※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


蒼星石「ジュン君いるかな…あれ、薔薇水晶の声が…」
薔薇水晶「ジュン…もう入れてもイイ…?」
ジュン「ま、まだダメだ」
蒼星石「!!?」
薔薇水晶「大丈夫だよ…もうこんなに硬く。」
ジュン「お、おい、まだダメだ…ああ!」
蒼星石(な、な、二人でなにをして・・・!?)
薔薇水晶「わぉ……熱い…」
ジュン「あっあっ…!そんな激しく……!」
蒼星石(ぼ、僕だって!!)


蒼星石「ジュン君!薔薇水晶僕も混ぜ・・・美味しそうなお鍋だね」



ジュン「蒼星石も食べるか?皿と箸はあるぞ」
蒼星石「あ、どうも…」
薔薇水晶「鍋は大勢が楽しい…あ、お肉」
ジュン「まだ半生だ!豚肉はちゃんと火を通せといってるだろう!あ、かき回すからトーフが崩れてきた!くそぉ!!」
薔薇水晶「ジュン……鍋奉行」
蒼星石(……orz)





蒼星石「前回はつい勘違いしちゃったけど・・・今度はそうはいかないさ」


雪華綺晶「ジュン君…もう我慢できません…」
ジュン「お、おい、まだ準備が…あ…」
蒼星石(またか・・・だけど今度は!)


蒼星石「ジュンく…」


ジュン「うわぁ!そ、蒼星石!?」
雪華綺晶「きゃ・・・!?」


蒼星石「え?あ、お、お邪魔しました!!」


蒼星石(ほ、本当に…やって…あ、ああああああ!!!)




蒼星石「ていう夢を見たんだ…」
金糸雀「…そ、そうかしら…(なんでカナに言うかしら…)」






蒼星石「勘違いに夢…そうだよね、ジュン君が僕以外に…」


翠星石「ずいぶんと溜まってやがりますね」
ジュン「あ…これは、その…」
蒼星石(!!!!、す、翠星石!?)


ジュン「しょ、しょうがないだろ…あ、やめ…!」
翠星石「ジュンがダメダメだからですぅ」
蒼星石(お、襲うときは大抵双子一緒に襲うじゃないの!?)


ジュン「や、やめろよ…!」
翠星石「あ、だ、ダメですぅ、あんまり激しくすると、破れ…ああ!!」
蒼星石(や、破るって!?ジュ、ジュン君!!)


蒼星石「ジュン君!僕も始め…掃除手伝うよ」


ジュン「ああ、ありがとう蒼星石。いやー使い捨てカイロって不燃だっけ可燃だっけ?こんなに使用済みのが溜まっちゃてさー」
翠星石「それぐらい自分で調べろですぅ。…それにジュンが乱暴にしるから袋が破けちまったですぅ!」
蒼星石「ホッカイロね、使用済みが溜まってたんだね、袋が破れちゃったんだね…はは…」
蒼星石(……orz)




蒼星石「ホッカイロにだまされるなんて…僕って一体…」


ジュン「痛てて…雛苺の奴…」
蒼星石「ジュン君どうしたの?」
ジュン「それがさぁ…雛苺と寝たんだけどさぁ」
蒼星石(ひ、雛苺と、寝た!?一緒に!!?)


ジュン「雛苺の奴激しくて…」
蒼星石(は、激しい!?何が!!?)


ジュン「ずっと前も一緒に寝たことあるんだけど、そのときも上になったり下になったり」
蒼星石(↑!?㊦!?そ、そんな…!!?)


ジュン「気付いたら顔の上に乗ってたり」
蒼星石(が、顔面!?)


ジュン「ほんと寝相が悪くて困」
蒼星石「ふ、不潔だよ!バカぁぁぁああああ!!!」
ジュン「亜w背drftgyふじこlp;@「:」



ジュン「な、ただ雛苺が寝相悪いって…言っただけな…のに…ガク」




蒼星石「この前は勘違いでジュン君に酷いことしちゃったなぁ…はー…」


ジュン「ちょ、俺もう限界…」
水銀燈「あらぁ~?だらしないわよぉ?」
真紅「そうなのだわ、私はまだまだなのだわ」
蒼星石(な!?真紅に水銀燈!?一体なにをやって!?)


水銀燈「私はまだまだ物足りないぐらいよぉ」
ジュン「お、俺はお前等と違ってタフじゃないんだよ…もう帰る」
真紅「だめよ、最後まで付き合ってもらうのだわ」
ジュン「いや、もう無理だって、やめ…ああ!」
蒼星石(そ、そんな枯れるまでなんて…!ぼ、僕だってジュン君を…!!!)


蒼星石「ジュン君!僕も…って、熱!?」


ジュン「そ、蒼星石・・・助けてくれ…」
水銀燈「そりゃサウナだもの、熱いわよぉ」
真紅「水着の私たちだって熱いんだもの、そんな厚着の貴女には無理よ」
蒼星石「じ、自家用サウナ…」
真紅「そうよ、水銀燈とどっちが我慢強いか勝負してたの、ジュンに立会人して貰って、ね」
水銀燈「それなのにジュンが一番早く根をあげるんだものぉ。ちなみに勝った方がジュンとデートよぉ」
蒼星石「!!!!!僕もやろう!!!(バッ」
ジュン「…!そ、蒼星石!み、水着着ろって!!!」
蒼星石「え?あ!きゃあああああ!!!」
水銀燈「大胆ねぇ…」




蒼星石「あう…ジュン君に裸…見せちゃった…恥かしいよぉ…」


金糸雀「あ、ジュ、ジュン…ストップ、かしら…!」
ジュン「ダメだ…もう少し…!」
蒼星石(か、金糸雀!?想定外だよ!!!)


金糸雀「も、もぉ…意地悪かしら…!ああ!!」
ジュン「だって、もう少しで…なんだ…!!」
蒼星石(こ、これはやっちゃたの!?やっちゃたの!!?そんな!!!!)


蒼星石「だ、だめええ!!!」


金糸雀「あーん!みっちゃんー!負けちゃったかしらー!!」
ジュン「ふう、俺の勝ちだな」
金糸雀「はめ技なんて酷いかしらー…」
ジュン「勝てば官軍だよ、お、蒼星石。やるか?」
蒼星石「え、あ、うん、けど格闘ゲームなんて久しぶりだな…orz」





蒼星石「今までは空回りばっかだったけど!今回は!!」


薔薇水晶「ジュン・・・おいしい?」
ジュン「ああ、これ薔薇水晶が作ったのか?上手だな」
蒼星石(あ、ジュン君…ぼ、僕だって!!)


蒼星石「ジュ、ジュン君!これ食べない!?」
ジュン「うん?これは…ホットケーキか?ありがとう、貰うよ」
蒼星石「う、うん(が、頑張ったんだけど…どうかな…?)」
ジュン「いただきまーす………」
蒼星石「ど、どう?」


ジュン「すごく…個性の有る味だよ」



              __ ,-―===--===‐- 、 __
              く必}廴__     _,   _..≧f必}ア三ニ=
         -=ニ三竺勹    ̄ ̄   「   `ヽヽメ≧≒=-
         ,イ必ナ /    ,,  / ;  |     、 Y^ヾ\
        厶斗/  /   〃  l|  !   |  、  ', l  ヾ ヽ.
            〃/  /     ||  l| i| | !|!  :  |¦   ヽ ヽ
        〃/  / ! ! ヽ、l|  l|}i| | |∥ !i :  j  !    〉 }
         〃/  ,′| | ¦`ヽ、jjハ|| ! }i|||¦i i :   ハ     /
       {L{..__,′{ { {_j_j_L≧xl|{ j}、ji||||| |}l ,′ . //
.       `¬7メ、、 \云=弌从メ≪卅ナナノノ从ハ   ∨/
          ,′}ハ i  il}{戈::::!:::}  ヽ≧≪j乂i| |ハ  / /
          ,′ノノ }i  i 从   ̄  、 `~フノ| i| ¦  y /ハ
         ,'/ / i  l/jl|ヽ、  、_,  ナ| i| i  / / ハ
         / / i| i i¦l| j}>。、   ィァ| i| ¦ { { / ハ
       // __」..⊥.i.=fjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfj=.i:i _≧ニニミ、
     /〃,'   ハ  |                |ノ´   /)メ
     `≒=、 { ヽ、 _ |                .|  -‐ f´}//∧
        ,'\\  )|   個性のある=不味い    | _/ _// ハ
       ,′ ヽヽ r‐┴、            ./´ヽ  _// / ハ
       ,′   ノノノ(`ー、ヽ           / /ヽ} {{_  ハ
.       ′ // r'ー-、 ゝ',         (_.//  |彡≒、`ヽ/ ∧
.    ,′//   〉-..__`゙)          ゝ-´__ -' }=ヘ. 〉 }/∧



蒼星石「( ・∀・)
      ( ・∀・:;.:...
      ( ・:;.:...
      ( :;.:...
      :::;.:...


ジュン「そ、蒼星石いいいぃぃぃぃぃいいい!!!!???」



暴走娘蒼星石~完~




暴走娘蒼星石~外伝~


蒼星石「今日こそジュン君を…」


梅岡「ダメだよ動いちゃ!」
ジュン「そ、そんなこといわれても…い、痛…もっと、やさしく…!」
蒼星石(ゲ、ゲゲッゲゲ、ゲイ!?そんな!!僕だって男っぽいのに!!!)


梅岡「しょうがない、無理やりにでも…」
ジュン「ああ!!だ、ダメだって…あ…で、出る…!」
蒼星石(は! 【助ける→僕とジュン君ラブラブ】 こ れ だ !)


蒼星石「梅岡!君のそれを切り落として…なにしてるんですか?」


梅岡「うん?ああ、蒼星石か、それが保健室の先生がいなくてさ…」
ジュン「足の裏の水まめに穴あけて貰ってたんだ」
蒼星石「そ、そう…あ、僕が代わりましょうか…?」
梅岡「お、悪いな、これからちょっと会議があるとこだったんだ、それじゃあ頼んだぞ」
ジュン「それじゃあお願いするよ、蒼星石」
蒼星石「…う、うん!!(イィィィィィィッヤホォォォォォ!!)」



ガチャ



保険の先生「あら、どうしたの、怪我?」
蒼星石「(´・ω・`)」





蒼星石「前回はいいところで邪魔が入ったけど…こ、今回こそ!!」


笹塚「いいよ…ジュン…」
ジュン「そうか…」
蒼星石(ま た か !!)


笹塚「すごく…気持ち良い…」
ジュン「うん…?すごい固いな…?」
笹塚「ちゃんと解してくれよ…」


笹塚「次は僕がやってあげるよ」
ジュン「笹塚のは痛いんだよなぁ」
笹塚「そのうち良くなるって」
蒼星石(ふ…パターンからいってマッサージだ!!もうだまされないぞ!!)


ジュン「あ、いった…」
笹塚「うん、すごく…」
蒼星石「ちょっと、い、『いった』って何が!!!!」


ジュン「ほら、イチローの打った球が…」
笹塚「ホームラン行ったね」
蒼星石「結局こうなるんだ…orz」







蒼星石「きょ、今日こそ!今日こそは!!」


ジュン「おいこらベジータ!あんまり引っ付くな!!」
ベジータ「なにを!お前ばっかりモテやがって!お前のフェロモンを俺にも分けろ!!」
蒼星石(!!!…い、いや、ふざけてるだけだ…そうだ、きっと…)


ジュン「うわぁ!や、止めろって!あ、や…!」
ベジータ「何をいう、親友じゅないかあああ!!」


蒼星石「いい加減にィィィィ!!!」


ジュン「そ、蒼星石?」


蒼星石「ぼ、僕だって、そんな風にじゃれあいたいのに、人が我慢してるのに!!」
ジュン「………そうか」



蒼星石「ジュン君…?」
ジュン「蒼星石、君の気持がいまわかったよ」
蒼星石「え、それじゃあ…!?」
ジュン「すまないな、君とベジータの仲を邪魔して!」
蒼星石「ええええええええええ!!??」
ジュン「僕達は親友だからな!恋の相談でもなんでも聞くぞ!」
蒼星石「あ、あのね、ジュン君僕はね?」
ジュン「さてと、お邪魔虫は退散するか…応援してるぞ!二人とも!」
バタン
薔薇水晶「ジュン…一緒に遊ぼ?」
ジュン「ああ、いいぞ、何しようか?」


蒼星石「ちょ、待って!ち、違うよ!なんでそんなに明後日の方向に考えが言っちゃうの!?」
ベジータ「蒼嬢…すまない、今まで君の気持に気付けなくて…」
蒼星石「な、なんでこうなるのーーーーー!!?」


暴走娘蒼星石~外伝~完~

|