※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いつのまにか。

始まっていた終わり。
婚約の約束までしていた僕ら、気が付けば彼女の病気は進んでいて、会う場所も
病院になっていた。
それに気付くのにお互い時間はかからなくて、それが潤滑油となってさらに二人
の関係をギクシャクさせていて。それでもなんとなくお互い離れるのが恐くて、
会える日は何時もどおり接してみたり。ムリにきっかけを作ったりして。


それでも

わだかまりや不安はやっぱり隠しきれない。弱い自分を見つめて、いつまでも癒
着していることを激しい嫌悪を感じることには慣れてきて、自分でも嫌な奴と思
う。もうすぐ離れ離れなのに。

予感
がしたんだろうか。
不意に彼女が僕の手を離した。
バイバイと呟いて消えていく彼女を黙ってみているべきなのか、必死で追い掛け
るべきなのか。ムリに大人のふりしてきた僕にはわからなくて、哀しげな表情で
失われていく燈はあっさりと消えた。その時の僕はとても現実感がなくて、失っ
たものの重大さを感じるには少し時間がかかった。

「すぐ行くから」

そう心に決めて、息耐えた彼女の手を握り締めた。その時の僕の顔は以外に落ち着いていて。

もっとあとで

消えた彼女が聞こえた気がした。

僕は今日も彼女との約束を語る。多くの言葉はいらない。すばらしい文章力も
いらない。
消えてしまったあなたの
生きた証を残すために


『――――は俺の嫁』


終わり

|