※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

─これは僕の小学生の時の思い出なんだけど

『やだっ!やめてっ!』
『うっせーよwけむしぐらいでびびってんじゃねーよwwwwおらおら~www』

当時の僕は見た目もあいまって男女って言われてて、いじめっ子によくイジメられてたんだ

『やめてっ!もうやめてよっ!!』
『きゃははww「ねえさ~ん!たすけて~!」っていつもみたいにさけんでみろよwほれほれ~www』

僕は泣きながらその場にうずくまるしかなかったんだ…そんな時

『おい!おまえらなによわいものいじめしてんだ!やめろよっ!!』

同じクラスの一人の少年が止めにはいってきてくれたんだ

『あ?』

その少年は勇敢に立ち向かったんだ。でも、その時の相手は5人いて逆にやり返されてたんだ…
それはもう一方的にやられてて…僕はおろおろと見てる事しかできなかったんだ…

『おいwwwやばいってwwwやりすぎだってwwww』
『そうだなwwwもういくかwwww』

いじめっ子が飽きたのかやばいと思ったのか、彼らはそそくさと帰っていったんだ
助かったと思いつつ、この助けてくれた少年の容体が心配になったんだ


『あの…だいじょうぶ……?』

助けてくれた人にこんな言葉しかかけられなかったんだ

『こんぐらいどってことないっ!』

彼は目元を隠しながら僕の前で強がってみせたんだ。痛いだろうに

『ごめんね…ぼくのせいでこんなことになっちゃって……ごめんね…!』

僕は感極まってまた泣いてしまったんだ。そしたら彼が急に怒り出して

『おい!なくなってっ!!これじゃたすけにはいったいみがないだろ!?』
『…でも……ヒック…』
『あ~~~~っ!!なくなよっ!!』

そしてだいぶ時間が経ってからなんとか泣き止んだんだ

『なきやんだか?』
『…うん……』
『そうか……またアイツらがなにかしてきたら、こんどこそまもってやるから!だからもうなくなよ?』
『うん……あの…ありがとう…///』
『あ~いいよべつに///…それよりいっしょにかえらないか?』
『うん♪』
『おい!あんまくっつくなよ///』
『ふふ~ん♪』

この時から僕は彼に惹かれたんだ─



  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      。O

「…ってのが最初の印象的な出会いだっんだって…それから付き合いだしたらしいよ…?」
「へぇ~…あの二人にそんなことがあったのねぇ~」
「…あ…二人が帰るみたい…」

「おいJUM!置いてくぞ~?さっさと帰ろうぜ~!!」
「ちょっと待てよベジータ!置いてくなよ!!」

「……思い出だけはキレイなんだけどねぇ~…」
「……ラブラブらしいよ……?皮肉なことに…」
「ここって共学よねぇ~…?なんのための共学なのよぉ~…ちくしょうっ!!」
「…こういう愛は容認できないよね…冷静に考えて…」
(まあ何にせよ、JUMはいずれ私のLOVEパワーでベジータの魔の手から救ってみせる…!!)
「ん?今なんか言った?」
「…ううん…何も言ってないけど…?」
「そう?」

心に誓う薔薇水晶であった

おわり

|