※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

死にネタですので、苦手な方はスルーをお願いします。


彼の仕事がやっと軌道にのってきた頃だった。
毎晩毎晩、徹夜で服のデザインして、縫い物をして、やっと認められるようになった頃だった。
私のお腹のなかに、ずっとずっと、待ち続けていた赤ちゃんがきてくれた頃だった。
本当に、いい事続きで、神様に守られているんじゃないかと思っていた頃だった。

でも、ジュンが、死んじゃった。

よそ見運転の車に撥ねられて、打ち所が悪くて、死んじゃった。
あなただけは、こんなことにならないと。
わたしたちだけは、神様に守られていると。
これから、幸せな生活が始まると。
信じていた、矢先だった。
私は泣いた。泣いて泣いて泣いて。
食事も摂らず、寝る事も忘れ、泣き続けていた。
妹に電話で泣きついていた。
「どうして!? どうしてジュンが死ななければならなかったですか!」
「…」
「翠星石も、ジュンも、何にも悪い事はしてなかったです!」
「…」
「二人で、幸せになろう、って言ったのに!」
「…」
「ジュンはまだこの子の顔も見てないです! この子も父親のことを知らずに育つです!」
「…」
朝も昼も夜もなく、不平不満をぶつけ続けていた。
彼女に電話が通じなくなるのは、そう遅くはなかった。
私は、本当に一人になった。

彼の葬儀の日。
太陽は憎らしいほど高く昇ってて。
日光の照りつけるところには、人がいなくて。
コンクリートから、もうもうと熱気が立ち込めていて。
私と、彼と、二人っきり。
「これが、最後のデートですね」
自分で言ってて、泣いてしまった。
彼の顔は隠されていて見えない。きっと損傷が酷いのだろう。それにこの季節だ。腐っているかもしれない。
棺は固く閉ざされていて、開かない。
最後の顔すら、見せて貰えない。
「さようなら、ジュン」
私は泣いた。
彼に抱きついて泣いた。
まるで赤子のように泣いた。
何もない駐車場に私の泣き声が響いた。みっともない。
私が彼の胸で泣くとき、彼は私の頭を撫でてくれた。
優しく、優しく、撫でてくれた。
今、私の頭に触れているのは、冷たい金属の縁。温かかった、彼の手ではない。
それがとても悲しくて、涙がとまらなくて。
「ひぐぅッ…ジュン…! ジュン…!」
ただただ、泣き続けていた。
私はそのまま崩れ堕ちた。

―――――翠星石。
なんだろう、わたしのなおよぶこえがきこえる。
―――――さぁ、立って。泣くのをやめて。お前の身体は、ひとりだけの身体じゃないんだぞ。
あったかい。なつかしい。やさしい。あなたわだあれ?
―――――君のことが大好きで大好きでたまらなかったモノだよ。
ジュンなのですか? ゆめのなかでならまたあなたにあえるのですか?
―――――あるいはそういうこともあるかもしれないね。
ならわたしわずっとこのなかにいるです。
―――――僕はそんなことは許さないよ。僕はお前たちに強く生きていて欲しいから。
わたしわジュンのそばにいたいです。ジュンといっしょにしあわせになりたいです。
―――――聞いて。僕はもう死んでしまったんだよ。幻と一緒だ。それに僕はずっとお前たちと一緒だよ。これからも。
どうしてそんなことがいえるですか。あなたわもういないんでしょう?
―――――これ、僕の骨。ちょっと失敬してきた。人差し指の骨だと思う。これが僕。
…あったかい、です。
―――――これを、僕を、お前が離さない限り、僕はお前たちを守ってやれる。傍にいられる。はい、これ僕の娘のぶん。
…このこわ…おんなのこなのですか?
―――――そうだよ。お前に似て、美人でしっかりしたいい子に育つんだ。
……
―――――この子を立派に育てるのは、お前の仕事だ。さぁ、行くんだ。
…また、あえますか?
―――――お前がしっかりやってれば、また会えるよ。絶対。
じゃあ、わたし、がんばるですよ。
―――――その意気だ。さあ、行って。

目を覚ます。
まくらのシーツがぐっしょりと湿っていた。
何だか不思議な夢を見た気がする。
手には、何か固いものを握っていた。
石ころのような、灰の塊のような。少し温かい何か。
「大切にしますよ。ジュン。」
ベッドから重い身体を起こす。

ジュン、ジュン、聞こえますか。
今日から私は強くなりますよ。
もう泣きません。
もう惑ったりしません。
生まれてくる、この子の為にも。
死んでしまった、ジュンの為にも。
私は立って、歩き出します。
二度と、倒れたりなんかしません。
だから、ジュン、天国から見ていてくださいね。翠星石の生きる姿を。
自慢してもいいですよ。立派な嫁がいた、って。
そしてたまには遊びにくるです。
絶対、絶対、二人で元気にやってますから。
あなたの席はいつでも、空けておきますから。


|