※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


僕のご主人様…もとい、彼女はかなり高慢だ。


「ジュン、もう少し上品にできないの?」


僕の一挙一動に文句をつける。


「紅茶の温度が低いわ。淹れ直しなさい」


僕を紅茶汲みロボットのように扱う。


「…今度はちゃんと出来たわね。偉いわ、ジュンくん?」


飴と鞭。そんな言葉が有ったっけか。

…砂糖を頼むよ。


「きゃ!何をするの?ジュ… ん…ぁ」


とびきり甘い奴を…ね?




「ジュン…?」
「何だ?」
「何故私の髪をいじってるの?」
「そりゃあ真紅の髪が綺麗だからだ」

表情一つ変えずに言い放つ。
とたん、真紅の顔が紅茶みたいな色に染まった。

「げ、下僕に髪をいじる権利など与えた覚えはないのだわっ!」
「嫌なのか?」
「むっ…」

嫌じゃないくせに。そう言うように僕は微笑む。

「…続きは後!紅茶を持ってきて頂戴」
「はいはい」
「はいは一回!」
「わかってますよ、姫様」

台所へ向かうため真紅に背を向けたが、
僕には今の真紅の表情が手に取るようにわかる。
この前真紅が言っていた「理想の下僕」という奴かね?
……そうだ。


「はい。紅茶」
「ありがとう、ジュ──… お菓子が無いのだわ」
「おっと。キャンディで良いか?」

僕は白々しく訊ねた。

「良いから早く… !」

不意打ちで真紅の唇を奪う。
舌先で歯をこじあけ、ある物をおいてゆく。 …飴だ。
一瞬で溶けてしまうのではないか。という程ふれあう舌先が熱い。
一通り真紅を味わい、顔を離す。

「どう?甘いかな?その飴」
「もっと…」

名の通り、紅く染まった真紅の顔。
本当は聞こえていたが、照れている真紅をいぢめてみたくなった。

「ん?」
「………もっと…もっと欲しいのだわ…」
「かしこまりました。姫様」

パクンッと飴を含み、再び……


甘いのは、どっち?

|