※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今回は前回登場した柏葉にスポットを当てよう

七月中旬頃、学校での事件も終わりを告げ街は平穏を取り戻している、僕は隠し扉裏の書斎にいる。この前のあれは何だったんだろう。まるで理性が吹き飛んだようだった、いや実際に理性が吹き飛んでいたなそう深く考えていた、こんなイラつくときはプラモを作るに限るか。僕は引き出しからプラモを出そうとした、とそこで作るで思い出したが浴衣を作ろうと思っていたんだ。隠し扉をあける、と大変なことになった、隠し扉の故障で内部から開けられ無くなってしまっていたのだ。やばい誰か助けを呼ばねば、姉ちゃん達はみんな出かけてるしベジータと笹塚はナンパに行った、そこである人物が浮かんだ、柏葉だ!彼女に早速電話を掛ける、
「柏葉、今暇か?」
「暇だけどどうしたの桜田君?」
「大変なことになった、すぐに家に来てくれるか?」
「わかった。」
「ついたら勝手に入っていいから俺の部屋に来てくれ、」
「わかった」
そして30分後に柏葉は部屋にきた、
「桜田君?」
「柏葉、本棚の人間失格(太宰治著)と沈黙の春(レイチェルカーソン著)を同時に引き抜いてくれ、」
「わかったわ。これとこれね、」
やっと外にでることが出来た、
故障の原因は配線が抜けていたことだった、
「柏葉、助かったよ、そうだお礼に浴衣を繕うよ」
「えっいいの?」
「いいよ、誰をモデルにするか悩んでいた所だから」
「でも何で浴衣を?」
「ちょっと桜田グループからドレスの思案を頼まれてね。」
「桜田君裁縫上手だもんね」
「そこでウォーミングアップに浴衣を縫おうと思ったんだけど姉ちゃん達だと8着縫わないと駄目だろう?そこでモデルを探してたんだ。」
「でも私でいいの?」
「何言ってんだよ、柏葉だって十分かわいいから」
「あっありがとう…」

そんなたわいない会話から1ヶ月、僕はローゼンさんがドイツから急遽帰ってくるなり言われてスーツを来て柏葉家を訪れた。柏葉は良家のお嬢様で武芸に優れた一族らしい。
ローゼンさんと途中で合流し奥の座敷に通される、とそこには柏葉と母親らしき人物がいた。僕はローゼンさんに耳打ちをして聞く、
「どういうことですかローゼンさん?」
「どうもこうもお見合いだよ」
「へっ?」
「じゃあ頑張って」
そしてローゼンさんと柏葉の母親らしき人物は部屋から出ていった。
そして向かった先はモニタリングルームだった。そこにはローゼン姉妹の姿もある
、「お父様、これは拷問ですの?」
「いや、ちょっと違うな」
「じゃあ…」
一方座敷では僕と柏葉がみつめあっていた、先に口を開いたのはぼくだった
「あっ、これこの前の浴衣」
「本当に作ってくれたんだ。」
「当たり前だろ。」
一方のローゼン姉妹
「何ですぅあれ?翠星石達は浴衣なんて作ってもらった覚えないですよ!」
「しかし流石ジュン君だ。ますます家の娘の…」
「何?お父様」
「いや、何でも」
一方の座敷
「じゃあ桜田君、早速着てみたいからあっち向いてて」
「わかった」
一方ローゼン姉妹
「なんてだらしない下僕だこと」
一方の座敷
「おいあんまり寄るなよ。」
「だって…」
その後読者の8割が殺意を抱く展開になって…

そしてお見合いが終わった後ローゼンさんは僕に言った、
「ジュン君、合格だ!これから四年間私と世界を回ってもらいたい。」
「へっ?」

to be continue.
|