※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

   『金糸雀堂』


大きな草原の真ん中に小高い丘がありました。
丘の頂上には大きな大きな木が一本、木の下には小さなお店がありました。
お店の名前は『金糸雀堂』。

今日はどんなお客さんがくるでしょう?


    その5

 今日は曇り。
ドライアイスの様に冷たい霧で全て真っ白、何も見えません。
準備をして待っていると、トントン・トントン、お客さんが来たようです。

ドアを開けると大きなリュックを背負った、金髪に碧色の目をした女の人が立っていました。

「こんにちは。何方かいますか?」
「いらっしゃい、貴女を待っていたかしら。」
「私を待っていたの?」
「だからおやつの準備をしておいたかしら。」

荷物を置いてもらい、苺大福とお茶を出してきました。 

「さてさて、貴女の探し物は何かしら?」
「探し物?」
「ここは『金糸雀堂』。答えを探す人が迷い込んでくるところ。なにか悩んでるから貴女はここに来たかしら。」
「難しくてこんがらがりそうなの…」
「さあ、何をお探しでしょう?」
「私は世界を巡って絵を描いてるの。でも、最近満足いく絵が描けないのよ。…そう、私、絵の題材を探しているの。」

それを聞くと立ち上がって壁に掛かっている扉の絵に近づいて。

「そこの棚からノブを1つ選んで持ってくるかしら。」
「どれも素敵な色ね。ん~と…この色にするのよ。」
「この絵にはめて回しなさい。」

女の人は恐る恐る絵にノブを差し込み回しました。

ガチャリ

絵の扉の先はガランとした部屋になっていました。
空虚な中、壁に1枚の写真が額縁に収められて飾られています。

写真の前に立ち、今までと打って変わって真剣な目で見つめると。

「…凄く人を惹きつける女の子なの。私…この子をモデルに描いてみたい…」
「写真、お買い上げかしら~♪」
「えっと、お幾らなの?」
「ん~あのリュックに付けてたリボンはダメかしら?」
「リボン?う~ん、友達から貰ったリボンなんだけど…貴女友達によく似てるの。うん、貴女にこのリボンつけて欲しいわ。」



女の人は写真をリュックに詰めてまた会いましょうと言いました。
深い霧に薄れていく後ろ姿を見送ると、今日は店じまいです。

「どこかで見たような気がする…」

つぶやくとリボンを見つめました。
古ぼけていますがとても懐かしく、同じ物を誰か親しい人がつけていたような気がします。

「一体誰がつけていたかしら?」

そう言うとパタンと扉が閉まりました。


つづく…?

|