※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アリアハン・ルイーダの酒場

ジ「お待たせ、迎えに来たぞ」
紅「一晩も待たせるなんて…下僕の分際でいい度胸してるのだわ」
ジ「悪かったな。紅茶いれてくるから勘弁してくれ」
紅「それで許されるとでも…~、まぁいいわ。早くして頂戴」
ジ「へいへい」スタスタ

銀「さて、ジュンが向こうへ行ったところで…翠星石?」チラリ
翠「な、なんですか?」
銀「ランシールで何があったか…話して貰うわよぉ」
翠「ふぇっ!?」
紅「…そうね、それは興味深いわ」ジロリ
銀「逃がさないわよぉ」ニヤリ
翠(ジュン…助けてです…) 

薔「はーいジュン、おっぱっぴー」
ジ「…それ挨拶か?」
薔「気ニシタラ負ケヨー。はい、紅茶」
ジ「また片言だし…あ、ところで雪華綺晶ってのが来たと思うけど…」
薔「あっちで蒼星石と巴から説教されてる。ちなみに雪華綺晶は私のお姉ちゃんなの。これ豆知識」
ジ「mjd!?似てるとは思ってたけど…」
薔「…全裸で降ってきた時は流石の私も驚いたけど。まあそれは置いといて」
ジ「ん?」
薔「せっかくこれだけ揃った事だしパーティーとかどう?たまには休む事も大事だよ?」
ジ「パーティーか…いいかもな」

薔「おk。んじゃのりと一緒に準備するからこれでも持って待ってて」
ジ「ん、この妙に温かいものは?」
薔「私の脱ぎたてパンティー」ポッ
ジ「ちょwwwおまwwww」
薔「パーティーとパンティーをかけてみた、どうよ?」エッヘン
ジ「とりあえずお前が雪華綺晶と姉妹だって事に凄く納得できた」
薔「それほどでも」テレテレ
ジ「うん、褒めてないから」

夕方

一同「かんぱーい!」

銀「ん~♪久しぶりに美味しい一杯ねぇ♪」
ジ「あれ?水銀燈って未成年じゃ」
銀「細かい事はいいっこ無しよぉ♪」
翠「…ご機嫌ですね」

の「さあみんな食べてね、おかわりもいっぱいあるわよぅ♪」
雪「既にいただいてますわぁ♪ん~このハンバーグ最高ですわぁ♪」
紅「…またカエルじゃないでしょうね」
の「巴ちゃんもいっぱい食べてね、今日は腕によりをかけたのよぅ♪」
巴「はい、いただいてます♪花丸ハンバーグ久しぶりです♪」

薔「お~予想以上の盛り上がり、ばらしー大満足♪」
ジ「バニーさんktkr!」
薔「どお?せくしぃ?」
紅「そういえば薔薇水晶の本業は遊び人だったわね…」
ジ「あ~何だろう、凄い納得できた」

ジ「あれ、でも…」
紅「どうしたの?」
ジ「蒼星石は何でバニーじゃないんだ?遊び人なのに」
紅「…そういえばそうね。どうして?」
蒼「えっ///あ…いやホラ、僕この通り色気とか全然ないし、だから芸を極めようかと…////」
薔「それはダメよ」ズイッ
蒼「うわっ!?」
薔「女遊び人はバニーがユニフォーム!それは宇宙の真理!」
蒼「で、でも…」
薔「でももヘモグロビンも無し!奥にバニースーツがあるからそれに着替えなさい♪」
蒼「えぇ!?////」
薔「さ、行きましょう」ニヤニヤ
蒼「た、た~す~け~て~」ズルズル

30分後

薔「お待たせ~♪Wバニーで~す♪」
蒼「は、恥ずかしい…//////」
ジ「こ、これは…!」
紅(なっ…!色気が無いとか言っておいて!)
翠(翠星石より胸でかいですぅ!双子なのにいつの間に…!)
蒼「ジ、ジュン君あんまり見つめないで!ホントに恥ずかしいから…///////」ジ「あ…うん、ゴメン…////」
紅「な、何をデレデレしてるの、ジュン!」
翠「そ、そーですぅ!鼻の下伸ばしてるんじゃねーですぅ!」
巴(…ジュン君ああいうのが好きなのかな////)
薔「これは予想以上の反応!ばらしーやっちんちん?」

蒼(あ…でもこの格好なら…あの練習には最適かも…)
ジ「?」
蒼(でも…////)
翠「どうしたです?」
蒼「(ええい、ここは思い切って!)ジ、ジュン君!///」
ジ「ど、どうした?」
蒼「ちょっと、練習に付き合ってくれるかな…?///」
ジ「れ、練習って何の?」
蒼「その、えと、………////」
ジ「?」
蒼「……………ぱ…////」
ジ「…ぱ?」
蒼「……………………ぱ…ぱ…//////」
ジ「何だ?」

蒼「ぱ、ぱふぱふの練習をさせて下さい!/////////」
ジ・紅・翠「な、なんだってェーーーーーー!!!」 



翠「な、何考えてるです蒼星石!」
紅「そ、そうよ!そんな…人前で…ぱ…ぱふ…///」
薔「確かに人前じゃ恥ずかしいかも…よし、二人共奥行きなさい、奥」
翠「いやオメーも止めるですぅ!」
紅「みんなも何とか言って…」

銀「1ばーん、すいぎんとー♪ぬーぎまーす♪ヒック」
の「水銀燈ちゃん素敵ー♪ヒック」
雪「美味ですわぁ♪美味ですわぁ~♪」ガツガツ
み「さあどんどんタッパーに詰めるわよ~♪」

翠「…アイツらじゃ駄目です…のりまで呑んでるし」
紅「しかもいつの間にかみっちゃんがいるのだわ…」

蒼「そ、それじゃジュン君…////」
ジ「え…あ、ウン////」
薔「はーい、二名様ごあんなーい♪」
翠「あぁあぁ…このままじゃ二人が…」
紅「巴…!そうよ、彼女なら」

巴『ど…どうジュン君、私のぱふぱふは?』ドキドキ
ジ『素晴らしいよ巴!君のぱふぱふは最高さ!』
巴『嬉しい…♪』
ジ『ところでコイツを見てくれ。僕の王者の剣をどう思う?』
巴『凄く…大きいです…』
ジ『もう辛抱たまらん!巴!』ガバッ
巴『ああっジュン君!』

巴「ああ…布団はひとつ、枕はふたつ…♪ブツブツ」
翠「…巴何言ってるです?」

紅「しっかりするのだわ巴!」ユサユサ
巴「ウフフ…ハッ!?い、いけない!二人を止めなくちゃ!」
翠「よし、とっとと行くですよ!」
紅「そうよ!ぱふぱふなんてさせる訳にはいかないのだわ!」
巴「ええ!頑張りましょう!」

紅・翠・巴(ジュン(君)にぱふぱふするのは私の役目…!)

紅・翠・巴(ぱふぱふを…!)
紅・翠・巴(ぱふぱふ…)
紅・翠・巴(………)
紅・翠・巴(……)自分の胸を見る





紅・翠・巴「orz」 


蒼「……///」
ジ「……///」
蒼「…ゴ、ゴメンね、こんな事に付き合わせて」
ジ「い、いや気にするなよ」
蒼「………///」
ジ「………///」
蒼「り、料理、美味しかったね!」
ジ「あ…あ~、姉ちゃん達張り切って作ってたみたいだし」
蒼「……………/////」
ジ「……………/////」
蒼・ジ「……あ、あの!」
蒼・ジ「あ……/////」
蒼・ジ「………………………////////」







薔「よし、そこで一気に押し倒して…」
翠「だからオメーも止めるですぅ!」

蒼「…そ、それじゃジュン君…始めるね////」
ジ「あ…うん////」
蒼「………////」
ジ「………////」
蒼「……ホントに始めるよ?////」
ジ「……う、うん////」
蒼「………////」
ジ「………////」
蒼「………ホントのホントに、始めるよ?////」
ジ「………う、うん////」蒼「…………////」
ジ「…………////」
蒼「……………//////」
ジ「……………//////」
蒼「…………………~っ!///////」
ジ「…………………~っ!///////」





蒼「ッ!」ボンッ(爆発)
ジ「ッ!」ブパァッ(鼻血) 


薔「ふふ…やっぱりこうなりましたかw」
紅「ジ、ジュン!しっかりしなさい!って、ああ!?何故か夜空にジュンの笑顔が!?」
薔「……ムチャシヤガッテ」チャッ
巴「いやいや!敬礼しないで!桜田君死んでない!」
翠「……蒼星石はなんでアフロになってるんですか」
薔「…緊張の限界突破による爆発をアフロで表現するとは…腕を上げたわね」
翠「…そんな腕上げてほしくないです」

薔「ところで翠星石…気付いた?」
翠「な、なんですか?」
薔「わからない?蒼星石…そう、貴女の妹が爆発したの……これぞまさに!」カッ 


1:妹が男友達にぱふぱふしようとして


1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/08/29(水) 03:03:04.19 ID:R3suiSei0
爆発した 



薔「だね♪」
翠「だね♪じゃねーですぅ!翠星石はそんなスレ立てねーですぅ!」
巴「…二人共何の話してるの?」


雪「…さあ、その唐揚げをよこしなさい!それは私が目をつけていましたのよ!」
み「そうはいかないわ!これは私が持ち帰るの!」

ゴゴゴゴゴゴゴ…

銀「あれ?私達の出番終わり?」
の「みたいね~」


置いてけぼりで続く
|