※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あれから5年。

もう5年もたった。
でも、諦めきれていない自分がいる。
大学最後の夏休みも、あと半分。

「ちょっとジュン、紅茶がぬるいのだわ」
「・・・」
「ジュン?聞いているの?」
「ん?あぁ、ごめん。なんだっけ?」
「人の話くらいちゃんと聞きなさい。全く使えない下僕なのだわ」

僕をこき使う、この女王気質の女性の名は真紅。
関係上、彼女と言うことになる。

「・・・ジュン?」
「ん?どうした?」

夕立ち。
感傷に浸っているだけ、と言われればそれだけかもしれない。
だが僕にとっては何よりも大切な-隣にいる女性よりも-思い出へのカギ。

「なんだか悲しい顔をしているわ」
「気のせいだろ?」
「そうかしらね?」
「・・・」

「クッキー、あなたも食べる?」
「あぁ、もらうよ」
「私の自信作よ。心して食べなさい」 

こいつの料理ベタはかなりもの「だった」。
塩と砂糖をおもっきし間違えるなんて、まだかわいい方だったし。
それが今では・・・

「どう?」
「うまいよ。クッキーは妙にウマくなったな」

クッキーだけは、妙にウマくなった。

「当然よ」
「そうか」

「雨」
「ん?」
「あがったわね」
「あぁ」
「散歩でも行こうかしら?」
「そうだな」

外に出ると、打水の効果は抜群にあった。
心地よい風と、冷却された地面。

「いい風ね」
「そうだな。いつもこれくらいだと助かるんだけど」
「本当ね」


蜩が鳴く。

「ジュン?」
「・・・」
「ジュン!」
「あぁ。ごめん・・・」
「一体どうしたっていうの?説明して頂戴」
「何でもないよ」

そう、何でもないなんて嘘に決まってる。
彼女に、真紅に自分の過去を話したことはあまりない。

高校時代の話は特に。
何もない淡白な高校生活だった。としか伝えてはいない。
まぁ、彼女はその点に深く疑問を抱いているが。

それでも、そうとしか僕は伝えるつもりはない。

理由は簡単。

本当は、未だに彼女のことを愛し続けているから。

翠星石は、今頃どこにいるのだろうか?
知ったところでどうすることもできない、弱い自分がいる。

こんなんじゃ、彼女は振り向いてはくれないのに。

Phase1
Fin.

|