※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雪「ハムソーセージおーいしそおー♪ハムソーセージ食ーべたいなー♪」
J「あんま食うと太r…OKOKときに落ち着け。
 ソーセージならあったはずだから勝手に食っていいぞ?」
雪「あら、よろしいのですか?では失礼して・・・」

ゴソゴソ

J「ちょ、冷蔵庫向こ…てか脱がすな!」
雪「ふふっ…いただきます」

アッー!





きらきー「ジュンくんジュンくん、雛苺はいるかい?」
ジュン「さっき食べたでしょ」
きらきー「きらーん」






ジ「時に雪華綺晶、ナイフとフォークを持って僕に近づいて来るのはなぜかな?」
雪「時間的にそろそろジュン様を食べようかと」
ジ「待て、僕は美味くないぞ」
雪「美味か、美味では無いか。は私が決めますわ」

ジ(目がマジだ!どうする、どうする!?
…そうだ!良い作戦を思いついた!)
ジ「ぼ、僕の体内には毒が入っているんだ
だから僕を食うと死んでしまうぞ」

雪「そうですか…」
ジ「解ってくれたならそのナイフとフォークを戻」
雪「ならば好都合ですわ♪ジュン様の毒で死ねるなら幸せ!ああ、考えてる内にどんどん食欲が出てきますわ!
じゃあいただきまーす……」
ジ「くそっ!作戦は見事に失敗したか!こうなったら逃げるしか無い!
うおおおおお!!」
雪「逃がしませんわよ~うふふふふふ…」

ジュンは暴走した雪華綺晶から逃げきれるのか、それとも捕まってしまうのか!?
次回『捕獲されたメガネ』!
乞うご期待!

ジ「タイトルで一目瞭然だろうが!」

続かない





雪「水銀燈にはポン酢」
ジ「?」
雪「金糸雀にはタルタルソース…翠星石はドレッシング、蒼星石は醤油…」
ジ「……あの」
雪「真紅にはマヨネーズ、雛苺には甘いシロップが合いそう…」
ジ「あのさ…」
雪「薔薇水晶はシンプルに塩が良いかも…」
ジ「何をさっきから言ってるんだ?」
雪「食べるなら、なにをかけると合いそうか検討してるの…」
ジ「………」
雪「でもやっぱジュン君は生で食べたいな……」
ジ「………」






ジ「そう言えばさぁ、雪華綺晶が眼帯外してるとこ、見たことないよなぁ。」
雪「ほぇ、ほうへひはは?(へ、そうでしたか?)」
ジ「とにあえず口の中のもの飲み込んでから喋ろうな?」
雪「ゴクッ…失礼しました。で、何でしたっけ?」
ジ「いや、その眼帯だよ。外したの見たことないよなぁ…ってさ。」
雪「ああ、これですか…これはただの眼帯ではありませんから…」
ジ「どういうことだ?」
雪「これを外すと…私自身が抑えきれなくなるかもしれませんので…」
ジ「はい?」
雪「ですがジュン様が見たいというのであれば…ほんの一瞬だけ…」スッ
『ドン!』
ジ「なっ…なんだこのプレッシャーは!?…」
雪「この眼帯は私の溢れる食欲を抑える為に技術開発局に作らせた…無限に食欲を喰らい続ける化け物ですわ…」
眼帯『ギイィ…ジイィ…ギャアアァ…』
ジ「馬鹿な…あの食欲でなおセーブしていたとでも言うのか!?」
雪「くすっ…」スッ
雪華綺晶が再び眼帯を付けると今までの凄まじいプレッシャーは嘘のように消えた
雪「これでお分かりでしょう?もし私が1日でもこの眼帯を外せば…私自身どうなるかわかりませんわ。」ペロリ
ジ「ヒイィ…!!」
雪「あぁ、少し眼帯を外したからまたお腹が減ってしまいましたわ…すいませ~ん、これとこれとこれとこれ…あ、それからこれをを全部5人前で…それとデザートは…」
ジ(もう二度と雪華綺晶には眼帯の話をしないでおこう…)


おまけ

薔「ジュン…私の眼帯は溢れ出る性欲を…」

ジ「はいはい、よござんしたね。」

薔「むぅ…そんな冷たいジュンはお仕置き…キャストオフ!」ブチィ

ジ「ば…薔薇水晶?眼帯を引きちぎって何をするつも…」

薔「ふふふ…無限の性欲を解放した私は無敵だよ?いっただっきまーす♪」




アッー!!





ジュンと雪華綺晶が結婚して一月が過ぎました。

J「いやあ、幸せ太りかなぁ。結婚してから体重が五キロも増えちゃったよ」
雪「それはいいことですわ。家畜はまるまる太っていたほうが美味しいですから」

雪華綺晶は愛用の肉切り包丁にまさちゅーせっちゅしながらイヒッと微笑んだ。

J「…………」

その後、ジュンはダイエットに励んで体重を三十㌔も落としたそうです。

雪「……ちっ」







深夜

ジ「う、う~ん……?」
ムニュ
ジ(こ…この感触は……また薔薇水晶か…)

雪「あ…ふ……ジュ、ジュン様。ちょっと激し…すぎです……んっ」
ジ「どおわあああああああああ!?ききき雪華綺晶っ!!」
雪「ばらしーちゃんはあんな風に揉まれているのですね……ふむふむ」
ジ「なんで雪華綺晶が…?」
雪「ばらしーちゃんに習って夜這いしてみましたの♪ あ、皆には内緒にしてくださいね?」
ジ「わかったけど…まずは服着ろ!」
雪「まあまあ、良いではありませんか♪殿方を喜ばそうと思ってのことですから」
ジ「たしかに薔薇水晶より萌…ゴホン
ま、こんな時間に帰す訳にもいかないし、別にいいか」
雪「じゃあ…今回は立場が逆ですね」
ジ「?どういう意味…」
雪「いつもは食べる側ですけれど、今は貴方に食べられてみたい…」
ジ「雪華綺晶…(僕って食べられる側だったんだ…)」
雪「不束者ですが、何卒よろしくお願いします…♪」
ジ「きっ…雪華綺晶!」
雪「きゃ~♪」



薔「・・・クスン」

雪華LOVE保守





早朝

ジ「ふわああ~あ…もう朝か…。 メガネメガネ…って雪華綺晶!?」
雪「くぅ……くぅ……」
ジ「あ、そうだった…夜這いとか言って夜に来たんだっけ…」
雪「むにゅう…ジュン様…」
ジ「はは、どんな夢見てんのかな…。 それにしても可愛い寝顔だな」
雪「くぅ…」
ジ「……起きてない…よな?」
雪「くぅ…」
ジ「…………キスくらい……少しだけ…」

チュッ

雪「ん…ジュン様っ♪」
ガバッ
ジ「え!?き、きらき……んむっ!」

雪「……ジュン様の………味……」
ジ「雪華綺晶…起きてたのか…?」
雪「…ろちそうさまれした~…♪
…くぅ……くぅ…」
ジ「…なんだ、寝ぼけてただけか…。 まあいい事出来たし…もう一眠りするかな」


雪「……大好きですよ……♪
…………くぅ……」

きらきーLOVE保守



|