※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
荊の蔓は、飽くことなく雪華綺晶に絡みつき、締めつけてくる。
彼女の細い身体を、幾重にも縛りあげて、容赦なく棘を突き立ててきた。
まるで――
そう。まるで肉食獣の牙の如く、雪華綺晶の柔肌を裂き、溢れ出る血を貪ってゆく。

「やっ……いや……っ、痛ぃ…………や……めて……ぇ」

ぎちっ、ぎちっ、ぎちっ――
雪華綺晶の、涙を流しての嘆願も、荊の縛めを緩めさせるには至らなかった。
ばかりか、彼女の肉体に根を張り巡らさんばかりに蔓が軋めき、更に食い込んでくる。
鮮血に染められた衣服が限界まで捩られ、音を立てて引き裂かれていった。

「お……願……い。もう…………許…………く、ふぁ」

遂に、蔓が頚に巻き付いて、喉を圧迫し始めた。
このまま、死ぬ? 夢の中で、訳も分からないまま、殺されてしまうの?

――死にたくない! こんな死に方はイヤ!
雪華綺晶は、あらん限りの力で、荊の蔓を引きちぎろうと試みた。
だが、その抵抗も、徒に傷を広げ、体力を消耗したに過ぎなかった。
もう逃れようがない。落胆と絶望に、項垂れることしか出来ない。

私は、死という荊に捕らえられた。助かる術は、万に一つも無い。
ならば、抗っても苦痛が長引くだけ。雪華綺晶は瞼を閉ざして、闇に身を委ねた。
……いつしか、噎せ返るような薔薇の芳香が、辺り一面に立ちこめていた。



  第六話 『Shapes Of Love』



「――っ! ――っ!」

どこからか、女の子の声が聞こえる。とても良く通る声で、誰かを呼んでいる。
無に浸っていた雪華綺晶は、その声に名を呼ばれて、個であることを思い出した。
そして、徐に……悪夢の世界から、現実という真実への道筋を見出し――
いきなり頬に走った痛みで、速やかなる帰還を果たした。

「…………痛ぁい」

絞り出した声は、別人が話しかけてきたのかと思うほどに、掠れている。
乾ききった喉がズキズキ痛くて、雪華綺晶は端正な顔を顰めた。
ひどく身体が怠い。ちょっとだけ頭も痛い。
それに、寝汗を吸ってジットリと湿った肌着も、気持ち悪かった。

眠っている間、ずっと全身を強張らせていたのだろうか。
くっついたように開かない瞼を擦るべく、上げようとする腕も、鉛みたいに重たい。

疲れを癒すために眠ったのに、寝疲れるだなんて……おマヌケもいいところだ。
雪華綺晶は自嘲する余裕もなく、鬱々と、瞼をこじ開けた。
すると――

「ああ……目を覚ましたのね、きらきー。よかったの、ホントに」

窓から射し込む月明かりの中に、雛苺の泣き笑う顔が、青白く浮かび上がった。
よかった。雛苺は囁いた言葉どおり、安堵の微笑みを、唇と目元に湛えている。
雪華綺晶は、使用人に宛われた小部屋の、粗末なベッドに横たわっていた。

「すっごく魘されてたのよ。あんまり苦しそうだったから、ヒナね……
 きらきーが死んじゃうんじゃないかって、本気で心配したんだから」


怖い夢、見たの? 雛苺の問いかけに、こくん――雪華綺晶は頷いた。
本当に、ひどい夢だった。不可解でありながら、やけに現実的な悪夢。

鋭い棘が、身体中に突き刺さってゆく感触が、まだ……生々しく残っている。
血を吸い取られていく喪失感も、首を圧迫されて鬱血する顔の膨張感も。
そして、皮膚を突き破って体内に侵入してくる荊の、おぞましささえも。
もし、あのまま雛苺が呼び覚ましてくれなかったら――
そう思うと、雪華綺晶は身体の芯から湧いてくる戦慄きを、抑えきれなくなった。

「痛くて……苦しくて…………とても、怖かった。とても……」

横たわったまま、両手で顔を覆い隠した雪華綺晶の身体が、小刻みに震えだす。
押し殺した嗚咽が、彼女の指の隙間から、しくしくと浸みだしてくる。

「大丈夫なのよ、きらきー」雛苺は穏やかに言うと、小柄な体躯をめいっぱい広げて、
徐に、幼子のように怯えている雪華綺晶に覆い被さった。
雪華綺晶が「えっ?!」と、涙声で驚きを表したが、キニシナイ。

「朝がくるまで、ヒナが一緒に寝てあげるから。ね? もう怖くないの」

ありがとう。その想いは、嗚咽に邪魔されて、巧く言葉に出来ない。
だから、雪華綺晶は仕種で表現した。雛苺をギュッと抱きしめて……
恐怖による涙を、感謝のための涙に変えて、雛苺の柔らかな頬にキスをした。

「きゃ……くすぐったいの~。もぉー。ヒナも仕返ししちゃうのよー」

雛苺も、雪華綺晶の涙に濡れた頬を、ちゅっと啄んだ。
なるほど、くすぐったい。背中がムズムズして、雪華綺晶は身悶えた。
二人はクスクス笑いながら、ベッドの中で戯れ続けた。眠りに就くまで……ずっと。


  ~  ~  ~


夜が明けて、いつもどおりの一日が始まる。
雪華綺晶は、いつもどおりに屋敷での雑務をこなしていった。
漏れ聞こえるピアノの旋律に合わせ、上機嫌にハミングしながら。

昨夜の悪夢のことなど、すっかり忘れていた。夢なんて、所詮そんなものだろう。
どれだけ印象深かろうと、夜が明ければ消えてゆく運命の、朝霧に等しい。


――今日は、いつになく雑用が少ない。
手空きになった雪華綺晶は、ふと気まぐれに、ピアノのメロディを辿りはじめた。
どんどん、音が大きくなって行く。サロンから聞こえてくるようだ。

重厚なドアを少しだけ押し開けると、より一層、明瞭な音が彼女を出迎えた。
明るくて広々した室内に、グランドピアノが据え置かれている。
それを演じているのは、降り注ぐ陽光を浴びて神々しく輝く、ブロンドの乙女。

「……マスター」

邪魔しないよう、そっと呟いた雪華綺晶の声は、奇妙に熱っぽく上擦っていた。
なんて素敵……その想いが、彼女の胸の中に谺する。
コリンヌと出会えたこと。彼女の側に居られる僥倖。ああ、素敵すぎる……。

――不意に、雪華綺晶を魅了していたピアノの音が止んだ。
いけない。ぼうっとして、気付かない内に、マスターの邪魔をしてしまった。
我に返って、ドアを閉ざそうとする彼女を、コリンヌの澄んだ声が引き留める。
「こっちにいらっしゃいな、雪華綺晶。ちょっと、貴女に話があるの」

なんの話だろう? 雪華綺晶は、後ろめたさを引きずりながら、ピアノの側へと歩み寄った。





  第六話 終


 【3行予告?!】

恋人よ。半年が過ぎ……逢えないが、泣かないでくれ――
彼のくれる手紙は、どんな内容であれ、わたしの大切な宝物。
だから、大好きな本の、大好きなページに挟んでおいたの。

次回、第七話 『今でも・・・あなたが好きだから』
 
|