※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

C∞Lジュン ~腹が減った~

~水銀燈~
ジ「腹が減った」
銀「あらぁそれは大変ねぇ・・・ヤクルトとピルクルならあるわよぉ」
ジ「固形物を希望する」
銀「ヨーグルトならあるわぁ」
ジ「その徹底した姿勢は賞賛に値する」

~金糸雀~
ジ「腹が減った」
金「うっ・・・他ならぬジュンのためかしら・・・・カナの卵焼きをあげちゃうかしら!」
ジ「メイドイン誰だ」
金「え?め・・・めいどいんみっちゃんかしら」
ジ「心から感謝する」モグモグ
金(なんか複雑な気持ちかしら・・・)

~翠星石~
ジ「腹が減った」
翠「んなこったろーと思ったですよ、ジュンの分も作ってきてやったですから有難く貪り食えですぅ」
ジ「是非頂こう」モグモグ
翠「♪~美味しいですか?ジュン?」
ジ「とても美味だ」モグモグ
翠「しゃ・・・しゃーねーですね!それじゃあ明日も作ってきてやるですから昼ご飯は一緒に食べるです!」
ジ「うむ」
翠(やったです!これはあれです!もう既成事実ですぅ!おっしゃーですぅ!)


~蒼星石~
ジ「腹が減った」
蒼「そ・・・それじゃあぼ・・・僕を食べる?」
ジ「ウェルダンで頼む」
蒼「え?あ・・・・うん・・・じゃ・・・じゃあちょっと日焼けサロンに行ってくるよ!」タッタッタ
ジ「和風ソースを忘れるなよ」
蒼(僕としてはデミグラスがお勧めって違うよ・・・・何か違うよジュン君・・・)

~真紅~
ジ「腹が減った」
紅「あらジュン・・偶然ね、ここに午前の授業で作ったクッキーがあるから食べると良いのだわ、くんくんの顔でとっても凛々しいクッキーよ」
ジ「嗚呼腹がへったなぁ」スタスタスタ
紅「ちょっとジュン!聞こえてるんでしょう!?聞こえないふりしないで頂戴!」
ジ「背に腹は変えられん、この際そこらへんの雑草でも食べるか」
紅(わ・・・私のクッキーは雑草以下だとでも言いたいの!?)

~雛苺~
ジ「腹が減った」
雛「にゅーにゅーうにゅーなのー♪おっいしいおっいしいうにゅーなのぉー♪」
ジ「雛苺、お前は苺大福が昼ご飯なのか?」
雛「うゆ?そーなのよ?とっても美味しいのよぉ♪」
ジ「ちゃんと歯を磨くんだぞ」
雛「あいあいさーなのー♪」


~薔薇水晶~
ジ「腹が減った」
薔「待ってたよジュンジュン・・・さぁ服を脱ぐんだ」
ジ「断る」
薔「それも断るぅ!」ヌギヌギ
ジ「脱ぐな」
薔「?そっか・・・ジュンジュンは着たままがいいんだね・・・私はそれでも平気だよ?」
ジ「とりあえず人の話を聞け」

~雪華綺晶~
ジ「腹が減った」
雪「私も・・・」グーグー
ジ「・・・・空が青いな」グー
雪「うん・・・・・あ・・・あの雲・・・・わたあめみたいだね」グー
ジ「僕にはソフトクリームに見える」グー
雪「・・・・・お腹減ったね」グキュー
ジ「・・・・・・ああ」グキュー


|