※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あの世に嫌われている方々・Returns


すっばらしい朝が来たっ、きっぼーうのあっさーが

「朝っぱらから元気なこった」

あら、私は今自分なりに人生を謳歌しているのよ

「だからってラジオ体操のはねーよ」

あら、昔の私ならもっと絶望的な歌詞だけどね

「素晴らしい朝が来たが希望なんかありゃしないってか」

ま、そんなところね。あ、そろそろ着替えるから…

「じゃ、適当に食堂にでも行ってくるわ」

そうだね…15分位したら戻って来て


「あ~あ、やっぱりまだやってないか…」

-今俺が居るのは有栖川大学病院の食堂
意外とご飯が美味しいのでちょくちょくご飯を食べに来る

「…」

-暇だ。流石に15分も静寂を守れるほどおしとやかな人間でない俺は、これから先、自分がどうなるかを考え続けた

(もし、手術が失敗したらって…本当は考えたくないが、仮に失敗したらもうアイツには会えないのかな…)

-俺の手術は前回の事故(この世に嫌われた女、あの世に嫌われた男参照)の後遺症を治すための手術だって聞いてるけど…実際失敗すると一生寝たきりだからな…

「って…もう15分か…」


あら、遅かったのね

「これでも急いだつもりだよ」

そう?

「ま、ちょいと考えごとをしてただけなんだけどね」

何?

「今回の手術」

あら、珍しいわね

「そう? 俺だって人間だし、あの時からずっとプラスに考えるのをやめたからさ…」

何? もし手術が失敗したらとか思ってたの?

「ビンゴ」

あら

「さて白の柿崎さん、どこに飛び込む」

19番でって…なんでアタック25なのよ


「ま、気にせずに」

でも、君らしくないわ、そんな事に怖がるなんて

「確かにそうだけどさ…実際失敗したらもう柿崎とこんな話できないんだぜ」

え…

「だってそうだろ? 柿崎が失敗したら死んじまうし、俺が失敗したら寝たきりになって話すこともままならないし…」



「柿崎…」

…分かってる…でも、私は手術が成功するって信じてる。だって…だって君はあの時、居きるか死ぬかの瀬戸際だったのに生きているんだよ? 私だって、幾度となく余命が延びているんだもの


「そっか…そうだよな…ごめん…柿崎…」

良いよ…でも、一つだけお願いがあるの…

「何?」

私を…抱き締めて…この想いが…無くならないうちに…

「…分かったよ…」

(やっぱ柿崎も女の子なんだな…華奢で、ちょっと力を入れただけで、すぐに崩れちまいそうだ…)

やっぱり、君は男の子だよ…なんだかんだ言っても…頼りがいのある体…







あの世に嫌われている方々・Returns

|