※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あの世に嫌われていますが何か文句でも?


「暇だから遊ぼうぜ」

それ前も言ってなかった?

「前は遊べなかったろ? だから今度こそ」

はいはいって…確か今日手術じゃなかった? 君

「まだ時間があきまくりなんだよ」

ふーん

「てなことで…テレレテッテテーン、薄型PS2とクライマックスU.C~」

看護婦さんに怒られるよ

「(´・ω・`)ショボーン…じゃあ…テレレテッテテーン、ガンプラ~」

却下


「じゃあ仕方がない…丁度昼だし、食堂行こうぜ」

ま、ゲロみたいな食事を食べるよりは良いわね

「よっしゃ、じゃあ行くぞ」

あ、そんなに慌てると…
あっちゃ~、今運動がまともに出来ない体になってるんだよ?

「迂闊だった…サーセン…」

本当ね

「じゃ、改めて行こうぜ」

了解~



「おばちゃ~ん、豚丼特盛り2杯ね」

私は…とりあえずチャーシューメン…

おばちゃん「あいよ、待ってな」


私此処の食堂初めてだけど…美味しいよね?

「なぁに、病院食と違って普通に美味いから」

おばちゃん「はいよ、豚丼特盛り2丁、チャーシューメン一丁」

「いただきま~す」

いただきます…あ、美味しい

「あふぁりまふぇだろ(訳:当たり前だろ)」

はいはい…だからまずはご飯飲み込んで…

「ゴクッ…あ~美味かった…」

流石は元ラグビー部員…早い

「だろ? 運動神経が衰えてもまだ食欲は大丈夫なんだぜ」

そういえば手術はドコ切るって?


「心臓近くの神経。あの時の事故(この世に嫌われた女、あの世に嫌われた男参照)でそこら辺の神経を傷つけて、徐々に切れ始めてるそうでね…その神経をつなげるんだと」

あら、貴方も心臓付近を切るのね

「手術の内容は変わりまくりだけどね」

頑張んなさいよ

「たりめーだよ。そうでなくても俺はあの世に嫌われているんだぜ?」

そうよね。仮にこの病院が全焼しても生き残ってそうだし

「うはwwwwwwwwwwwwwwww」


あら、事実のような気がするけどね

「笑えねえよ。じゃ、会計済ませて、手術に望もうかね」

そうしましょう






BJ「じゃあ、君の手術をする」

じゃあね

「じゃ」







全く…ま、君はなんだかんだ言いながらも生き残りそうだし、とりあえず持って来てくれたガンプラでも組み立ててましょ


BJ「手術は終わったよ。成功だ」

「あ…そうなんすか…」

BJ「これで君はいつも通り運動できるぞ」

おめでとう

「ありがとう。って、何気にガンプラ作ってるなよ」

あら、悪い?

「一度却下したくせに~」

あはは

「あはは」

BJ「それと…君に一つ言わなければならないことがある」

「何すか?」

BJ「術後の検査などもあるからまだ入院してもらうぞ」

「どれくらいの期間ですか?」

BJ「お隣さんと同じ日に退院だ」


「は~い」

BJ「では、私はこれで失礼する」

「ありがとう御座いました」


行っちゃったね…

「だな…さ、これで互いに治ったって訳だし…約束通り遊びに行けるな」

そうだね

「さて、何処に行きたい? 海? 映画?」

君の…家…

「あはは~って馬鹿も休み休み家…って本当?」

うん…なんか楽しそうだし…

「普通に映画見に行った方が楽しいと思うけどな」

…もう…

「おいそこ、ふて寝するな」


何で気付かないのかなぁ…
私が君のことを…って…キャッ

「危ない危ない」

きゅ、急に驚かさないでよ!

「悪い悪い」

全く…とりあえず退院したら

「俺の家に来るんだろ? 良いよ」

え? 良いの?

「仕方がないだろ? じゃあ何? 映画でも見に行く?」

君の家に行きたいです

「はい、よく言えました~」

あ~もう、頭なでないっ!

「そっちこそ、俺に抱きつかない」

水銀燈「二人とも甘甘ねぇ…」


す…水銀燈

「水銀燈…
( ^ω^)ゞおいす~」

水銀燈「そんなに仲が良いんなら、くっついちゃいなさいよぉ」

!?「!?」

水銀燈「冗談よぉ、それよりめぐ、手術成功おめでとぉ」

あ、ありがとう。水銀燈

水銀燈「じゃ、私は帰るわねぇ」

「何だ。もう帰るのか」

水銀燈「アツアツな二人の邪魔は出来ないわぁ」

全く…何だったのかな? あの子は





ま、それでも退院したら彼の家に行けるんだし…いっか…

あの世に嫌われていますが何か文句でも?・完

|