※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「お茶はどうしたの?まったく、いつまでたっても使えない下僕ね」
はいはい。その不機嫌な顔を見るのはいつもの事。湯の温度は98度。我ながら手慣れたものだ。
「ッ!?誰がダージリンをいれろと言ったのよ!私はアールグレイが飲みたいの!」
せっかく作った茶も無下に捨てられる。それもいつもの事。
「…何?その目は?気に食わないのだわ。自分の立場がわかっているの?」
この目は生まれつき。床の方はまだ素手で拭くには熱すぎる。それが狙いなのもわかっている。
「何をしているの?それは私への当て付けかしら?いいからさっさとお茶をいれ直しなさい!」
熱さに耐えながら後始末をしようにもこうなる。
本当に――


「……嫌な女」
「……なんですって…?今、何て言ったの!?」
「いいえ、なんでも…」
いつからだろう。貴女からあの優しい微笑みが消えたのは。
「…主人に噛み付くのはよくないのだわ…!」


「ジャンクのくせに」


なぜ、こうなってしまったんだろう

ジャンク。
私の呼吸は早まり、心臓はドクンドクンと重い音を叩きだす。
「あら?貴女、泣いているの?」
私は無言で首を横に振る。
「うずくまって、胸を押さえて、顔はくずれて…まさにジャンクね」
私は鉄の味がする程唇を噛みしめ、ほのかに暖かい床を見つめて、じっとその言葉に耐える。
「私は…ジャンクなんかじゃない」
しゃがれた喉から確認するように呟く。そう、私は―あの人のような―ジャンクなんかじゃない。
「ふふっ、笑わせないで頂戴。水銀燈、貴女があの夜…」
「言わないでぇ!!」

部屋に静寂が訪れる。

「違う…私は悪くない!悪くないのよぉ…」
「……!」
「ねぇ…真紅ぅ…また、あの頃のように…二人で仲良く暮らしていけないの…?」
拭っても拭っても、大粒の涙がボロボロと私の頬をつたった。
するとしばらく沈黙を保っていた真紅は、唇を剥き、食いしばった歯の隙間からひねり出すように言った。
「悪くない…?あの頃のように…?貴女じゃない…水銀燈…貴女が、私の想いを、踏み躙った。」
「しんくぅ…」
「私の…想いを…」
真紅の視線は、既に冷えきった床に向けられていた。
「出ていきなさい!このッ……ジャンク!!!」

外は雨が降っていた。だけど私はかまわず外に飛び出した。この冷えた床より、冷たい雨はないだろうから。


真紅のマンションを飛び出てから雨に打たれっぱなしの私は、指先の感覚が薄れてきた。いや、薄れてきたのは私の…
寒い――体も、心も。
ふと、自販機を見つけた。暖かい物でも飲んで、暖を取ろう。だが、近寄った所で気づく。
「…お金がない…」

私は置いてきたのだ。あの家に。財布も。傘も。コートも。携帯も。安らぎも。温もりも。帰る場所も。楽しかった日々も。私を想ってくれていた、親友も。全て置き去りにしてきたのだ。
「これからどうしよう…」
私に残されたものは、絶望と孤独。そして、親友だった人との間にできた大きなわだかまりだけだ。
視界の隅に、自販機の上方に設置してある時計がある。時刻は…10時45分。夜は、まだ長い。
もういい。もう、何も考えられない。考えたくない。私は地べたに座り込み、瞼を閉じた。


「……水銀燈?」
何よ。放っておいて。
「何やってんだこんな所でびしょ濡れになって!」
ぐい、と凍てついた左手を引き寄せられる。体に力すら入れたくない私は、そのまま体を預ける形となった。
その瞬間、理解した。瞼を開かずとも。忘れもしない、この匂い…
ジュンだ。


反射的に、私はジュンから離れる。
「一体どうしたんだよ…?」
「かまわないで…」
「かまわないでいられるか!とにかくうちに来い。そのままじゃ風邪ひくぞ」
つかのま、私はジュンの目を見据える。そして、思わず叫んでしまう。

「嫌ぁっ!」

彼は、まるで平手打ちをくらったように瞬きをしている。
「……」
彼の表情が曇る。しかしこれは、どこか安心したかのような表情な気がした。
「そういうなよ。これ飲んで落ち着いてくれ」
手渡してきたのは、暖かい――紅茶だった。
様々な感情が込み上げ、今にも破裂しそうになる。でも、泣いちゃダメだ。
今ここで泣いてしまったら―優しく振る舞う彼の胸の中で泣いてしまったら―全てが…終わってしまう。私の淡い期待を打ち砕いて。

「あれ?水銀燈?どうしたの?こんなとこで…」
いるはずのない、声だった。
「え…めぐ…?めぐなの…?どうして、ここ…」
その言葉を言い切るか言い切らないか。私のたまりにたまった感情は爆発した。

「めぐ!めぐぅ!!うわぁぁぁぁん!!めぐぅ……!!うぁぁぁぁっ…」

生きてきた中で、一番激しく、そして悲しい涙。今、私はこの暖かな胸の中で泣く事しかできなかった。
そして彼女になら全て話せる。そう思った。
つづく

|