※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「好き、付き合って」

単純な言葉の羅列は、どれほどの重みを産み出すのだろう。
その繰り返しが、幾度となく人を喜ばせ、また傷つける。

5年前も、そう思っていたはず。
なのに・・・
ささくれた心から流れ出る、とめどない思い。

答えはわかっていた。
それが宿命-誰にも変えられないもの。

彼女には夢があった。
でも、諦めるなんて到底無理。

夕立ちの後、蜩が鳴く。

僕だけを残して。
この思いは今も割り切れることはなく、とめどなく流れ続ける。

夏の日、あの日の残像は瞼を閉じればいつも・・・

消えることはない。

翠星石・・・
僕はあなたが夢を実現して、幸せになっていることを願っています。

今も、あなたを愛しています。

-夏の日、残像- 

あの日のことはいまでも覚えてる。

「ごめんなさい・・ですぅ」

両想いだった。
それだけで嬉しかった。

でも、私には夢がある。
だから、泣きながら断った。強がっていたけど、本当に辛かった。

それでも夢を諦めるわけにはいかなかったから。
だって彼に申し訳ないし、自分にも・・・

割り切れない思い。
それは彼の中にもあると信じてる。

今思えば、断ったのは間違いだったと
今更後悔してもどうしようもない。

5年前の出来事。
私の中に生き続ける彼。

あの日のことはいまでも思い出せる。
残像は、いつまでも。

ジュン・・・
あなたの幸せを、誰よりも望んでいます。


-夏の日、残像-another story
|