※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

春~雛苺~


凍てついた大地に風が吹き、眠る命を呼び起こす。
木々は芽吹き暖かい日差しを受ける。
鳥達は舞い唄う。
“春が来た、春がやって来た”
満開の桜の下で笑う少女、雛苺。
始まりを告げる花弁を手に、旅立ちを見送る。
出会いと別れ、涙を零し、それでも笑える強さ。
だからこそ、その笑顔は何よりも優しく力強い。


春~雛苺~ 



夏~翠星石・蒼星石~


命溢れ、緑溢れる季節。
空は蒼く、雲はどこまでも続いていく。
草原は緑に覆われて灼熱の太陽が見下ろす。
一本立つ木、広げた枝に葉を繁らせて日差しから双子を守る。
指を絡ませて眠る姿、魂を分けた2人の想いは太陽ですら温いほど。
人々は思う、終わらない夏を。
双子は想う、終わらない愛を。


夏~翠星石・蒼星石~ 



秋~金糸雀・真紅~


全てが美しい色彩に染まる。
金色の葉が降り注ぐ中、風が葉を巻き上げ作り出す一筋の道を、小さな日傘が行く。
少女は落ちてきた葉を手にとり胸に抱く。
口ずさんだ唄で聴く者の心を魅了して癒やしながら。

紅蓮の紅葉が咲く中に、気高く咲く紅い薔薇の少女。
燃えるような色の中に佇む少女は憂いをおびる。
誰の為か涙を流し、それでも前を向き、その歩みは止まらず。
道は険しくとも意志は変わらず、高みを目指して。


秋~金糸雀・真紅~ 



冬~水銀燈・雪華綺晶~


冷気が全てを拒絶する白銀の世界。
佇む少女は全てを拒み、その命は只一人の為に捧げられる。
孤高と孤独は紙一重。
求める者は遠く、全てを捧げなければ届かない。
少女は白い闇の中、一人涙する。

それは舞い降りる白い雪。
さ迷う者に優しく降り注ぎ、永遠の眠りへ誘う。
魅入られたなら逃れる事は出来ず、安らかな夢物語に終わりなど無く。
眠る体に凍てついた根を伸ばし、銀の結晶のごとき花を咲かせ、語り部の少女は笑う。


冬~水銀燈・雪華綺晶~

|