※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

C∞Lジュン ~大切なもの~

~水銀燈~
ジ「大切なもの」
銀「大切なものねぇ・・・やっぱりお金ねぇ」
ジ「身も蓋も無いな」
銀「先立つものが無いと何も出来ないしぃ・・・でもそれだけってのも良くないのよねぇ」
ジ「難しい所だな」
銀「あらぁ?もちろんジュンのことも大切よぉ」
ジ「なんか取って付けられた感が凄い」

~金糸雀~
ジ「大切なもの」
金「大切なものかしら?・・・えーっと・・・その・・・ジュン・・・かしら」ボソッ
ジ「悪いが僕はそんなに金糸雀のことは大切じゃない」
金「うっ・・・」ウルウル
ジ「冗談だ」
金「!良かったかしら・・・・」ホッ
ジ「まぁそれも冗談で更にそれも冗談でまぁそれさえも冗談なんだが」
金「えっ?冗談の冗談のほにゃにゃにゃにゃ・・・裏の裏の表のなんかもう訳わかんないかしらぁぁぁぁぁ!」
ジ「友達以上ペット未満位だ」
金「かーしらぁぁぁぁ」


~翠星石~
ジ「大切なもの」
翠「翠星石の大切なものですか?」
ジ「ああ」
翠「それが・・・最近盗まれたんですぅ・・・」
ジ「それは災難だな、で、何だったんだ」
翠「取ったのはジュンなんですよ?」
ジ「身に覚えが無いのだが」
翠「それは・・・翠星石の心ですぅ」
ジ「そうか」
翠「・・・・・反応薄いですねぇ」
ジ「取り合えず返却しようと思う」
翠「クーリングオフは不可ですぅ」
ジ「そうか・・・じゃあ貰って置く」
翠「ですぅ♪」

~蒼星石~
ジ「大切なもの」
蒼「僕の大切なもの・・・しいて言うなら「今」かな」
ジ「その心は?」
蒼「みんなと過ごす一分一秒が僕にとって大切な物なんだ」
ジ「詩人だな」
蒼「ちょっと・・・臭い事言っちゃったかな?えへへ」
ジ「そういう考えは嫌いじゃない」
蒼「・・・これからもよろしくね?」
ジ「こちらこそ」


~真紅~
ジ「大切な物」
紅「くんくんよ」
ジ「そうか、わかった」
紅「もっと話を掘り下げて頂戴ジュン」
ジ「どう掘り下げろと」
紅「もっと私のくんくんに対する情熱についてよ」
ジ「仕方が無い、じゃあくんくんの良いところを語ってくれ」
紅「全部よ!」
ジ「・・・・・」スタスタ
紅「!何で帰ってしまうの!?私毎回こんな扱いじゃないの!?あんまりだわ!!ちょっと聞いてるの!?
  無視しないで戻ってきて頂戴!・・・!ちょっとジュン!今私の事を哀れんだ目で見たわね!?
  ちゃんと見えてるのよ!?戻ってきなさい!こんな・・・こんな扱い私は納得できないのだわぁぁぁぁ!」

~雛苺~
ジ「大切なもの」
雛「うゆ?ヒナの大切なもの?えーっと・・・巴なの!」
ジ「そうか」
雛「ジュンも大切なのよ?真紅も翠星石も蒼星石もみんなみんな大好きなの!」
ジ「・・・・これをやろう」
雛「わぁ!うにゅーなの!ヒナの大好物なの!?」
ジ「苺大福と巴ならどちらが大切だ?」
雛「うにゅーなの」
ジ「そうか」


~薔薇水晶~
ジ「大切なもの」
薔「もちろんジュンジュンさ!」
ジ「そうか」
薔「隊長!」
ジ「何だ?」
薔「脱いでも良いでしょうか?」
ジ「許可出来ない」
薔「うージュンジュンのいけずー・・じゃあちょっと体育倉庫行こうよ!」
ジ「拒否する」
薔「ジュンジュンちょっと自分勝手だよ?じゃあジュンジュンが場所決めて」
ジ「取り合えず僕と一緒に病院に行くぞ」
薔「えっ・・・ナースコスなんて私・・・ちょっと恥ずかしいよ・・・」
ジ「もうある種の才能と見受ける」

~雪華綺晶~
ジ「大切なもの」
雪「・・・牛」
ジ「牛か」
雪「うん・・・牛」
ジ「牛?」
雪「牛」グー
ジ「焼肉」
雪「・・・・・・」グキュー
ジ「和牛ハンバーグ」
雪「・・・・・・」グギャーン
ジ「厚切り神戸牛のサーロインステーキ」
雪「・・・・・・」グギャギャーン
ジ(おもしろい・・・)

|