※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

きみと、ぼくと、日常~ホワイトデー翌日薔薇水晶編~

銀「はぁい、薔薇水晶~」
薔薇「やっほぅ……銀ちゃん」
銀「やっほぉ。で、昨日はちゃんとお返しもらえたぁ?」
薔薇「え?あ……あの………だ、誰から?」
銀「惚けても無~駄。もちろんジ・ュ・ン・か・ら・よっ♪」
薔薇「え………あ……はぅぁ………ふにゅ………」
銀「うふふ~♪もらえたんだぁ~?ん?」
薔薇「……………うん」
銀「私の教えたアレ、上手くいった?」
薔薇「…………うん」
銀「そっかぁ。それじゃ昨日は…………激しかったんだぁ?」
薔薇「っ~~~~!!!??」
銀「あははっ、もぉやだぁ。薔薇水晶ったら顔真っ赤ぁ♪」
薔薇「そ、そそっ!それはっ!ぎ、銀ちゃんがっ………あの………その……アレを……ぅぅぅ」
銀「ふふっ。あらぁ、恥ずかしくなった?」
薔薇「………違うもん」
銀「あは、恥ずかしいんだぁ?本当に薔薇水晶ったら可愛いわねぇ♪うりり~~!」
薔薇「あぅぅ………頭撫ですぎ………」
銀「良いじゃなぁい、親友でしょぉ?うり~~」
薔薇「ふにゅぅ………最近、銀ちゃんいじわる………」
銀「だってからかうの面白いもの」
薔薇「おに………」
銀「あ~、言ったわねぇ?そんな事言うとぉ~~……」
薔薇「あっ!んにゃ!やっ!ぎ、銀ちゃんそこ駄目ぇ……止めてぇ……」
銀「いや。ほらほら~♪」
薔薇「ひゃぅぅ~…………」


きみとぼくと、日常~朝の二人編~

薔薇「…………ん、ふぁ」
ジュ「おはよ、薔薇水晶」
薔薇「おは………んー、ぎゅ」
ジュ「ぎゅ?」
薔薇「朝一番のぎゅ………して」
ジュ「んー……」
薔薇「だめ?」
ジュ「いや、んっと」

ぎゅ

薔薇「ふにぃ……しあわせ♪」
ジュ「はいはい。で、今日はいつまで?」
薔薇「寒いからいっぱい」
ジュ「甘えん坊め」
薔薇「甘えん坊だもん、えへへぇ………うにぃ♪」
ジュ「やれやれ」



きみとぼくと、日常

薔薇「さぶいなぁ……」
ジュ「…………」
薔薇「切ないなぁ………」
ジュ「……………」
薔薇「胸きゅんだよぉ…………」
ジュ「……………」
薔薇「うぅぅ………ジュン無視しちゃやだぁ~」
ジュ「あのね、肩を思いっきり掴まないで揺らさないで。今、来期とる授業の科目決めてるの。少し待ちなさい」
薔薇「やだぁ、後ででもできるよぉ。ぎゅ、して?」
ジュ「駄目」
薔薇「ふにゅぅ………良いよ、ジュンはアタシの事嫌いなんだ、だからそんな事言うんだ……」
ジュ「………はあ。はいはい分かりましたよ、膝枕してやるからそれで良いだろ?」
薔薇「ふんっ!」
ジュ「ったく………」

ぎゅ

薔薇「……………」
ジュ 「これで良いか?」
薔薇「………やだ、許さない」
ジュ「じゃあ、どうして欲しいんだよ?言わないとしないからな」
薔薇「いっぱい愛して………ぎゅってしてちゅーして」
ジュ「仕方ない奴だな………ん」
薔薇「んぁ………んふふ、ジュン好きぃ………」
ジュ「でも、終わったら僕の邪魔はなしな」
薔薇「うんっ。だから今は………ふにぃってしたいよ………ん」
ジュ「可愛い奴だよ、本当に………ん」



きみと、ぼくと、日常

ジュ「ふぁ………昼寝にしちゃ良く寝たな……って」
薔薇「むにゅ………んん……」
ジュ「抱き枕にしてくれるのは良いんだけどなぁ………はぁ」
薔薇「ん………んぁ?あ。おはよ……ジュン♪」
ジュ「はいはい、おはよ。それより僕と一緒に昼寝するのは良いけど何ゆえワイシャツ?」
薔薇「ん~………そそる?」
ジュ「寝る時にいつも見てるっしょ」
薔薇「お昼寝の時はした事ないもん………いや?この格好きらい?」
ジュ「キライじゃないけどさ。いや、昼間からは、ねえ?刺激強すぎ?」
薔薇「いやん、ジュンのえっち……♪」
ジュ「はあ………こいつめ!」
薔薇「わっ!」
ガバッ
薔薇「あぅ……押し倒されちゃった」
ジュ「薔薇水晶がかわいいからな」
薔薇「うぅ、恥ずかしい………」
ジュ「パンツ丸見えなのに?」
薔薇「そ、それは雰囲気的にそういうシチュが良いかなって……思って」
ジュ「ふぅん……薔薇水晶はえっちなんだな」
薔薇「きらい?えっちなあたしはキライですか………?」
ジュ「いいや、どの薔薇水晶も好きだよ。ま、今のは冗談だし」
薔薇「ふにゅ……ばかぁ、ジュンはズルい&&&」
ジュ「はいはい………ぎゅーで許してくれな?」
薔薇「んー………許す♪ぎゅー、して?」
ジュ「はいはい」
ぎゅ
薔薇「ふにぃ&&&えへへぇ、しあわせ♪」



きみと、ぼくと、日常~夕飯編~

薔薇「はい、あ~ん」
ジュ「へ?」
薔薇「あ~ん♪」
ジュ「………どうしたんだ?」
薔薇「あーん、したくなったんだよ?」
ジュ「……はあ」
薔薇「だから、あ~~ん♪」
ジュ「………」
薔薇「あーん………」
ジュ「……」
薔薇「ねえジュン、あーんするの………いや?」
ジュ「いやいや、そういうんじゃなくてさ&&その、なんだ。気恥ずかしくてだな……」
薔薇「あ………えへ、へぇ………うん、なんか嬉しい。うん……ジュン可愛い♪」
ジュ「うるへぇ」
薔薇「えへっ、恥ずかしがらずにあーんするの!あ~ん♪」
ジュ「うっ………あ………あーん」
薔薇「きゃ、ジュンが『あーん』だ♪嬉すぃなぁ♪」
ジュ「はいはい」
薔薇「じゃ、次は私にもしてっ♪」
ジュ「………はは。可愛い奴だよ、ほんと」
薔薇「ジュンに可愛いって言われるの好き♪あーんして………?」
ジュ・薔薇「「あーん」」



きみと、ぼくと、日常~お風呂編~

薔薇「あったかいね♪」
ジュ「そうだなぁ……」
薔薇「向かい合わせだね♪」
ジュ「だなぁ………」
薔薇「昼風呂もたまには良いよね?」
ジュ「だな…………」
薔薇「むぅ……」
ジュ「ん?どうした?」
薔薇「……お風呂一緒なのにつれない」
ジュ「そうか?」
薔薇「うん。………ジュン、あたしそっち行きたい」
ジュ「いや、この状態では………」
薔薇「だめ……?」
ジュ「いや、だからだな……」
薔薇「恋人同士なのに……?」
ジュ「うあ………それ言うのは反則だろ、断れないって……」
薔薇「えへへぇ……♪えっちな事考えた?」
ジュ「ばか。ほら変な事言ってないで。膝乗りたいんだろ?」
薔薇「うん♪………ん………よいしょっと」
ちゃぽ

ジュ「………」
薔薇「引っ付いてると気持ち良いね、ジュンのぬくもりが伝わってくるね♪」
ジュ「そか」
薔薇「にひひぃ。恥ずかしい?照れてる?それとも………えへへぇ♪」
ジュ「うるへぇ」
薔薇「にひひぃ~♪」


きみと、ぼくと、日常~小悪魔編~

薔薇「すぅ………すぅ……」
ジュ「ただいまぁ、今日は泊まるから夕飯の材料………って寝てるか」
薔薇「んぅ……アッガイ………すぅ」
ジュ「はは、アニメ見ながら寝ちまったのか。しゃあない、布団まで……」
薔薇「んにゅ………ん………んぁ?」
ジュ「あ、起きたか?」
薔薇「ん………」
ジュ「あはは、まだ眠い?」
薔薇「ん…………お姫様抱っこ?」
ジュ「まあな。寝るんだろ、布団まで………」
ぎゅ
ジュ「ん?」
薔薇「ジュンも一緒に寝よ?はぐはぐしたい………」
ジュ「晩飯は?」
薔薇「いらない………ジュンが良い」
ジュ「またそういう事を………んむ?」
ちゅ
薔薇「ん………んちゅ……ちゅる………ちゅ………じゅ……ん………ぷはぁ」
ジュ「………………………」
薔薇「えへへぇ…………エロゲで覚えたフレンチキス♪痺れた?」
ジュ「ん……ああ………まあ、その、なんだ。今日は積極的だな……」
薔薇「えへ♪たまには小悪魔になりたいお年頃なんだから。ねえ………お布団いこ?」
ジュ「あ………ああ」
薔薇「えへへぇ………今日はいっぱい愛してね、ジュン♪」
ジュ「ああ……(今日の僕&&止まれないかも)」

|