※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あの世に嫌われているけどじゃいじゃいじゃい


「じゃいじゃいじゃい」

いんとぅーざないっ

「ざっつおーらいっ」

水銀燈「元気ねぇ…入院中なのに…ねぇ…」

「いいじゃないか」

そうよ、じゃいじゃいじゃいよ

水銀燈「あのねぇ…貴女達がJIVE INTO THE NIGHTにハマってるのはわかるわぁ…」

から一緒にじゃいじゃいすればいいじゃないじゃい

「それがいいじゃい」

水銀燈「語尾にまでじゃいがつくなんて…重症じゃいじゃい」

移ってるじゃないじゃい


水銀燈「認めたくないわぁ…」

「あはは」

くすす

「さ~て、ちょいと屋上行ってくるわ」

あら、荷物でも持って、引っ越すつもり?

「さてどうでしょうね」

-ガタン

水銀燈「最近、彼はいつも屋上ねぇ…」

何してるんだか

水銀燈「気にならないのぉ?」

彼は何考えてるか私にもわからないし…それに…

水銀燈「それに?」

何だか邪魔しちゃいけない気がするから…ね

水銀燈「純情ねぇ…」

何とでも言いなさい

水銀燈「おや手厳しい」

♪~Country road take me home to the place I'll belong~


水銀燈「綺麗な歌声ねぇ…」

彼だよ…きっと…

水銀燈「何でわかるのぉ?」

昔、昔ね…彼が入院したばかりの時…彼がいつも口ずさんでいた歌だもの

水銀燈「へぇ…意外ねぇ…彼が」

水銀燈の前じゃあああだけど、私と二人きりの時は結構静かなのよ

水銀燈「嘘みたぁい」

でしょ? でも、そんな彼が大好きなんだけどね。私は

水銀燈「一人の男性としてぇ? めぐ」

え? いや友達としてだよ。あはは、やだなぁ、もう

水銀燈「めぐ…素直になりなさぁい。貴女は彼が好きなんでしょう? 異性として、一人の男性として」


…ええ、そうよ。私は彼が好き
私に生きる意味を教え、私の考えを変えた彼が好き

水銀燈「よくできましたぁ」

-ガタン

「やっほ」

あ、帰ってきた。歌声が病室まで聞こえていたわよ

「うっわ、恥ずかしい」

ねぇ…

「ん?」

今度…機会があったら…私も一緒に歌を歌わせて

「そんな事か…お安いご用だよ」

ありがとう

「わっ…急に抱きつくなっての!!」

いいじゃないじゃい、減るもんじゃないし

「そうだけどさ…少しは考えようぜ…」

えー、君は私が嫌いなの?


「いや、そういう意味じゃなく…何というかさ…無闇に抱きつかれるのは…ね、水銀燈も居るし」

何言ってるの、私だって好きじゃなければ抱きつかないよ

「え…それって…」

か、勘違いしないで…単に好意に値するだけで…

「だよ…な」

う…うん







ああ、何で私は素直になれないんだろ…
こうやって反省している間に、私は彼を思っている
この張り裂けそうな気持ち…私が死にそうになったら、君が原因だよ

私にどう頑張っても治せない【病】を植え付けたんだから

あの世に嫌われているけどじゃいじゃいじゃい・完

|