※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『T18k - 最終章』
翌朝。曇り。
水銀燈が起きると、一枚のメモが置いてあった。
『先に家に行ってます。遅刻しないように あなたのばらしー』
水銀燈はそれを見て微笑み、階下に降りていった。
チーン、とトーストが焼ける。水銀燈はそれをくわえた。
テレビでは丁度ニュースが終わった。
窓の外を見る。少し薄暗い。
銀「(今日は降るわね・・・・・まあマルイで遊ぶだけだからいいけどぉ)」
水銀燈が傘を持っていこう、と決めたそのときだった。
テレビ「みんなー、元気にしてたかな?探偵くんくんの時間だよー!」
銀「!!!!!」
ニュースの次に始まった探偵くんくんに、水銀燈は釘付けになった。


くんくん「じゃあみんな、また来週もよろしーくんくん!」
銀「ふうっ・・・・面白かったわぁ・・・・・」
まばたきをする間も惜しんでくんくん探偵を楽しんだ水銀燈。
銀「でも・・・あのハゲタカ中尉の態度気に入らないわぁ。・・・モグモグ」
感想を述べながらもふもふとパンを食べる。ふと、時計に目をやる。
銀「しまっ・・・・た・・・・・・」
くわえていたパンがポロッと落ちた。
時計は9時58分を指していた。


銀「はあっ・・・はあっ・・・・ち、遅刻だわ」
既に10時はとっくに過ぎて、水銀燈はダッシュしている。
今日は黒いワンピースを着ている。


しばらく走ると、ようやく赤月駅の前に到着した。
銀「もう・・・死ぬ・・・・・これは新記録だわぁ・・・・・・あ」
息を切らした水銀燈の視界に、あの薔薇水晶お気に入りのたい焼き屋が飛び込んできた。
銀「そうねぇ・・・・・少し列んでいるけど、どうしよう」


さて、ここで選択をして貰います。
銀「そうねぇ・・・・・少し列んでいるけど、どうしよう」
A.お詫びって意味も含めて、買っていこうかしら
B.今日の所は止めましょう


[Aルート]
銀「お詫びって意味も含めて、買っていこうかしら」
そうして、水銀燈は列に列んだ。
案外早く列はすすみ、すぐに水銀燈の順番が来た。
銀「たい焼き4つちょうだぁい。あ、その大きいのおねがぁい」
親父「おう!お姉ちゃん美人だからこの小さいのおまけしてやる!」
銀「ふふ、ありがと」
水銀燈は親父に料金を払い、店を後にした。


[Bルート]
銀「今日の所は止めましょう」
時刻は10時を大幅に過ぎている。
銀「(たい焼きなら・・・今度も買えるしね・・・・)」
たい焼き屋を後にした。


[A・B共通ルート]
駅員「まもなく白壁駅行きが2番線より発車致します。ご注意下さい」
銀「まっ、待ってちょうだい!!」
プシューッ
ゴトン・・・ゴトン・・・
銀「ふう・・・ふう・・・ひい・・・・ひい・・・・」
水銀燈は間一髪電車に乗り込んだ。
駅員「お客さんー、飛び込み乗車は禁止です。気を付けてくださいよぉ」
銀「あ・・・ごめんなさい・・・・ひい・・・ひい・・・・・」


5分ほどで白壁駅に着いた電車。
水銀燈は電車から降り、走って階段を上った。
外は相変わらず薄暗かった。横断歩道の向かい側を見る。
銀「ごめんっ!遅刻しちゃったわっ!!」
水銀燈は横断歩道まで走りながら、両手を顔の前に合わせて言った。
薔「・・・・遅い。・・・・ふふ、早く来て」
薔薇水晶は拗ねる素振りを見せて、すぐに笑顔になった。
クリーム色のセーターと紺のスカートを穿いて、赤いキャップを被っている。
銀「まあ待ちなさいよ。赤信号だから」
二人は横断歩道越しに話す。
薔「ふふ・・・・なんで遅刻したのかなー?」
平日だけあって、辺りは人気が少ない。
水銀燈は少し恥ずかしがりながら、理由を説明し始めた。
銀「えっとぉ・・・・・実はね・・・・」


その瞬間だった。
キイイイイイイイイッッッッッ
ドンッッ


銀「ば・・・薔薇水晶・・・・・・?」
水銀燈は持っていたたい焼きの袋を落とした。
すぐさま薔薇水晶の元に駆け寄る。
倒れている薔薇水晶を・・・そっと抱き起こす。
薔「水・・・・・銀燈」
銀「なに?」
薔「ふふ・・・・・おか・・・しいよね・・・・・ちゃんと・・・・・信号・・・守ったのに」
銀「薔薇水晶・・・・・・・・」
薔「大丈・・・夫・・・・・・だよ」
薔薇水晶は笑って言った。
薔「あのね・・・・水銀燈・・・・・・」


なに?
薔「もし私が・・・・居なくなっちゃっても・・・・・泣いちゃだめだよ・・・」
居なくなるなんて・・・・・そんなわけないじゃない・・・・・・。
薔「私が・・・・・居なくなって・・・も・・・・・今まで・・どおり・・・・明るくて・・・
  素敵で・・・・・格好良くて・・・・・本当は面倒見が良くて・・・・・みんなの人気者で・・・
  そんな・・そんな水銀燈で・・・・ずっと居て欲しい・・・・・」
うん、私・・・・薔薇水晶の望みならずっとそんな私で居るわ。
だから・・・・・・・
薔「もう・・・・水銀・・・燈・・・・・泣かない・・でって・・・・言ってるじゃない・・・
  水銀燈の・・・・・泣き虫・・・・・」
私は泣いてなんかいない・・・・・・・・・・・泣かないわよ・・・・。
だから・・・・・・・・
薔「水銀燈・・・・・・・もうひと・・つ・・・・お願いが・・・あるの・・・・・・」
もうひとつ?薔薇水晶・・・・貴女のお願いならまだまだ沢山聞いてあげる。
だから・・・・・・・・・・・
薔「キス・・・・して欲しい・・・・・・」
うん、してあげる。薔薇水晶・・・・・貴女が望むなら・・・・・・。
だから・・・・・・・・・・・・・・お願い。


そんなに・・・悲しい顔しないで・・・・・・・。


水銀燈は薔薇水晶に顔を近づけ・・・・キスをした。
ほんの数秒・・・・・しかし二人には永遠にも感じられた。
薔「ありがとう・・・・・・・嬉しい・・・・・・・・」
銀「・・・薔薇っ・・・・水晶・・・・・・・・」
薔「泣かないで・・・・・・って・・・言ってる・・・・・・・・・・・」
薔薇水晶は水銀燈の涙を指で拭う。
銀「だって・・・・・・・薔薇水晶・・・・・貴女だって・・・・泣いてるじゃない・・・」
薔「ふふ・・・・・水・・・・銀・・・・・・・燈・・・・・・・・・・」
銀「な・・・・なぁに・・・?」
水銀燈は涙をこらえて・・・・・できる限りの笑顔で返事をした。
薔「ありがとう・・・・・・・たのし・・・・かった・・・・・・・・・・・・・・・」
薔薇水晶はゆっくりと目を閉じた。
水銀燈の手を握る力が・・・・・ゆっくりと抜けていった。
銀「薔薇・・・・・・水晶・・・・・・?」


銀「・・・どうしたの、薔薇水晶?」
紅い、世界
銀「薔薇水晶・・・・こんな所で寝ちゃダメよ」
辺り一面に広がる紅い世界
銀「ほら・・・雨が降ってきたわ。早く起きて」
それは深い紅
銀「早く・・・・起きて・・・。風邪を引いちゃうわ」
ケチャップの紅?・・・・・・違う
銀「駅の屋根の下で・・・・雨宿りしましょう・・・だから・・・・起きて・・・・」
絵の具の紅?・・・・・・違う
銀「お願い・・・・・起きて・・・・・目を開けて・・・・・・・・いつもの笑顔で・・・・・・私を見て・・・・」
それは・・・・・・・・・
銀「薔薇・・・・水晶・・・・・・・」
・・・・・紅い紅い、血の紅。
銀「薔薇水晶・・・・薔薇水晶ーーーーーーーーーーーーーーっっ!!!!!!」
水銀燈の悲鳴は・・・・・・雨音で掻き消えた。


『T18k - エピローグ』
[A.お詫びって意味も含めて、買っていこうかしら・希望編]



キーンコーンカーンコーン
授業終了のチャイムが鳴った。放課後になったわけだ。
薔薇水晶の席には・・・・誰も居ない。
紅「水銀燈・・・・・私、今日は委員会が無いの。一緒に帰りましょう」


真紅と水銀燈は隣りに並んで歩いた。でも、並んでいただけ。何も喋らなかった。
そのまま二人は道を進み・・・・赤月駅で電車を降りた。
銀「あ・・・・ちょっと待ってなさぁい・・・真紅」
先に口を開いたのは水銀燈だった。
紅「あっ・・・・・・行ってしまったのだわ。何をしにいったのかしら・・・・・」
しばらくして、水銀燈が紙袋を抱えて戻ってきた。
銀「お待たせぇ。・・・・・これ、奢ってあげるわ」


紅「これは・・・たい焼き?ありがとう、水銀燈」
真紅が食べ始めようとするのを、水銀燈が止める。
銀「ちょっと待ちなさい・・・・早とちりねぇ」
紅「・・・・・?」
銀「これはね、ただのたい焼きじゃないのよ。世界一美味しいたい焼き。
  そして・・・沢山の想いが詰まったたい焼き。私が今こうやって・・・・普通の高校生活を
  送っていられるのもこのたい焼きのおかげ。だから・・・・・ちゃんと味わって食べなさぁい」
真紅はしばらくきょとんとしていたが、水銀燈の表情を見て微笑んだ。
紅「そう・・・・それは素晴らしいたい焼きね。美味しく頂かせて貰うわ・・・・・」
水銀燈は儚げに、しかし幸せそうに笑って空を見上げていた。


銀「(薔薇水晶・・・・・・・)」
銀「(貴女が居なくなってしまったら・・・・私はきっと泣いてしまう。約束は守れないわ・・・
  ごめんなさい)」
銀「(でも・・・・貴女の体がなくなってしまっても・・・・・貴女の想いは私の心にある・・・・)」
銀「(だから・・・・貴女と私はいつまでも・・・・いつまでも一緒よ・・・・・・・・・)」
紅「そろそろ・・・・行きましょう」
銀「あらぁ、ごめんなさぁい」
紅「そういえば水銀燈、貴女数学の課題プリント未提出だったわね」
銀「それはぁ、そのたい焼きで免除ってことでよろしくお願いするわ」
紅「またそんなこと言って・・・・そんなことで免除になるわけないのだわ!早く提出しなさい!」
銀「あらぁ、こわ~い。あ、私こっちだから。まったねー♪」
紅「あっ!ちょっと!待ちなさい!待ちなさい水銀燈!!」

                                     『T18k』END



[B.今日の所は止めましょう・絶望編]
キーンコーンカーンコーン
授業終了のチャイムが鳴った。放課後になったわけだ。
薔薇水晶の席には・・・・誰も居ない。
紅「水銀燈・・・・・私、今日は委員会が無いの。一緒に帰りましょう」
銀「・・・・・・・・五月蠅い」
水銀燈は一言吐き捨てると、逃げるように教室から出て行ってしまった。
紅「あ・・・・・・・・」


銀「・・・・・・・・・・・・・・・」
水銀燈は何も考えずに、朝登校した道を戻っていた。
ガチャッ
バタン
水銀燈の母「あら、お帰りなさい。水銀燈」
銀「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
母親の言葉も無視して、階段を上がっていく。
ガチャッ、と自分の部屋のドアを開け、中に入る。
水銀燈の部屋は、カーテンで閉め切っていて薄暗かった。
バタン、とドアを閉めた。


銀「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
机の上のあるものに目を向ける。
銀「・・・・・・・・・・・・・・」
水銀燈はそれを手に取った。
銀「薔薇水晶・・・・・・・・・・・・」
それは、一枚のプリクラ。
銀「薔薇水晶・・・・・・・・貴女の居ない生活なんて・・・無理よ・・・・うっ・・・・・
  会いたい・・・・・貴女に・・・会いたい・・・・・・・・」
泣き崩れる水銀燈。
銀「私は・・・貴女が思っているほど・・・・・完璧じゃない・・・・・・大切な貴女を失った
  私は・・・・一体どうすればいいの・・・・うっ・・・・うっ・・・・・・・」
水銀燈の部屋には・・・彼女の泣き声だけが響いた。

                                     『T18k』END





※『T18k』は『タイヤキ』と読みます

|