※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジ「・・・もし真紅が遅れたら、先に行っちゃおうかなーなんて」
真「そんな事したら寝込み襲って孕むわよ?」
ジ「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい・・・」

翆「これなんて昼ドラですか?」
水「面白そうだから台本いじったんだけど・・止めた方がよさそうねぇ」 


ジ「見せてやろうか僕のオットセイ!」
真「望むところだわ」
翆「ばっちこいですぅ」
ジ「うりゃー!!」
バサッ
真「ジュン・・あなた・・」
翆「ちび人間・・おめえ・・」
ジ「(ふ、悪くない反応だな)」
真「はあ、人間のオスは予想以上に貧弱ね」
翆「こんなトコまでプチサイズとは、救えねー奴ですぅ」
ジ「・・・」
真「ほらジュン、何を落ち込んでるの?早く行くわよって・・本当にどうしたの?」
ジ「逃げちゃだめだ・・逃げちゃだめだ・・逃げちゃだめだ・・」
翆「あまりのダメージでおかしくなったですぅ」
水「もう少しオブラートな表現にした方が良さそうねぇ」
蒼「リテイクだね」


TAKE2
ジ「見せてやろうか僕のオットセイ!」
真「望むところだわ」
翆「ばっちこいですぅ」
ジ「うりゃー!!」
バサッ
真「ジュン・・あなた・・」
翆「ちび人間・・おめえ・・」
ジ「(これは演技、落ち着け僕、COOLになるんだ)」
真「素晴らしいわ、ジュン。あなたのソレは、清流に舞う一匹のメダカのよう・・」
翆「引きこもって育ったモヤシにしては見所あるですぅ」
ジ「・・・」
真「ほら、何を落ち込んでるの?早く行くわよって・・またなの?」
ジ「僕のターン・・僕のターン・・いつか、きっと、僕のターン・・」
蒼「うーん、何がいけなかったのかなぁ」
水「これ以上やったら色んな意味で再起不能になりそうねぇ」
金「パンツは下ろさない方向でいくかしら」
雛「なのー」



薔「・・・ちぇ」



ジ「別にそんな事してな・・」
真「嘘だわ!!」
ジ「あべし!」どかーん。
水「カット、カットォ!ちょっと真紅!そこは手を出しちゃダメよぉ!?」
真「あら?そんなつもりは無かったんだけれど。無意識に殴ったのかしら」
翆「ほら雛苺、そこで伸びてる奴連れてくるです。さっさと撮り直すですよ!」
雛「ういー」ズルズル

TAKE2
真「嘘だわ!!」
ジ「ひでぶ!」ずどーん。
水「あらぁ?今真紅は動いて無いわねぇ」
翆「でもジュンは吹っ飛んだですよ?」
金「ちょっとマネキン置いて検証するかしら」
薔「・・・はい、等身大ジュン人形・・・」
雛「ばらしーナイスなの!」
蒼「(ていうか、何で持ってるんだろ・・・)」

特別TAKE
真「嘘だわ!!!」
ぼっかーん。パラパラパラ・・
金「首が飛んだかしら」
雛「腕も脚ももげたのー」
翆「胸に対する怒りの力ですかねぇ?」
水「真紅ぅ・・あなたそこまで頭にキてたのねぇ・・」
薔「・・・怪物並」
真「ちょwwww」
蒼「仕方ないから二人別々に撮って合成しよう」
水「そうねぇ」


ジ「(誰か・・手当して・・)」 


真「美乳の良さを教えてあげるから・・・ここを開けて?ねえ・・・ねえ!?」
バキャッ!!
ジ「(ドアノブが・・もぎ取られた!?)」
真「さあジュン・・・お家に入れて?ねえ・・・いいでしょう?」
メギ、メギャ、メギョ・・・
ジ「(ドアノブが・・握り潰されていく!?)」
真「どうして黙ってるのかしら?何も言わなかったら・・・解らないでしょうが!!!」
ブチン!!ボト、ボト。
ジ「うああああああ!!!出てけよおおおおおお!!!!」

水「いいわぁ、二人とも!迫真の演技よぉ!!」
雛「目が血走ってるのー!」
金「鬼気迫ってるかしらー!」
翠「腕を上げたですねー!」
薔「どう見ても修羅場です。本当に(ry」
蒼「いやいやいや!絶対アレ演技違うって!セットも壊してるし!早く助けないとジュン君がっ!・・・あ」
ざく、ぶしゅー・・・・
水「あらぁ?私達にドッキリまで用意したのぉ?」
雛「赤い噴水綺麗なの~」
金「傷口もリアルかしら~」
翠「手の込んだ事しやがるですぅ~」
薔「どう見ても惨劇です。本当に(ry」
蒼「すいませーん。救命救急病院の手配お願いしまーす」


ジ「な、なんだよ真紅!?その茨のムチと鉈と日本刀とノコギリとチェーンソーとハンマーとダンベルと文鎮は!」
真「あなたは・・はぁ・・わたしに・・はぁ・・言いたい事が・・はぁ・・あるんじゃなくて!?」

水「ちょっと真紅~?セリフはもっとハッキリきびきび言いなさぁい。はい、やり直しぃ」
蒼「ねぇ水銀燈?真紅が君の楽屋のヤクルト飲んじゃった事まだ怒ってるの?もう許してあげなよ・・・」
翆「鬼ですね」
金「かしら」


真「ベジータのように美乳萌えになるのだわ!!」
ジ「なんだよ!その浣腸器は!?やめろおおお・・はひん!ら、らめぇ・・んっ!・・ああ!」
真「ここね?ここがいいのね!?さあもっと喘ぎなさい!この変態下僕!」
ジ「め、目覚めるぅうう!戻れなくなるぅうう!!」

水「素晴らしいわぁ。これこそ究極の愛のカタチよぉ!うふふ・・水銀燈も混ぜてぇ~」
薔「おーっほっほっほ・・・女王様と御呼び・・・」
ベ「なんだこのエデンは!俺達も混ぜてくれ!!」
白「ハアハアハアハア」

蒼「・・・」


翆「え?気が付いたら全員叩き切ってたですか?まったく、少しは自重するですぅ。治療費もバカにならんですから」

|