※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いつもと変わらない日々。

翠「ちび人間、お昼食いに行くですよー。」
ジ「あぁ、今行くよ。」

いつもと変わらない彼。

翠「今日は翠星石のスペシャル弁当ですぅ♪」
ジ「相変わらず上手そうだなぁ。」
翠「上手そうじゃなくて、上手いんですッ!!」

友達以上、恋人未満。

ジ「じゃ、その上手い弁当を頂きますか。」
翠「味わって食いやがれです♪」

そんな今の関係が、幸せだった。 

ジ「パクッ……うむ、やっぱり姉ちゃんの料理にも匹敵するなぁ……」
翠「のりの料理にですかぁ!?……あ、当たり前です…ッ!」

でも…、この前見てしまった。

ジ「特にこのハンバーグ。僕の好みの焼き加減だな。」
翠「ふん、感謝するですよ?」
ジ「はいはい。」

彼が、他の女の子に笑顔を向けているところを……。

ジ「翠星石は食べないのか?僕が全部食べちゃうぞ?」
翠「なッ!?た、食べるですよッ!」

その女の子は、彼の幼馴染みで

翠「あー…ん♪やっぱり翠星石の作った弁当は最高ですぅ♪天下一品ですぅ。」
ジ「自分でそこまで言うか…?あ、こら返せ!!」

笑顔を向けるなんて、当たり前なのに……。

翠「そんな事言う奴は、食べる資格なんて無いですぅ。」
ジ「なッ!?返せ僕の卵焼き!!」

どうしてかな?

翠「3回回ってワンと鳴けです。そうしたら返してやらん事も無いですよぉ?」
ジ「な、なにー!?誰がそんな事するか!!」

すごく、辛い。

翠「ほれほれ♪どうするですぅ?」
ジ「くッ……こ、この性悪めぇ……」

涙が溢れ落ちそうになってしまう。 

ジ「こうなったら力付くで……!!」
翠「な、何するですかぁ!?」
ジ「僕の卵焼き返せ!!」

あ、……ひょっとして……

翠「うぅ~…ち、ちび人間の分際でぇ~!!……パクッ」
ジ「あーー!?僕の卵焼きーー!!…って…!?お、お前……」

この気持ちが………

翠「いっひっひ…♪お前の卵焼きはもう翠星石の中です。ざまぁ見ろです♪」
ジ「そ、その卵焼き……」



ジ「ほ、僕の食べかけ………」
翠「…………へっ?」

この気持ちが恋なんですか?

|