※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それはある日曜日の夜のこと…幼なじみ兼恋人の金糸雀が泣きついてきた。
「ジュン~…た、た、た、大変なのかしらぁ~…」
「ど、どうしたんだよ金糸雀?とりあえず落ち着いて…ほら、深呼吸深呼吸…」
「わ、わかったのかしら!すーっ、はぁー…すーっ、はぁー…うん、落ち着いたのかしらっ!」
「よしよし…それで…どうしたんだい?」
「あ、そうだったかしら!大変なのかしら!みっちゃんが…みっちゃんが帰ってくるかしらぁ~…」
「へぇ…みっちゃんさんが…って、えぇっ!?」
「どうしようかしらぁ~…」
「どうしようって言われても…」


え?何故僕と金糸雀がこんなに慌ててるかって?
それは…みっちゃんさん…あ、みっちゃんさんって言うのは金糸雀のお母さんのこと。
彼女は世界的に有名なファッションデザイナーで世界を飛びまわっているために普段はあまり家にいないんだけど、たまにぶらっと家に帰ってくるんだ。

あぁ、なんで僕たちがこんなに慌ててるのか……だったよね。
そのみっちゃんさんが帰ってくる場所ってのが問題なんだ。
その場所ってのが僕の家。もちろんみっちゃんさんも僕が金糸雀と同居していることを知ってるからね。


さて、ここで金糸雀の性格を思い出して欲しい。
彼女は学校などの公衆の面前では真面目なお嬢様(僕は「学校モード」と呼んでいる)、僕と二人きりのときのみうって変わったように甘えん坊になる。
実は彼女の学校モードは相当疲れるらしく、家で僕に甘えることによってその疲労を発散してるみたいなんだ。その疲労が発散できない場合は文字通りぶったおれてしまうらしい…
さて、ここで大事なのが『僕と二人きりのときのみ甘えん坊になる』ということ。もちろんそれは家族であっても例外ではないらしい。
(水銀燈だけは何故か例外みたいだけど…)
つまり金糸雀は母親であるみっちゃんさんの前ですら学校モードになってしまうわけで……
しかもみっちゃんさんは毎回少なくとも3日は滞在するので、その間金糸雀がぶったおれたいかハラハラしながら過ごさなきゃいけないんだ…

「それで…みっちゃんさんはいつ来るって言ってたんだい?」
「そ、それがぁ~…」
手をパタパタさせながら泣きそうな顔の金糸雀。そんな顔も可愛いなぁ…じゃなくて!

「実はさっき電話がかかってきて、き…「ピンポーン」」
「あ、誰か来たみたいだね…ちょっと待ってて?」
「あ、ジュン…多分それは……」
金糸雀の言葉を最後まで聞かずに玄関に向かう。誰であろうとお客さんを待たすわけにはいかないからね。

ピンポーン…ピンポーン…

「はいはい、今出ますよ~っと…」


カチリ、ガチャッ…

「すいません、お待たせしました~…って…みっちゃんさん!?」
「あ~っ、ジュンジュン久しぶりぃ~♪」
ドアが開くといきなりガバっと抱きついてくるみっちゃんさん。
「どわっ!?ちょ、ちょっとみっちゃんさん…ほっぺがまさちゅーせっちゅっ…!」
「いやー…本当に久しぶりね~♪あり?ちょっと見ない間に身長伸びたんじゃないの~?うりうり~…!」
「い、痛いですってば…頭をぐしゃぐしゃするのはやめてぇー!」
「あ、そういえば…ねぇねぇジュンジュン、カナはどこ~?」
「か、金糸雀なら台どこガフッ…!」
僕のセリフが途中で途切れてしまったのはみっちゃんさんが僕を投げ捨てたからで……あの細い腕のどこにそんな力が…うわ、頭にコブできてるよ…
「カ~ナ~♪ひっさしぶりぃ~!相変わらず可愛いわぁ~!」
「きゃー!?ほっぺがまさちゅ(ry」
台所では先ほどと同じ光景が繰り返されている。哀れ金糸雀…


このままみっちゃんさんを放置してたら本当に金糸雀のほっぺが燃えちゃいそうだな……

「あのー…みっちゃんさん…?」
「ん?どーしたのジュンジュン?」
みっちゃんさんが僕のほうに振り向くと同時に金糸雀が床に落とされた。
うわぁ…なんか鈍い音したよ…金糸雀ぐったりしてるけど大丈夫かなぁ…

「あ、いやいや…ずいぶん急に来たなぁ…と思って。いつもなら事前に連絡があるから…」
「あり?だって私はちゃーんと手紙書いたよー?」
「へ?手紙なんてあったかな…?」
我が家のポストは僕が毎日チェックしてるんだけどなぁ…確かみっちゃんさんからのエアメールはなかったハズ…


「みっちゃん…本当に手紙書いたの?それか住所間違ってたりしてない?」
おお愛する金糸雀よ、無事だったのか。でもやっぱり学校モードなんだな…
あ、おデコが赤い…さっき落ちたときにぶつけたのか…南無。
「失礼だなぁカナは!住所も正確に書いたし、なくさないようにちゃんとポケットに…ほら!」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「え、えーと…あははは……」
「あー…つまりポケットにつっこんだまま出し忘れた…ってことなの?」
金糸雀が赤くなったおデコをさすりながら嘆く。
んなアホな…しかし現にこうして僕らに宛てた手紙はみっちゃんさんのポケットから出てきた。
「そ、そうよ!悪い!?」
逆ギレですかみっちゃんさん…しかしどう見ても貴女が悪いでしょうに…
「はぁ…まぁいいわ。ところでみっちゃん…今回は何日くらい家にいるの?」
「そうだねー…あ、今回は大きな仕事が終わったからたくさん休暇もらったんだー♪だから1週間くらいかな?」


「「い、1週間~!?」」
見事に僕と金糸雀の声がハモる。さすが恋人同士…ってそんな場合じゃないってば!
1週間もみっちゃんさんがいたことなんて今までなかったからなぁ…金糸雀が非常に心配だ。
「むー?なんだい君たち…私が1週間いるのがそんなに不満?」
「い、いやいや…そんなことないですよ!?なぁ金糸雀?」
「う、うんっ!」
「ホントかなぁ?あ、なるほど…ふむふむ…そーゆーことかぁ?」
ニヤニヤしながら僕らを交互に見るみっちゃんさん。
「そっかそっか、そうだよねぇ…君たちもお年頃の恋人同士だもんねー?私がいちゃ夜のいとな…」
「み、みっちゃんさん!?」
「ちょっとみっちゃん!何言ってるの!」
「はっはっは!まぁカナもジュンジュンもガマンしてよ♪あ、シャワー借りていいかな?むこう出発してから全然浴びてなかったからさー…」
「え、えぇ…いいですよ。えっと浴室は…」
「だいじょーぶだいじょーぶ。ちゃーんと覚えてるから。
そんじゃまた後でねー♪」
そう言って浴室に消えていくみっちゃんさん。


みっちゃんさんがいなくなったリビングは、例えるなら役者のいなくなった舞台のようにシーンとしている。

「な、なんかすごい疲れたぞ…」
「カナもかしらぁ…」
あ、学校モード解除されてる。
「ところで…金糸雀1週間もガマンできるの?その……僕に甘えるの…」
「多分…疲労をためないようにいつもより早く寝たら大丈夫だと思うかしら…」
ならその件については一応大丈夫そうだな。それにしても…
「金糸雀のドジって親譲りだったんだな…」
「むー…失礼かしらっ!まるでカナがドジっ子みたいな言い方かしらっ!」
いやいや、ぶすくれてますけど貴女は十分すぎるほどドジっ子ですってば……
「ちょっとジュン!その顔は何かしらっ!?」
「げっ…顔に出てたか?」
「明らかに出てたかしらー!もぉっ…」
「あははっ、悪い悪い。」
「ぶぅ…」

やれやれ…これからの1週間どうなることやら……


ピピピピッ、ピピピピッ、ピピ「カチッ」

「ふあ~…朝か…今日も1日頑張るか…」
さっと制服に着替えて、眠たい目をこすりながら朝ごはんと弁当の準備をしようと一階に降りていく。
金糸雀が料理を全くできないので(できることはできるのだがオススメはできない)、朝ごはん・弁当・夕ごはんは僕の担当。去年までは姉ののりがやってくれてたんだけどね。
しかし体験してみてわかる、料理の大変なこと大変なこと……のりが帰ってきたら夕ごはんくらいは作ってやるか、うん。
男が料理をするのは少し珍しいかもしれないが、まぁいつもの光景だ。
途中で姉の部屋(今は金糸雀が使ってるんだけど)を通るとボソボソ聞こえてくる愛する金糸雀の寝言。
「ジュ…ン……好き…かしら…」
とっても恥ずかしいけどこれもいつもの光景。
金糸雀の寝言に多少ドキドキしつつ階段を降りて台所へ入ると、目についたのはいつもと違う光景。
「あっ、ジュンジュンおはよー。朝早いんだねぇー」
何が起きたのかわからず一瞬思考が停止したが、すぐに目の前の光景が理解できた。
「あぁ…そういえばみっちゃんさん帰ってきてたんでしたっけ…」


「そーだよー?あ、もしかして忘れられてた?悲しいなぁー…よよよ…」
「あ、あははは…すいません…」
「いーよいーよー。いきなり押し掛けちゃった私にも原因あるしねー…あっ、ところでジュンジュン、カナは?」
「金糸雀なら…まだ夢の中です」
「ハァ…あの子のねぼすけも相変わらずなのかぁ…」
「そんなとこです…」
そしてここで今まで気になっていた素朴な疑問をぶつけてみた。

「ところでみっちゃんさんはこんな朝早くに何を?」
「何をって…見てわかんない?お弁当作ってるのよー」
なんと。これは非常にありがたい…しかし何か申し訳ないな…
「あ、それくらいなら僕が…」
「いいのよー。カナに聞いたんだけど、毎日ご飯作ってくれてるんでしょ?たまにはゆっくりしてよ♪これでも主婦だから、まずくはないと思うよっ♪」
「じゃぁ…お言葉に甘えますね」
「はいはーい」
僕が台所に来たために中断していた弁当の準備にとりかかるみっちゃんさん。
改めて見たらやっぱり若いなぁ…高校生の娘がいるとは思えない…「20代です」って言っても全然通用するな。
しかも料理の手際も素晴らしい…ホントに金糸雀のお母さんなんだろうか?
そんなことを考えていると、弁当用の鮭を焼いているみっちゃんさんにふと話しかけられる。
「ねぇ、ジュンジュン…」
「はい?どうしました?」
「カナ…最近どう?」


「え、どうって…相変わらずですよ?勉強はやたらとできるし、バイオリンはすごいし、クラスでは人気者だし…」
「んー…私が聞きたかったのはそーゆーのんじゃなくて…」
「じゃぁ…」
なんです?と言おうとすると、後ろでドアの開く音がした。
「ふぁ…みっちゃん…ジュン君…おはよう…」
金糸雀はまだ少し寝ぼけているらしく、お気に入りの黄色いパジャマのままで目をこすりながら入ってきた。
「きゃー!寝ぼけてるカナも可愛いーっ!」
「み、みっちゃんっ!?朝からまさちゅーせっちゅっ!」


「あ、あの…金糸雀にまさちゅーせっちゅするのはいいんですが…」
「どーしたのー?あ、もしかしてジュンジュンもまさちゅーせっちゅしてほしいのかなぁ~?」
「いや、そうじゃなくて……鮭」
僕の目には網の上で炎上して今にも炭になろうとしてる鮭が見えた。
「え?きゃー!!」
前言撤回…やっぱりこの人は金糸雀のお母さんだ。


そんなこんなで非常に慌ただしく6日間が過ぎた。なんてったって金糸雀が二人いるようなもんだからね…まぁ金糸雀本人は家にいるときも学校モードだったからそれほどドジはしなかったけど。
問題はみっちゃんさんだ。金糸雀みたいに砂糖と塩を間違うなんてまだ可愛い方。
みっちゃんさん…一体どうやったら砂糖と胡椒を間違えるんですか…?

「はぁ…明日にはみっちゃんがまた海外に行っちゃうのかしら…」
「そうだな…なんだかんだ言ってもあの人がいなくなると寂しくなるな…」
「かしら…」
リビングで金糸雀が残念そうにポツリと漏らす。
ちなみに今みっちゃんさんはお風呂タイムだ。
「ジュン…カナは…カナはね、みっちゃんのこと大好きかしら」
「うん、知ってる…」
「ホントはみっちゃんにもジュンみたいにいっぱい甘えたいかしら…でも…カナは『いい子』でいなきゃいけないのかしら…カナがみっちゃんにワガママ言って困らせちゃいけないのかしら…」
「金糸雀……」
しばしの間、静寂がこの空間を包む。それを断ち切ったのは
「カーナー!次お風呂入ってー!」
というみっちゃんさんの声。


「わかったー!すぐ行くわー!」
パタパタと風呂場へ向かう金糸雀。
…甘えモードからの切り替えが早いこと早いこと…
「ふぅ…いいお湯だったわー…」
金糸雀と入れ違いにみっちゃんさんがリビングに戻ってくる。
風呂上がりのためにほんのり赤くなった肌が妙に色っぽく感じて思わず目をそらしてしまう。
「ねぇジュンジュン」
そんなときにいきなり話しかけられたもんだから僕の心臓は文字通り飛び上がった。
「はっ、はいっ!なんですかっ?」
「なんでそんなにキョドってるのよぅ…あ、まさか風呂上がりの私を見てコーフンしちゃった!?いやー、まだまだ私も捨てたもんじゃなかったのねー♪」
くっ…何故この人はこうも図星をついてくるのか…
「そっ、それで…何か?」


「照れちゃってー♪ジュンジュン可愛いなぁ♪」
そう言ってほっぺをツンツンついてくる。
ちょっと気持ちよく感じたのは内緒だ。
「あ、何の用か…だったわね。」
みっちゃんさんが真剣な顔になり、椅子に座る。
やっと本題突入か…長かったな…
「あのね、カナのことなんだけど…あの子…なんか無理してない?」
「…どういうことですか?」
「ほら…ジュンジュンも知ってるとおり、高校入学までのカナってすごく甘えん坊だったじゃない?」
いや、今でも十分甘えん坊なんですが…という言葉をぐっと飲み込む。
「えぇ…高校生になってから急にしっかり者になった…って感じですね」
「あの子が高校生になってから私の海外の仕事が増えて家を開けっぱなしにすることのが多くなっちゃったから…自然とあの子も『しっかりしなきゃ』って思ったんだろうねー…」
「で…何で金糸雀が無理してるって思うんですか?」
「そんなの見りゃわかるわよー。伊達にあの子の親やってないんだからさー」
「はぁ…」
「本当は甘えたいんだけど甘えられない…『自分はいい子でいなければいけない』って思い込んじゃってるんじゃない?
周りが期待すればするほどその思いはどんどんあの子を締め付けちゃう…それでさらに『いい子』になろうとする…まさに悪循環ね。体にも心にもすごい負担がかかってるんでしょ?」


「そこまでっ…」
「『わかってるのに何故金糸雀を助けてあげない?』」
「…」
「そうね…『仕事が忙しい』なんて言い訳でしかないわよね。本当なら私が一番あの子を支えてあげなきゃいけないのに…」
「みっちゃんさん…」
「そんなことわかってる…人の親なら自分の子供を何より優先しなきゃいけないって…
私はあの子に甘えてたのよ…『あの子がしっかりしてるから自分は好きな仕事をやれている』…その考えがあの子の心をさらに締め付けてたなんてことに気付かずに…ごめんねジュンジュン…私って親の資格ないよね…」
うなだれるみっちゃんさん…僕は何も言い返せなかった。


二人の間に流れる気まずい沈黙……それは風呂上がりの金糸雀の一言で断ち切られた。
「ふぅ…いいお風呂だったぁ…ジュン君どうぞ♪」
「あ、あぁ…」
僕が立ち上がると同時にみっちゃんさんも席を立つ。
「ふぃー…じゃぁ私はそろそろ寝るかなー。あ、ジュンジュン?私がいないからってカナとあんなことやこんなことするんじゃないわよー?」
「ちょっ、ちょっとみっちゃん!何を…//」


「あははー♪カナったら可愛いー♪それじゃおやすみなさーい」
バタン
「うぅ…みっちゃんにも困ったものかしら…//ねぇジュン?」
「……」
「ジュン?どうしたのかしら?」
「……え?い、いや…なんでもない。じゃ、じゃぁ僕も風呂入ってくるよ…金糸雀はどうする?」
「カナはジュンを待ってるかしらー」
「うん、わかった。それじゃぁまた後でな」
「はいなのかしらー」

浴室に入り、湯船につかりながら一人呟く。
「……みっちゃんさん…泣いてたな…」
自分の子供の苦しみをわかってやれなかった…一人の親として、どんなに自分が許せないことだろう…
「僕には…僕には何もできないのか?みっちゃんさんのために…金糸雀のために…」
…しばらく考えてからあることを思いつく。
「やっぱり…これしかないか」
僕は一つの思いを秘め、浴室を後にした。


リビングに戻ると、金糸雀が今にも寝てしまいそうなくらいウトウトしていた。
このまま寝ると風邪をひいてしまうな…かわいそうだけど起こすか。
「金糸雀ー…起きろー」
軽くほっぺを叩いてみる。
ぺちぺち……
「…ん…あやうく寝ちゃうとこだったのかしら…それもこれもジュンのお風呂が長いからかしらー!」
手をパタパタさせながらむくれる金糸雀。
「罰としてカナを抱っこするかしらー//」
「ごめんごめん…ほら、これでいいかい?」後ろから抱きしめる。
「ふにゃー…ジュンの体ポカポカかしらー♪」
僕の腕に包まれ、気持ちよさそうに甘える金糸雀。
うん、やっぱり彼女は『いい子』でいるよりこうやって甘えてるほうが断然可愛い。
みっちゃんさんも本当の自分を隠した金糸雀よりこっちの金糸雀の方が好きに決まってる。
「(よし…)」
心の中で決意して、僕は先ほど浴室で思ったことを金糸雀に伝えることにした。


「なぁ金糸雀…」
「ん?どうしたのかしらー?」
「もうさ…『いい子』でいる必要なんか…ないと思う」
「え…?」
「ほら…金糸雀さっき言ってたじゃないか。『自分はいい子でなきゃいけない。ワガママを言ってみっちゃんを困らせてはいけない』って」
「え…あ、うん…そうかしら…カナは『いい子』でいなきゃいけないのかしら…みっちゃんに迷惑かけるわけには」
「なぁ金糸雀」
「いかな…ふえ?」
「僕はそうは思わないな。無理して演じている『いい子』の金糸雀とありのままの甘えん坊な金糸雀…一人の親として、みっちゃんさんはどっちの金糸雀の姿を見るほうが嬉しいと思う?」
「そ、それは…」
そのままうつむいてしまった金糸雀…当然か。今までの自分を否定されたも同然なのだから…


そんな今にも泣き出してしまいそうな金糸雀をもう一度強く抱きしめる。
「ジュン…」
「みっちゃんさんな、悩んでたんだ。『自分のせいで金糸雀に無理をさせている』って。すごく後悔してた」
「みっちゃんが…?」
「うん」
「そっか…カナが『いい子』であればあるほどみっちゃんを苦しめてたのかしら…カナはおばかさんかしら…」
「金糸雀…」
「ジュン…ありがとうかしら」
「い、いや…僕は何も…」
「ううん…ジュンは大切なことを気付かせてくれたかしら。カナはカナなのであって、無理して『いい子』になる必要なんてないのかしら……そうよね、ジュン?」
「あぁ…そのとおりだよ金糸雀」
「ふふっ♪んー…なんかスッキリしらまた眠くなってきたかしらー…」
「ははは。じゃぁそろそろ寝るか?」
「はいなのかしら♪あ、ジュン……?」
「ん?どうした?」
「うー…あのー…今日は一緒に寝てほしいかしら…ダメ?//」
あぁっ…だからいつも言ってるようにその上目使いは反則…
「も、もちろんだよ//」
「やったー♪じゃぁさっそくジュンの部屋に行くのかしらー♪」


そして翌日の朝早く…僕と金糸雀はみっちゃんさんを見送るために玄関まで来ていた。本当は空港まで見送りに行きたかったんだけど、「空港まで着いて来られると別れが辛くなるからここまででいいよー」とのこと。

「じゃぁカナ、ジュンジュン…そろそろ行くねー」
「えぇ。またいつでも帰ってきてくださいね?みっちゃんさんも僕の家族ですから」
「…ありがとうジュンジュン」
「ほら、金糸雀もみっちゃんさんに言いたいことあるんだろ?」
僕の隣で恥ずかしそうに下を向いていた金糸雀の背中をポンと押してやる。
「あ、あの…みっちゃん…」
「カナ、どーしたの?」
すると金糸雀はいきなりみっちゃんさんに抱きついた。
「うぅっ…みっちゃん…ごめんなさいなのかしら…」
「か、カナ…貴女…!?」
「カナのせいで…カナのせいでみっちゃんに辛い思いをいっぱいさせちゃってたのかしらっ…ごめんなさいかしら…」
「カナ…ううん、私のほうこそ…ごめんね…?」
「みっちゃん…うぅっ…ぐすっ…」
「ほらほら、もう高校生なんだから泣かないの。ね?」
ボロボロ泣きながら自分をきゅっと抱きしめている金糸雀の頭を優しくなでるみっちゃんさん。
「みっちゃんだって…みっちゃだって泣いてるかしらー…」
「ふふっ…そうね…」
「みっちゃん…カナはみっちゃんのことが大好きかしら…」
「私も…カナのことだーいすきよ♪」
「えへへへ…♪」
「ふふっ……さてと、名残惜しいけどそろそろ行くね?」
金糸雀の体を引き離し、残念そうに呟くみっちゃんさん。しかしその顔は昨日のように沈んだものではなく、とても晴れ晴れとしている。それはもちろん金糸雀も同じだ。
「うんっ!ばいばいなのかしらー!」
ぶんぶんと笑顔で手を振る金糸雀。
「体には気をつけてくださいね?」
「二人ともありがとう…それじゃぁねー♪」


「金糸雀…よかったな」
「うんっ!」
「さて…それじゃぁ朝ごはんにしようか?」
「はいなのかしらー♪おかずは何かしらー?」
「そうだなぁ…金糸雀の大好きな甘ーい玉子焼きいっぱい作ってやるよ」
「ホ、ホントかしらー?ジュン大好きかしらーっ♪」
「おわっ…飛び付くなってば…」
「へへへ♪イヤなのかしらー♪」

僕にひっついたまま嬉しそうに笑う金糸雀。
この笑顔はもう僕だけのものじゃなくなっちゃったな…ちょっと寂しいかも…
でも、こんなに嬉しそうな金糸雀を見てたらそんなことはどうでもよく思える。

「ジュンー?どうしたのかしらー?カナお腹減ったのかしらー…」
「…あぁ、ごめんごめん。すぐ支度するよ」
「じゃぁ早くこのまま台所へれっつごーなのかしらー♪」

だって…僕は愛する人のこの笑顔を見れるだけで幸せなんだから。

|