※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

秋深ったある日、大学の友達がいきなり誘ってきた
「ねぇ、水銀燈?」
「なぁにぃ?」
「紅茶でも飲まない?少しお話しましょう」
Blacktea-ReinerRubin-

銀「何よぉいきなり」
真「たまにはいいじゃない」
銀「私がコーヒーに誘ったら来ない癖にぃ」
真「また行くのだわ」
銀「わかったわよぉ」
彼女に連れられて喫茶店に入る。
こんな感じの喫茶店は何年ぶりだろうか。
「いらっしゃいませ・・おや、真紅さんじゃありませんか」
真「久しぶりね、マスター」
マスターと呼ばれたその男はどこか・・・兎に似ていた。
「そちらの方は・・・おや、湖の側のカフェのバリスタさんではありませんか」
銀「あらぁ、ご存知で?」
「店長からお話は聞いております」
真「看板娘なのね」
銀「そんなとこかしらね」
「またドッピオでもお願いします」
銀「はぁい」
真「マスター、いつものお願いするわ」
銀「常連なのねぇ」
真「そんなとこだわ」


彼女はアッサムティーを注目したようだった。
正直言うと、私はコーヒーとお酒以外はかなり疎い。だからアッサムと言われても何のことかわからなかった。
真「最近何だか浮き沈みが激しいわね」
銀「そぉ?」
真「こないだはルンルン言いながらヤクルト飲んでたのに、昨日は何だかどんよりしていたのだわ」
この子はどうしてこう・・デリカシーみたいなものが無いのかとたまに思う。振る舞いは確かにレディにふさわしいのだろうが、もう少し考えてもいいのではと。
銀「そうねぇ・・確かに言われてみたらそうかもね・・」
真「素敵な男性(ひと)でもできたの?」
銀「違うわよぉ」
私は慌てて否定する。
真「その割には・・・随分慌てているわね」
銀「そんなことないわぁ・・・少し昔のこと思い出しちゃっただけよぉ」
JUNが泊まった日の夢がフラッシュバックする。また少し沈みそうだ。
真「そう」
彼女は一言だけ言った。
なんと言うか、これが彼女のやり方なのだろうと思う。必要以上の詮索はせずに自分から話すように誘導する。
警察官にでもなったらどうだろうか。
真「少し、葉が古いの?薫りがあまりないのだわ」


「おっと失礼。すぐに煎れなおしましょう」
真「そうして頂戴。それから、お茶請けも頂けるかしら?」
「かしこまりました」
慣れた感じのやりとり。
何だか私とJUNが店で交すような感じだった。
銀「・・・好きな人できたのよ。でも、何だか相手は気付いてないだろうし・・・それに」
真「?」
銀「私なんかが幸せになっていいのかなぁって・・・」
真「・・・貴方は今、幸せ?」
私はキョトンとしてしまった。
銀「幸せ・・・そうね。幸せなのかもね」
真「なら、お好きになさい。私が決めることではないわ。相手がどんな方は知らないけど、貴方を引き込むだけの魅力はあるんでしょうから」
銀「パッとしないわよぉ」
真「あなたが外見だけで判断するとは思えないのだわ」
銀「そらそうよぉ」
真「そう。それよりさっき言ったこと・・昔のことと、関係あるの?」
銀「・・・少しね」


銀「私ねぇ・・・人一人死なしてるのよ」
真「えっ?」
銀「私が小学校上がる前よぉ・・・」
真「そう。その人は貴方を憎んでると思うの?」
銀「わかんないわぁ・・・」
真「そう」
銀「でも・・・」
真「でも?」
銀「毎年お墓には行ってるのよぉ。それでね・・・」
3年前の墓参りの帰りに、私は事故にあいかけた。
相手のクルマは信号無視。
だが、私は無傷で済んだ。何故か靴ひもがその日は結んでも結んでもほどけていた。
・・・横断歩道で信号が青になったその時も。
何故か私は靴ひもを引きずらずに屈んで結んだ。
そして起き上がってあるこうとしたその時・・・
銀「一歩踏み出してたら死んでたわぁ」
真「そう。でも・・・その人はあなたのことを思っているわね」
銀「そうなの?」
真「そうよ。貴方は思われているわ。思われていなかったら・・・今私と紅茶を飲んでることはないでしょうね」
銀「そうなのかなぁ・・・」
真「ま、どう考えるかはあなたの自由よ。マスター、御勘定を」


どうも彼女は私の文まで払ってくれたようだ。
真「またコーヒーをお願いするわ。」
銀「・・・確信犯ねぇ」
真「なんのことかしら?」
銀「もういいわぁ」
真「・・・正直になること。私からは、それだけよ」

自分に正直に・・・
なんだかそんなことを考えて生きてきた気がしない。
これからは、‐少しだけでも‐自分に正直になろうかと思う。

クリスマスは・・・思いきって誘ってみよっかな。

おしまい

|