※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ジュン」
「どうした?薔薇水晶」

薔薇水晶の瞳が僕の瞳を射抜いた刹那、
…無理やりに押し倒されてしまった。

「うわっ!なんだよ…、いきなり」
「真紅とベタベタして楽しかった?ジュンの浮気もの」
「ベタベタって…」

確かに今日は真紅と話す機会が多かった。
…しかしそれは別に彼女が好きだとかそういうことではない。単なる偶然だ。

「お仕置き、必要だよね…?」

前触れ無く押し付けられた唇を。
口内を侵略してくる舌を。
僕は拒む機会すら与えられなかった。


「…はぁ…はぁ…はぁ……」

やっと離された唇の間を銀色の糸が引く。
それは蜘蛛の糸のように僕の理性を縛り上げていた。

「薔薇水晶ぉ…」
「ジュン……?きゃっ」

形勢逆転。薔薇水晶に馬乗りになる。

「真紅とは別になんでもない」
「まだ信じられない」
「そっ…か」

今度は僕の方から口付け、薔薇水晶の口内を蹂躙する。
思わず耳を塞ぎたくなるような猥雑な水音が響く。
彼女の…薔薇水晶の瞳が潤みを帯びたことを確認して
急に顔を離す。先ほどは僕をとらえた蜘蛛の糸が、今度は薔薇水晶を捕らえた。

「信じてくれるか?」
「…うん。だから私を…食べて?」

彼女を貪ろう。熱く、汚れた舌で。
彼女を貪ろう。獲物を捕らえた蜘蛛のように。

そう。二人っきりの暗闇で───。

|