※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

金糸雀の失言

金「じゃあジュンとお買い物してくるかしら~♪」
み「…そう。」
金「みっちゃん?どうかしたかしら?」
み「カナ…最近ジュンジュンと遊んでばっかりだよね?
たまには私にも構ってほしいな…」
金「そうかしら?」
み「うん…みっちゃんちょっと寂しいなぁ。」
金「ならみっちゃんも彼氏作ればいいかしら~♪」

…空気が凍り付く

み「………そんなの…」
金「へ?」
み「そんなの、出来りゃ苦労しないわよぉおおおおおおおおおお~う!!」
『ガシャーン!』
金「ひぃっ!?」
み「うわぁぁぁあああああああああああああん!!」
『ガシャーン!パリーン!!』
金「み、みっちゃん、ごめんかしら!カナが悪かったから落ち着いてかしら~!!」
み「びぇえええええええええええええん!!」



金「みっちゃんの職場には出逢いはないのかしら~?」
み「へ?」
金「だって、みっちゃんみたいな素敵な人ならアプローチをかけられてもおかしくないかしら~。」
み「……ないわねぇ。」
金「どうして?」
み「私の職場に素敵な男性なんていないし第一おじさんばっかで恋愛対象には見えないもの。」
金「ふぅん…じゃあ合コンとかは?」
み「産まれてこの方したことがないわ…」
金「じゃあ…男の人と話せるような場所とかはないのかしら?」
み「……コミケとか…」
金「……」
み「アニ○イトとか…とら○あなとか…」
金「…他には?」
み「…メロン○ックス……」
金「……」
み「……」
金「みっちゃん…その……ごめんなさいかしら…」
み「謝らないで……余計惨めになるから。」



み「勝負よ!?ジュンジュン!!」
ジ「……いきなり部屋に入ってくるなりどうかしましたか?」
み「勝負よ勝負!貴方に決闘を申し込むわ!」ビシィッ!
ジ「はぁ…とりあえず…金糸雀が関係してますね?」
み「そうよ!あれは昨夜のこと……」

昨夜…
金「ふんふんふ~ん♪」
み「あら、カナ何してるの?」
金「明日のお弁当を作ってるのかしら。」
み「ふぅん、でもこれ…一人にしては多くない?」
金「うん、今作ってるのはカナのだけじゃないかしら。」
み「!?カ…カナ、まさか…私のために?」
金「うぅん、ジュンに作ってあげてるのかしら~♪」
み「!!?Σ( ̄口 ̄)」

み「…と、いうわけよッ!!」
ジ「…なんか槐さんみたくなってません?」
み「問答無用!いざ尋常にーー!」

『バンっ!』

金「みっちゃん!?」
み「カ…カナ?」


金「もう、せっかく内緒でジュンにお弁当作ってきてあげたのにバラしちゃうなんて酷いのかしら!」
み「い…いや、その…これは…」
金「それに…ジュンに手を上げようなんて、いくらみっちゃんでも許せないかしら…」
み「あ…あぁ、違うの…私は貴女を思って……」
金「そんなみっちゃん…『嫌い』か・し・ら!」

---嫌い…きらい…キライ…Kirai…

みっちゃんの脳内で金糸雀の言葉が反響する…
み「き…嫌い…カナが…カナが……いや…いやぁあああああああああああああああああッ!!」ダッ

ジ「あぁ!ちょっ…!!」
ジュンの制止にも関わらず、みっちゃんは滝のような涙を流しながらジュンの部屋から走り去っていった

ジ「……なあ、少し言い過ぎなんじゃないか?」
金「あのくらいいい薬かしら。
それに、カナはみっちゃんに少しカナ離れして自分の幸せを考えてほしいのかしら。」
ジ「金糸雀…お前、何だかんだ言ってやっぱりみっちゃんさんのこと考えてたんだな。」
金「当たり前かしらぁ♪
さ、それより久しぶりに2人っきりになったんだし…」
ジ「分かってるよ…おいで、金糸雀。」
金「うん♪えへへ…、ジュンの匂いかしらぁ♪」


数日後…
み「ふふっ…私は帰ってきたわ!
厳しい修行を終えた今、今度こそカナを我が元に取り戻してみせるわ!
さぁ!早速ジュンジュンの家にーー」

『ガチャ!』
み「たのもー!」

金「ジュン、あ~んしてかしら♪」
ジ「あ…あ~ん。」
金「どうかしら?」
ジ「あぁ、美味いよカナ。」
金「本当に!?嬉しいかしら~♪」
ジ「ふふっ…これがいつか僕らの家庭の味になるといいな。」
金「!?、も…もう、ジュンったら…気が早いかしらぁ…(///)」
ジ「カナ…」
金「ジュン……んっ…」



み「………」
みっちゃんは自分を完全に無視しながら唇を合わせる2人を見ながらいつまでも涙を流しながら無言で立ち尽くすのであった……。

終劇
|