※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一瞬の隙が命取りになる。
そんな言葉が、僕の脳裏をよぎる。
僕と対峙する少女の姿はまさに戦士!
この戦いに敗れれば、命を落とす…そんな顔をしている。
でも、そんな少女の顔も美しい…ハッ!?見とれた僕の一瞬の隙をつき、少女の手が伸びる!

J「しまったぁ!!」

思わず叫ぶ僕
勝利を確信し、不敵に微笑む少女

次の瞬間
地面に倒れ込む僕。

勝利を勝ち取った少女の手には……少女の持つ箸の先には、一本のエビフライがあった。
それを、高々とかかげあげる姿は『食の化身!雪華綺晶』と呼ぶにふさわしい姿だった。


そんなこんなで
第八話『全てを飲み込む白い雪』

前回あらすじ
僕は、翠星石さんに連れられ屋上へ
そこには、姉妹が大集合
自己紹介を済ませ、いざ弁当タイム!


僕は、驚きを隠せずただそこに立ち尽くすしかなかった。
なっ、なんだ!?
その量は?重箱が五段重ねだとぉ!?

雪「どうかいたしたました?JUN様」
いや、どうかいたしました?じゃないよ。キミはそれ1人で食べるつもりか?
雪「まさかですわ。皆さんと御一緒にです」
…だよな。ビックリしたよ
ドサッ
一瞬の安堵を掻き消すには十分の音がする。
雪華綺晶は、さらに8段重ねの重箱を取り出す。
雪「こっちが皆さんと一緒に食べる分ですわ」
ハハハ……
雛「雪華綺晶は、大食いなのぉ」
銀「それでも、今日は少ないほうなのよぉ」
ハハハハハハ……
笑うしかないよ。
いったいどうしたら、これだけ食べてこのスタイルを維持できるんだ?
栄養は全部、胸にいってるみたいだ


食べようかと僕がいいと、
雛「JUNの隣はヒナなのぉ」

翠「翠星石は別に隣になんかならなくていいですけど、JUNがどうしてもって言うなら、座ってやらねえこともねーです」

何やらギャーギャー言い始める
座る位置なんてどうでもいいだろ…
そんなヒナちゃん達を無視して、先輩が僕の隣に座り、

銀「JUN…あ~んしてぇ」

そう言って、玉子焼きを差し出してくる。
J「えっ?あの……その」

銀「慌てちゃってぇ、可愛いわぁ」

お得意のからかいですか……
ちょっと落ち込む僕がいたりする。

ふと、雪華綺晶を見ると、もの凄い勢いで弁当を食べている。しかし、その姿は下品とは正反対、華麗で流麗、思わず見とれてしまうほど美しかった。
でも、もう自分用の重箱が空になってるよ。


それから、たわいもない話をしながら楽しく弁当を食べた。こんな楽しい時間…いつぶりだろう?
こんな時間がずっと続けば良いと思った。


ふと、重箱に目をやると最後のエビフライが…
雪華綺晶と目があう。
どうやら彼女も狙っているようだ…しかし、僕の胃は血を求める妖刀のごとくエビフライを求めている。
譲るわけにはいかない。
2人の間にだけ重たい空気が流れる。

刹那……一瞬の出来事だった
……結果は上の通り。負けたよ、雪華綺晶…キミのその美しさに

なんてことをやってるとチャイムがなり、片付けをして解散することになった。別れ際
雪「JUN様。楽しかったですわ。また御一緒しましょうね」

そう言って笑いかけてきた雪華綺晶が、なんとも言えない可愛さだった


続く

|