指すことにしたの。カモン、ばらしー
薔「呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃ~ん」
水「な!いつの間に!?」
今から二人で水銀燈へラブソングを歌うから、ちゃんと聞いてね?
薔「…曲名、銀ちゃんのうた」
水「はぁ。まぁ、聞いてあげるわよ」
では、マイクとギターを拝借。いくよ、ばらしー!
薔「オッケー・サー」 

ジャジャーン。
め「薔薇乙女はぁ!七人!居るけれどぉ!」
水「!?」
薔「第一のぉ!銀ちゃんがぁ!世界一ぃ!」
め「銀ちゃんのぉ!視界にぃ!入るならぁ!」
薔「銀ちゃんのぉ!愛をぉ!噛み締めろぉ!」
め「ジャンクと~言う~奴がいる。ジャンクと~言って~はイケナイぜ!」
薔「布団に~入れて抱き着けば~プニプニ~!」
銀「……」
め「銀~ちゃんを絞れ~!そーれが、ヤクルトォ!!」
薔「命の水だ~。ヤ~クル~ト!」
め「銀ちゃん!銀ちゃん!銀ちゃん!」
薔「銀ちゃん!銀ちゃん!銀ちゃん!」
二人「銀ちゃ~ん!!!」

どう?水銀燈。ぐっときた?
水「ま、まぁ鬼気迫るものはあったわねぇ…だけど…」
薔「?」
水「私を絞ってもヤクルトは出ないわよぉ?」
え?あんなに飲んでるんだから出ると思ったのに。じゃあヤってみましょうか。ちょうどベットもあるし。
薔「銀ちゃん…覚悟…」
銀「へ?い、いやあああああ!」

ふう。ごちそうさま。出なかったわね。
薔「ごちそうさま。残念…」
水「あ…ああ……」ガクッ



 

元曲、『みかんのうた』




【今夜は】【めぐの独壇場】

ふふふふ~♪
銀「嬉しそうねぇメグ…」
当たり前でしょ?こんなスレタイを付けて貰えるなんて、光栄の極みじゃない。
銀「で、今度は何?こんな所に呼び出して」
私の歌姫計画遂行とスレタイ記念を兼ねて、コンサートをしようと思って。ほら、前は病院でやっちゃったじゃない?あの後佐原さんに怒られちゃったのよ。
水「そりゃあ、あれだけ大音声でシャウトすればねぇ…」
でもこの部屋なら大丈夫よ。さて、今回のパートナーは…カモン、かなりー!
金「待ってましたのかしらー!」
水「あらぁ、ずいぶん珍しいユニットねぇ」
ええ。こうやって色々な人と関わっていく事も必要かなって。それに今回の歌には彼女が適任だったの
水「ふーん。アナタも色々考えてるのねぇ」
もちろん!じゃあそろそろ行くわよ。今日の歌は教師スレで歌われてるあの曲よ!
金「一発かますかしらー!」
水「教師スレって…まさか!?」


二人「ススス、ススス、水銀燈!ススス、ススス、水銀燈!!」
水「やっぱりぃ!!」
ジャ、ジャーン!

め「なびけ!漆黒のドレス!」
金「朱い眼差し、銀の髪~!光り輝く、微笑みで」
め「皆の心、鷲掴み~!私の天使様!!」
金「人の!心に勇気を」
め「くれる!くんくん愛してる☆」

ジャジャッジャンジャン!
二人「ススス、ススス、水銀燈!ススス、ススス、水銀燈!!」
金「ヤクルトの値引き、確認だ!」
め「今だ、ねこそぎ買い占めろ!」
二人「読~者のみ~なさ~ん!」

『乳酸菌、採ってるぅ!?』

め「妖艶!気品!優しさ!愛!」
金「誕生!月夜~に~」
め「可 憐 に た た ず む!」
二人「皆の姉様!スッスッスッス、水~銀~燈!!!」


金「は~!スッキリしたかしら!」
ふふ、そうね。それで?水銀燈。ご感想はいかが?
銀「…悪くないかなと思ってしまう事が不覚だわぁ…」
それはなにより。あとはスレの皆さんも楽しんでくれていれば言こと無しね。ああ、かなりーもお疲れ様。
金「モーマンタイかしら!またいつでも呼んでほしいかしら~!」
ええ、さようなら。…ふぅ、何だかまだドキドキしてる。生きてるなーって思えるわ
水「そうね。それが何であれ、やり遂げる事は大切よねぇ」
何だか水銀燈も霞んで見えるし…心地いい浮遊感も…
水「・・・え?」
水銀燈…私、今…鳥になってるわ…バタッ
水「ちょ、ちょっと!無理し過ぎよぉ!あ~もう!救急車、救急車!」



元曲、「勇者王誕生!」

 




病室の窓から外を眺める。遠くに帰宅する制服姿の学生が見える。夏休みも終わりってことね。

「ん…!」

最近、たまに胸が苦しくなる。コンサートとか色々やったからそのせいかな。

水銀燈やジュン君達と生活してるうちに、早く綺麗に死んでやろうって気は影を潜めたみたい。けれど、私の体がポンコツであることに変わりはなく、

水「う~ん…スースー…」

こうして水銀燈の寝顔を見ていられるのも、もう長くないかもしれない。

ねぇ?私の心臓。アナタは私に似て所々イカれてるわ。今までは私が自分に対してそうであったように、アナタには何も期待しなかった。第一、何も求めるものが無かったもんね。

だけどね、今私、自分にちょっと期待してるんだ。
始めは遊びだったんだけどね。色々やってく内に、初めて出来た事、もっと出来そうな事、頑張れば出来るかもしれない事がどんどん見つかったのよ。

楽しいの、とても。私のする事を水銀燈やジュン君に見てもらうのが。皆といる今が。
 

だから、アナタに初めて期待するわ。期待と言うよりは願望に近いけど。


お願い-

もう少し、私と生きて。


はぁ、案外死ぬ時が決まってた方が気楽かもね。いつ死ぬかわからないようにするなんて、神サマも趣味が悪いわ。

水「うう~ん!ふああ…あらぁ、いつの間にか寝ちゃったのねぇ」
ふふっ、おはよう水銀燈。
水「まったく、最近アナタが色々やらかすから疲れが溜まっちゃってしょうがないわぁ」
なら、そんな水銀燈のために今度は癒し系の歌でもやろうかしら。
水「まだ歌う気ぃ?ぶっ倒れたってのに懲りないのねぇ」
もちろん。ローゼン界の歌姫はこれしきじゃへこたれないのよ?
だから…もう少し、私に付き合ってね、水銀燈。

そして、アナタも。

水「はいはい。今のメグじゃ危なっかしくて目が離せないわよぉ。最後の一秒まで付き合ってあげるわぁ」
うん、ありがとう。私の黒い天使様。

 




ノッてるかーい!!
み・佐「イエーイ!!」
ジ「おお、これが例の応援ライブか。てか、メグは大丈夫なのか?」
水「まぁ、佐原さんも一緒だしねぇ」

みんな!来てくれてありがとう!まずはメンバー紹介を!ドラムと私の保護役、佐原さん!
佐「男なんてな!いない方がいいんだぞー!!」ダンダンダン!
次はギターと第二ボーカル、みっちゃんさん!
み「借金なんてな!踏み倒してナンボじゃーい!!」ジャ、ジャーン!
そして今日の目的はコレよ!バッ!

水、ジ「『トモエメイデン応援ライブ』?」
そう!絶望的とも言える目標を掲げながら今なお続くトモエメイデン!その姿に色々と絶望的な私達三人がどれだけ勇気づけられたことか!だから今度は私達が応援する番なのよ!!

ジ「メ、メグが燃えてる…」
水「変身でもしそうな雰囲気ねぇ…」

さぁ、皆!変身よ!バサッ!
水「ホントにするの!?ってバニーガール!?」
ジ「あ、あの衣装…まさか!」
曲名は、『保守のトモエ伝説』!!テンション上げてレッツ・ゴー!

ジ「キター(°∀°)ー!!」
水「キター(゜д゜)ー!?」
 

二人「ト・ト・トモエ☆巴メイデン☆ト・ト・トモエ☆巴メイデン☆」

ジャジャジャジャン、ジャン!
め「素直に保守が~出来ない君も~、勇気を出して!」
ジャン、ジャジャジャーン!
み「保守のまじない~トモエビ~ム、かけてあげるわ!」

め「未来か~ら~やって来たおしゃまなドール。いつもこの板の、落ちを防ぐ~の」
み「夜は一人、職人に願いをかける~。明日こそ長編、載りますよ~に!」

ジャジャッ、ジャンジャン!
二人「Come On! Let's Hoshu! Come On! Let's Hoshu! Baby!」
み「電源入れて~、スレにアクセス!」
二人「Come On! Let's Hoshu! Come On! Let's Hoshu! Baby!」
め「最上位へー!Special Generation!」
(いつになったら、100本投下されるのかなぁ?)

チャ~ララン、チャラランランラン!

み「未来にも、あるのかなVIPとwiki~。もしもなかったら、少し困る~な」
め「この板も、いつの日か忘れ去られる~。そんなのイヤよ!長く続い~て~!」

ジャジャッ、ジャンジャン!
二人「Come On! Let's Hoshu! Come On! Let's Hoshu! Baby!」
み「スレタイ付けて、板を立ち上げ」
二人「Come On! Let's Hoshu! Come On! Let's Hoshu! Baby!」
め「最上位へー!Special Generation!」(私の長編、どんなのが出来るんだろ?)

二人「保守のトモエ、巴メイデン☆」
アッー!!!バタバタバタ。


ジ「うおっ!三人まとめて倒れたぁ!」
水「落ち着きなさぁい。救急車は呼んであるから大丈夫よぉ」
ジ「い、いつの間に?」
水「変身した辺り。あのテンションなら全員イクかなと思ったケド…予想通りねぇ」



 

元曲「恋のミクル伝説」

 

 

|