※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジュンと水銀燈が同居しているようです。

J「おい水銀燈。いい加減起きろよ」
水「(うるさいわねぇ………少し驚かしてやろうかしら)」
J「水銀燈遅刻s」
銀「私に触れるなっ!」
J「す、水銀燈?」
銀「朝からごちゃごちゃと五月蝿いわねぇ………ジャンクにするわよ?」
J「………ごめん」
銀「えっ?あっ、分かればいいのよぉ」
銀「(なんでそんな悲しそうな顔するのよぉ。いつもみたいに怒ればいいのにぃ………)」
J「じゃあ………先に学校行ってるから………」
銀「ちょ、ちょっとj」
バタン。
銀「………なによぉ。これじゃあ私が悪者じゃなぁい。ジュンのばかぁ………グスグス」


ジュンが水銀燈に謝るようです

コンコン。
銀「誰ぇ?」
J「僕だ。入ってもいいか?」
銀「………好きにしなさぁい。」
銀「(今朝の事謝らないといけないわねぇ………)」
J「じゃあ入るぞ」
ガチャ。
銀「今朝はg」
J「今朝の事だけど………」
銀「え、えぇ」
J「なんかその………勝手に部屋入ってすまなかった。いくら同居先の人間だからって図々しかったよな………」
銀「それはb」
J「これからはあんな事無いようにするから許してくれないか?」
銀「………済んだ事だしもういいわよぉ」
J「ありがとう………じゃあおやすみ」
銀「おやすみなさぁい………」
バタン。
銀「なによぉなによぉ………やっぱり私が悪者じゃなぁい。ジュンのばかばかぁ………グスグス」


水銀燈が朝を迎えたようです。

銀「泣いてたら寝ちゃってたみたいねぇ」
銀「今日はちゃんと謝らないと………」
ピリリリリリ。
銀「こんな時間に誰よぉ。もしもしぃ?」
J「なんだ起きてたのか」
銀「ジュン?なんで電話なのぉ?」
J「昨日もう無断でお前の部屋に入らないって言っただろ?」
銀「そうだったわね………」
J「起きてるならもう切るぞ?」
銀「ま、待って!」
銀「(これはチャンスよ水銀燈!これを逃したらもう謝れないわ!!)」
J「どうかしたのか?」
銀「昨日の事だけど………」
J「………うん」
銀「ごめんなさい!」
J「な、なんでお前が謝るんだよ?」
銀「実はねぇ………昨日の朝五月蝿かったから少しジュンを驚かそうと思って………」
J「それであんな事言ったのか?」
銀「そうなの………」
J「なんか一気に力が抜けたよ………」
銀「私の事許してくれるぅ………?」
J「許すも何も始めから怒ってなんかないよ。じゃあ今度から前と同じで良いんだな?」
銀「えぇ。お願いするわぁ」
J「分かった。じゃあまたな」
銀「またねぇ。」
バタン。
銀「やっと仲直りできたぁ………一日遅いけどプレゼントありがとう。サンタさん」

|