※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  『ひょひょいの憑依っ!』Act.4


ちゃぶ台に置かれた料理の数々が、ジュンの目を惹きつけます。
驚くべきコトに、それらは全て、金糸雀のお手製と言うではあーりませんか。
玄関を開けたときに、鼻腔をくすぐった美味しそうな匂いは、気のせいではなかったのです。

「ジュンの帰りを待ち侘びながら、あの女が持ってきた食材を使って、
 お昼ご飯を作っちゃったかしら~」

金糸雀は、ニコニコと満面の笑みを浮かべながら、幸せそうに話します。
もし、ジュンが帰ってこなかったら、無駄になってしまうと考えなかったのでしょうか。
おっちょこちょいな、彼女のことです。そんな仮定など、していたかどうか……。

「ホントに、お前が作ったのか? 近所の食卓から、かっぱらって来たんじゃあ――」
「むぅ~。侮辱かしら。失礼しちゃうかしらっ!
 この部屋から出られないカナが、そんなこと出来っこないじゃない」
「ああ、それもそうか」
「ご託はいいから、食べてみて。ピチカートに毒見させたから、味は保証するかしら。
 特に、この甘ぁいフワフワたまご焼きは、絶品なんだから」

心配の『し』の字も見せず、サムズアップの金糸雀。ジュンに箸を差し出しました。
なんという親切の押し売り。どうにも受け取らざるを得ない雰囲気です。

「……それを言うなら味見だろ。そもそも、火の玉に味覚なんかあるのかよ」

ブツクサ言いつつ、ヘタレなジュンは、戦慄く手に箸を握らされてしまったのです。
五目野菜炒め。肉じゃが。鰤の照り焼き。たまご焼き。
どの皿も、見た目と匂いは美味しそう……なのですが――

まずは、最もハズレの無さそうな、フワフワたまご焼きから箸をつけるとします。
これならば、少しばかり生でも食べられるでしょう。
いま、家にある調味料も、砂糖、塩、酢、醤油、味噌くらいですから、
そうそう間違った味になるとは思えません。思いたくもありません。

ふわふわで、焦げ目ひとつない、黄金色のたまご焼き。
砂糖入りなのに焦がさない技量は、見事です。意を決して口に放り込み、咀嚼。

「……うっ?!」
「どうかしら?」

ジュンは答えず、次は五目野菜炒めに、箸を伸ばしました。
ニラやモヤシ、キャベツ、ニンジン、ピーマンの表面に、胡椒の細かいツブが着いています。
一応、まともな味付けはしてあるようですが、果たして――

「……まっ?!」
「ジュンの口には合わない?」

その問いかけにも答えることなく、ジュンの箸は、鰤の照り焼きを捕捉。
いい色合いに焼けていて、身の中まで火は通っているようです。
脂も充分に乗っているらしく、見ているだけで、ジュンの口内に涎が溢れてきました。
恐る恐る、端っこに囓りついて、食べてみると……。

「……いっ?!」
「ねえねえ、どうなの~? 美味しい? 不味い? さっさと答えるかしら」
「正直に言って…………驚いたよ。どれも美味いわ」
「えー? よく聞こえなーい」
「容赦なく美味いって言ってんだよ」
「でしょでしょぉ♪ カナだって独り暮らしで、自炊してたんだもの。このくらい、朝飯前かしら」

昼食なのに、朝飯前とはこれ如何に。
……なんて疑問はともかく、ジュンは素直に、金糸雀のことを見直しました。
やはり、人間、何かしらの特技は持っているものです。
空腹も手伝って、全ての料理は忽ち、ジュンのお腹に収まったのでした。

「ごちそうさん。お世辞抜きに美味かった」
「うふふ……そう言ってもらえると、やっぱり嬉しいかしら。
 もしかしてぇ~、惚れなおしちゃったりとか……する?」
「いや、最初っから、惚れてなんかないし」
「きぃ~、このボクネンジン!」

言って、べーっ! と舌を出して見せる金糸雀。
その拗ねた表情は、愛嬌があって、なかなかに魅力的です。
ジュンは不覚にもカワイイと思ってしまい、慌てて頭を横に振りました。
幽霊に萌えを感じるなんて、まともな神経ではありません。
咳払いで空気を誤魔化し、ジュンは話題を変えました。

「まあ、でも……照り焼きは上手くできてたな。オーブン使ったのか?」
「あれは、ピチカートにじっくり炙らせたかしら。いわゆる遠赤外線クッキングね」
「……聞かなきゃ良かったよ」

火の玉で焼かれた魚に舌鼓を打っていたなんて、複雑な気分です。
他の料理についても、調理法は聞かない方が、幸せでいられるでしょう。

「とりあえず、気が向いたらでいいからさ、また……作ってくれないか」
「いいわよ。ジュンのお願いだったら、毎日でも作ってあげるかしら。
 あはっ……これで貴方も、ベタ惚れ症候群の仲間入りね」
「なんだ、それ?」
「知らないの、ジュン? いま、巷でウワサになってるかしら」

多分、メタボリックシンドロームのことでしょう。
あえて突っ込まずに、ジュンは財布と携帯電話を手にして、立ち上がりました。

「あー、腹いっぱいだ。腹ごなしに、その辺を、ぶらりと散歩でもしてくるかな。
 食器洗いとか、片付けは頼んだぞ」

言い置いて、玄関に向かいかけた彼の肩を、金糸雀の冷たい手が捕らえます。

「ちょっと待つかしら」
「な、なんだよ」
「…………カナも一緒に行くわ」
「ただの散歩にまで、いちいち憑いてこなくてもいいだろ」
「とかナントカ言っちゃって、ホントは、あの女のところに行くんでしょ?」

恐るべき慧眼。ジュンの目論見など、とっくに看破されていたようです。
ジュンは溜息を吐いて、無駄と知りつつ反駁を加えました。

「言っておくけどな、僕と真紅は、お前が考えてるような仲じゃない。ただの幼なじみだ」
「ジュンはそうでもぉ……あの女は、どうかしらねぇ~」
「しつこいなっ! 知るかよ、そんなの!」
「あら怖い。んふふ……まあ良いかしら。いずれ判ることだしぃ」
「どうあっても、憑いてくる気か」
「当然。ジュンも言ってくれたでしょ。好きにしろって」

それを言われてしまうと、二の句が継げません。
これからは迂闊なことを喋れないなと鬱陶しく思いながら、
(女の子と付き合うのって、こんなに面倒くさいコトなのかなぁ)
――なんて、中途半端に悟った気分になるジュンでした。



金糸雀に憑依された状態で、ジュンは真紅と待ち合わせた場所に急ぎます。
電話をしてみたところ、彼女は先ほどの動揺など忘れたかのような冷静さで、
会うことを承諾してくれたのです。

『ねえねえ、ジュン~。あの女に、なんて言うつもりかしら?』

真紅と会う約束を取りつけてからこっち、金糸雀は、そればかり訊いてきます。
苛立ちを募らせていたジュンは、心底、煩わしそうに答えました。

「うるさいな。少し黙っててくれよ」

金糸雀の存在を感知できない周囲の人々が、ジュンに奇異な眼差しを向けました。
いきなり独り言を喋りだした変なヤツ、と見なされたのでしょう。
そんな状況で、彼の声に答えが返ってきたことは、意外でした。

「まだ……なにも言ってないのに」

振り向くと、すっかり顔なじみになった、あの眼帯娘がっ!

「……ヘイヘイホー。奇遇……だね」
「また、あんたか! いつも唐突に現れやがって。僕を待ち伏せでもしてるのか?」
「してない。する必要……ない。ここだけの話…………私……千里眼少女」
「どうせまた『うっそぴょーん』って言うんだろ」

ジュンが胡散くさそうに白眼視すると、眼帯娘は口を噤んで、頬を両手で包み込みました。


「…………ココロを読まれた…………もう……結婚するしかない」
「なんでだよっ!」

相変わらず、発想がブッ飛びすぎて、ワケが解らない娘です。
真紅と約束した時間も迫っていたので、ジュンは相手にせず立ち去ろうとしました。
その背を、脈絡のない意味不明なセリフが追いかけてきます。

「甘ぁ~い、たまご焼きも……いつかは腐る。腐ったら……捨てる?
 それとも……食べちゃうの?」

いつもいつも、なんなのでしょうか。
ジュンは振り返って、いい加減にしろと怒鳴ってやろうとしました。
けれど、眼帯娘はもう、風と共に去った後でした。



昼下がりの公園。
小さな噴水前のベンチに座る真紅は、ぼんやりと、煌めき躍る水を眺めています。
待ち合わせの時間には、十五分も早いというのに――
ジュンは歩み寄って、穏やかに彼女の名を呼びました。

「呼び出しておいて、レディを待たせるなんて不躾ね」

耳に馴染んだ、辛辣な言葉。
しかし、いつものキレと言いましょうか、気強さが感じられません。
気丈に振る舞っていますが、やはり、さっきのショックが尾を引いているのでしょう。
真紅の隣に腰を降ろして、ジュンは話しかけました。

「来てくれて嬉しいよ。ありがとう、真紅」

噴水に目を向けたまま、真紅は素っ気なく答えました。「いいのよ……別に」
彼女の頬や耳が朱に染まっているのは、寒さのため? それとも――

先程、泣いて逃げ出したことを、恥じているのかも知れません。
ジュンは、真紅の様子を観察しながら、回想していました。

(思えば、こいつとも長い付き合いだな。これが腐れ縁ってヤツか)

親しすぎて、兄妹(姉弟?)みたいな、二人。
いつも、なんとなく一緒にいて、それが普通になりすぎていて……
他人の目など気にしなかったし、こんな関係を変に思ったりもしませんでした。
彼と彼女の間柄を知らない者からすれば、交際しているように見えたでしょうか。


――甘ぁ~い、たまご焼き。


不意に、あの眼帯娘の言葉が、思い出されました。
いつかは腐る。それは、ジュンと真紅の関係にも、当てはまること。
社会人になって、お互いの人生を歩き始めれば、いつまでも一緒には居られないでしょう。
腐れ縁は、本当に腐って、新たな生活の肥料になるだけかも知れません。

では……腐ったら、どうするべきなのか。
捨てる? それとも――害を被ることを承知で、食べる?
どちらが良いかなんて、即座に答えを出すことなど、ムリな話です。
ただ、誤解されたまま別れたくは、ありませんでした。

「なあ、真紅。さっきの…………アイツ、なんだけどさ」

とにかく、本当のことを話さなければ。
気心が知れた仲です。誠意をもって説明すれば、信じてもらえるでしょう。

ジュンの声が、いつになく真剣味を帯びていたためか――
真紅は依然として噴水を見つめていましたが、ジュンに問いかけました。
やや曇らせた眉に、不愉快さを滲ませながら。

「誰なの、あの娘?」
「落ち着いて、聞いて欲しいんだ。約束してくれるか?」
「……内容次第よ、それは」

大仰に肩を竦めて、吐息。それが真紅なりの、先を促す仕種でした。
徐に頷き、ジュンは口を開きます。「アイツの名前は、金糸雀。僕の――」


「あぁん。や~っと見付けたかしら~♪」

いきなり、ジュンの話をかき消す、元気ハツラツな声。
ダッフルコートに身を包んだ金糸雀が、白々しくもいま出会ったかのような顔で、
ジュンの真横に鎮座しているではあーりませんか。
そろそろ邪魔しに来る頃かと身構えていたジュンは、そら来た! と、胸裏で悪態を吐きました。
また、さっきの繰り返しはゴメンです。追い返すべく、ベンチを――

(あ、あれ……れ?)

――立とうとして、身体が動かせないことに気付きました。
いつの間にか、カナ縛りに遭っていたのです。身動きできず、声も出せません。
焦燥に駆られるジュンの頚に、金糸雀の細い腕が、ヘビのように絡みつきます。
そして、金糸雀は真紅を一瞥もせず……聞こえよがしに、毒を吐きました。

「もぉ~。ジュンったら、病院に付き添ってくれる約束だったでしょぉ?」
「び、病院?」

闖入者の登場に目を丸くして、声を呑んでいた真紅は、びくりと身体を震わせ、問い返しました。
それを受けて、金糸雀の目と唇が、ニタリと三日月を描きます。

「ええ。ちょっと、産婦人科まで……ね♪」
「っ?!」

真紅はますます目を見張り、言葉を失ったまま、ジュンと金糸雀を交互に眺めました。
何かを言おうとする唇は、意味もなく蠢くだけ。
ジュンは必死に、根も葉もないウソだと伝えようとしますが、カナ縛りは解けません。
逆に、彼の強張った表情と、額に浮かぶ脂汗が、真紅に誤解を与えます。

「……そう。話って、そういうコトだったのね」

一度、真紅は気持ちを落ち着けるように、深い溜息を吐きました。
そして、前に向き直って、毅然と立ち上がったのです。

「良かったじゃない。おめでとう、ジュン…………お幸せにね」

言って、踏み出される一歩。おぼつかない足取り。
小刻みに、膝が震えています。
真紅はジュンと金糸雀に背を向けて、二度と振り返りませんでした。


「さよなら」

ただ、それだけを告げて、ふらりふらり――雑踏に消えゆく、儚げな背中。
金糸雀は、狡猾な冷笑を浮かべて見送り、ジュンはと言えば……
カナ縛りで固まられたまま、真紅を呼び止めることすら出来なかったのです。



真紅の姿が見えなくなって漸く、ジュンの身体に自由が戻りました。でも、今更です。
これから彼女を追いかけたところで、再現VTRのように、同じコトを繰り返すだけでしょう。
金糸雀に、憑きまとわれている間は、ずっと――

『あの女、好い気味かしら♪』

ジュンの胸中に、くすくす……と谺する、金糸雀の邪悪な笑み。
真紅を貶めて、排除することが、そんなに愉しいことなのでしょうか。
今度という今度は、女性に甘いジュンと言えども、カチンときておりました。
周囲に人の居ないことを確かめてから、金糸雀を詰ります。

「お前……いい加減にしろよ。あいつが――真紅が何をしたって言うんだ。
 言っただろ、僕と真紅は幼なじみなだけだって。
 なんで、あいつを目の敵にして、傷つけるような真似ばかりするんだよ!」
『それなら、カナも言ったかしら。そう思ってるのは、ジュンだけかもよ……って。
 今回のことでハッキリしたわね。あの女、貴方に気があるのよ。間違いないかしら』
「お前の勘違いだよ! あったとしても、友情ってレベルだろ」
『あ~ぁ、ホントに救いようのないボクネンジンかしら』

皮肉めいた溜息を漏らす金糸雀でしたが、その口調には呆れた感じはなく、
それどころか、嬉しそうな響きを宿しておりました。

『でも……カナはね、そんなジュンが好きよ。
 鈍感で、純朴で――頼りないけど優しくて……そばに居て安心できる、貴方が。
 だ・か・らぁ、カナも、ジュンを影ながら支えてあげるかしら。
 これからもずっと、一緒に暮らしましょ♪ 浮気なんて、させないかしらっ』


ジュンは、たかが幽霊に翻弄されっぱなしの自分を、情けなく思いました。
そして、きっと金糸雀にひと泡ふかせてやるぞ……と、ココロに誓ったのです。

|