※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【恋愛百景】真紅探偵事務所
第二話

どうも。真紅探偵事務所の助手です
「あらワトソン君、先に起きていたの?」
「おはようございます…所長…」
「元気ないわね…」
因みに此所は某アパートの一室です
もはや分かりますよね。そう、私達は…
-バタン
あれ?
「ワトソン君! ワトソン君!」
なんで私は天井を…
それに…何だか…寒気が…
……
「…トソン君…ワトソン君…」
「所長…私はワトソンでは…」
「…良かった…」
「所長…私は一体…?」
「急に倒れたのよ…でも、風邪で良かったのだわ…」
風邪…か…どおりで体が怠いと思ったら…
「所長…迷惑かけて申し訳…」
「今日は二人きりなのだから、真紅と呼びなさい」
「いえ、でも…」
唇に冷たい感触…どうやら所長…いや、真紅の指が唇に…
「ワトソン君…貴方は礼儀というものを重く見過ぎているわ。今日ぐらい…私に甘えなさい。これは所長としての言葉ではなく、貴方の幸せな恋人としての言葉よ」
「わかりました…真紅」
「良い子ね」
はい、説明が飛んでしまいましたがつまり、私と真紅は恋人同士という事です
「全く…世話のかかる子ね」
「本当に申し訳ないです…」
「じゃ、私はご飯を作って来るのだわ」
…マジすか…
「なんなの! その絶望した顔は」
…そりゃあそうです。昔、彼女に作って貰ったハンバーグはもはや炭の塊でしたし…
クッキーに至っては…思い出しただけで寒気が…それ以来、彼女を台所に入れてはならないというルールが出来たんです…
「大丈夫よ。もう昔の私ではないのだわ」
「…じゃ…お願いします…」
「私に任せなさい」
…その自信が何処から来るのか知りたいです…


「出来たのだわ」
「…」
…遂にこの時が来ました…
「今回のは力作なのだわ」
…とりあえず観念しましょう…
では…
「「いただきます」」
…あ…美味しい…
「あ…味はどう?」
「すごく…おいしいです…」
「ええ、次はこっちよ…」
そう言うと、真紅はスープを差し出した
「美味しい…美味しいです」
「お口に合って良かったのだわ」
ふぅ…さて、食事も終わりましたし…
「ワトソン君、薬なのだわ」
「薬…嫌いです」
「好き嫌い言わない」
「ならこうするのだわ」
そう言うと、彼女は口の中に水と薬を入れて…
「っぷ…ぷぁ…」
お約束ですね。口の中に流し込みました
「ぷはっ…真紅…風邪が移りますよ」
「どうだって良いのだわ。私も貴方の辛さを知った。それで良いじゃない」
「真紅…」
「貴方…」
私は、中学生の時を思い出しました…
中学生から無鉄砲だった彼女…それに引っ張られる私…
時間がいくら進んでも、変わる事のない日常
「真紅…愛してますよ」
「私もよ…」

第二話・完

|