※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ベ「くそぉ、何故ジュンばかりがモテるんだ!?納得いかん!!」

ベ「…というわけで貴様に決闘を申し込む!!」ビシィ!
J「また逆恨みもいいとこだなぁ…」
ベ「ぬかせ!俺様の持つ最大の技で貴様を地獄に送ってくれるわ!!
はああああああぁ!!」
『ゴゴゴゴゴゴゴ…』
J「これはギャリック砲を遥かに超える気…ふんっ…本気というわけだな…」
ベ「食らえっ!ファイナルフラーッシュ!!!!」
『ドガアアアアアァ!!』
J「ふん、甘いわぁ!!」
『がしぃっ…』
金「へ?」
J「カナリアン・リフレクター!!」
ジュンはベジータの技を金糸雀のデコで受けた…
金「ひぃぎゃああああああ!!あちちちちちちちちちちかしらあああぁ~っ!!!!」
するとベジータが放った光線は跳ね返りベジータ自信に襲いかかった
ベ「う…うぎゃああああああああああぁ!!」
『チュドーーン!!』
J「ふぅ…やったか…」
金「ひ…酷いかしら~!!死ぬかと思ったかしらーー!!」
自分を見上げ涙目で必死の抗議を上げる金糸雀に
J「ごめんな…カナのおかげで助かったよ。ありがとな。」ちゅっ
金「あ…///」
J「さ、保健室行っておデコ診てもらおうぜ。」
金「は…はいかしら///」

J(ふっ…ちょろいもんだぜ♪)

笹「ジュンが黒いよ~…(((゜д゜;)))」





真「ジュン、紅茶を入れて頂戴!」
真紅に頼まれた紅茶:150円

雛「ジュン、うにゅ~がほしいのぉー!」
雛苺が欲しがったうにゅー:120円

銀「ジュ~ン、ヤクルト買ってきてぇ~」
水銀燈に頼まれたヤクルト(1ダース):230円

翠「べ、別にジュンにし、心配なんかしてねーですよ」
翠星石のツンデレ:priceless

お金で買えない価値がある。
買えるものはマスターカードで。

ジ「……CMができそうだ…」




ベ「ぬぅ!!こ…これは…」
ある風の強い、日ベジータが歩いていると目の前にあるものが落ちていた
ベ「こ…これはまさしく…ぶらじゃあさんでわないかああぁ!!」
それは黒い大人びたデザインのブラジャーであった
ベ「ぬおおぉ…生きていればいいこともあるもんだ…だがこれは誰のものなのだ?」
ベジータはブラジャーを片手に考えてみた
ベ「ふむ…色的には銀嬢だが僅かに小振りなような…だがそこそこのボリュームから考えてるに紅嬢や金嬢とは考えてられない…だとすると雪嬢や薔薇嬢辺りか!?」
ベジータはその解答を即座に叩き出した
ベ「うっひょおおお~!!た…堪らん!早速温めて匂いをば…いやいやまずは頭にかぶって…」
その時…

み「あれ~?確かこの辺りに……ああああああああぁぁ~っ!!私のブラああぁぁ!!」
その持ち主であったみっちゃんがベジータを指差して悲鳴を上げた
ベ「なんだ…興奮して損したぜ…」ポイッ…
み「……この世とのお別れは済んだかしら?」


金「あれぇ?おうちの前にパトカーがいっぱい停まってるかしら。」
ジ「どうも傷害事件だな…道路にすごい血痕があるぞ。」
金「へ~、物騒な話かしら。」





ある風の強い日、ベジータが歩いているとまたブラジャーが落ちていた
ベ「むぅ…こないだは命からがら逃げ延びたが…またみつ嬢のものとかいうオチではあるまいな…」
ベジータは辺りをキョロキョロと伺うと黄金聖闘士並みの素早さでそのブラジャーを拾った
ベ「むぅ…しっくな紫色に…ほどよい大きさ…間違いない!!俺の予想が正しければこれは薔薇嬢のモノ!!ヒィヤッホォォ~!!」
ベジータがそのブラを天高く掲げたその時だった…



マツ「あらまぁ、若い人が私の下着で…」
ベ「いぃっ!?」
そこには芝埼マツと孫の蒼星石が立っていた
蒼「ベジータ君…キミもついに堕ちるとこまで堕ちたみたいだね?」
蒼星石がにっこりと笑いながら鋏を取り出す…
ベ「いや…あの…蒼嬢…これには深いワケが…」
蒼「言い訳はあの世で言ってね。」
『…シャキィン』


ベ「ここからが本当の地獄だ…」





 私は地獄だ。

 無数に存在する平行世界群、それらの内において生ずるありとあらゆる悲惨のイデアで
あるところの、地獄だ。黴臭い黒革張りの聖典がいみじくも指し示すように、私には嘆き
と歯軋りが満ち満ちている。そして世界のそこかしこには私に直結する陥穽がぽっかりと
口を開けており、望むと望まざるとにかかわらず犠牲者たちを引きずり込む。

 しかし私は訝らざるを得ない。連番を振り忘られたこの時空に浮かぶ騒がしくも安らか
な学園風景、ここには私に通ずる門を開く余地がまったく見当たらないのだ。少なくとも、
今この瞬間においてはそうだ。

 例えば、もっぱら他人の色恋話に花を咲かせているあの銀髪の娘。燃え盛る蒼白の火に
彼女を投げ込むには、運命の糸車を万の万倍ほど狂わせてもまだ足りない。例えば、その
傍らで超然とシュウマイなぞをもぐもぐやっている、あの眼帯の娘。彼女が崩壊の末路を
たどる可能性は、らくだが針の穴をくぐるそれよりもなお低いだろう。何者かの加護を受
けているとしか思えない安寧そのものの情景に、さしもの私も自信を失いかける。諸人に
等しく待ち受けるべき破局さえも、お前たちは拒絶するというのか。

 いや、そうではなかった。そそくさと便所に向かう、M字に禿げあがった男の姿を私は
捉える。そして、ますらおの菊花を散らすことを無上の喜びとする変態教師の姿も。この
二人を最悪の形で鉢合わせさせることなら、さほど難しくはあるまい。じきに聞こえるで
あろう、血も凍るような悲鳴を思い北叟笑みつつ、私は運命の糸車に手を伸ばす。

 そうだ。ここからが、本当の地獄だ。






ジュンのためなら死ねる

ロロリリロロリロ ロロリリロロリロ ロロリリロロリロ ロロリリロロリロ
ロロリリロロリロ ロロリリロロリロ ロロリリロロリロ ロロリリロロリロ

ジュ~ンジュ~ンジュンンンン~ジュ~ンジュ~ンジュ・ン・ン

テ~ケテ~ケテケケケケ~ンテ~ケテ~ケテ・テ・テ

              ラ ビ ッ ト !


兎「ふぅ……如何でしたかな? ジュン様」
ジ「ご苦労さん、じゃあ早速俺の為に死んでくれ、きらきーさ……あれ?」
雪「ラプラスを食おう、て思ったその時……既に行動は終わっているのですよ、ゲフ」





J 「こういうのが流行ってるのか?」
ベ「そうだぞ。知らないのか?遅れてるなお前。」
J 「ふーん。」


『JUNが何か思い立った様です』


翠「はい、弁当です。翠星石に感謝して食べるですよ。」
J 「……。」
翠「?どうしたです?おめーの嫌いな南瓜が入ってるからって嫌がってるですか?
  駄目ですよ。そんな風に好き嫌いしてるから何時まで経ってもちびなまんまなんです。
  好き嫌い言わずに翠星石に感謝して食いやがれです。」
J「べ、別にお前の作った弁当なんか食いたく無いからな。仕方なく食ってやるんだからな。勘違いするなよ。」
翠「……。」



J「滅茶苦茶殴られた上に、弁当取り上げられました。」
笹「当たり前じゃないかな。それに君の場合は普通にしてても変わらないと思うよ。」
J 「?」
笹「いや、気付いて無いなら別に良いけど……。」





ベ「やっぱり味噌汁っていいなー」
梅(味噌汁→味噌→みそ→くそみそ→くそみそテクニック→うほっ
ベ「何する梅岡こっちみんなこっちくんなヤバい目で俺を見るなロープを持って来るなくぁwせdrftgyふじこlp;」

梅「ってゆう夢を見たんだ」
J「それで僕にどうしろと」
梅「僕は君でもかまわない」
梅「夢は叶えるためにある」
J「良い事言ったつもりか」

アーッ





予告風→本編化予定今の所無し

その道の上には―時刻の間隔が一切無くなる様な紅い空の下には―二人の人影があった。
二つの影の間は5m程度離れている。影の長さはほぼ同じくらい。
その影の持ち主の二人の人間は、向かい合っていた。
片方は今にも泣き崩れそうな表情で血に塗れた銃を構えていた。
反対側に立っていた人間は、俯いたままポーチに入っていたナイフを引き抜く。
そのナイフは銀色に、所々赤黒く煌き、その存在を目に焼き付けた。
銃を持っていた人間が不意に話しかける。
「ごめんね・・・ごめんね・・・。」
その声は震え、嗚咽交じりになって相手へと届いた。
謝られた相手は、それを気にすることなく、言葉を返した。
「もう戻れないのか・・・?
 今すぐ一緒に逃げよう。・・・何があってもおまえを守ってやる。
 もう二度と・・・もう二度とその手を離したくないから。」
そういいながら、ナイフを右手に掴んだまま、5mの距離を縮めていく。
銃を構えていた人間は近づいてくる相手を拒絶せず、ぽつりと話しかけた。
「もう・・・駄目だよ・・・ボクは・・・ボクは・・・。」
そして――。

思いは電波の様には通じず、されどそれ故に人は美しい。
そこにある結末は誰もわからない。故に物語は美しい。
正しいのか間違っているのか。それは誰にも決められない。

Ark―The Hidden story―

『嗚呼。それ故に世界は美しい』





J「冬休みの宿題の読書感想文は何書くんだ?」
ベ「俺はもちろんこれだぜ!」
つ【ノベル版ローゼンメイデン「黒い風」】
J「ちょwwww」
作「奇遇だなベジータ! 俺も同じ本だ!
 俺の友人はシャナやってきたこと有るぞ!!」
ベ「お、お前は作者!
 そしてシャナバロスwwwwww」
J「念のため言うとこのSSの作者ってことだから
 ついでに実話らしい」
作「説明ご苦労JUN」
ベ「この作者、作者登場好きだからな・・・」
J「JOJOも好きだよな」
梅「そして好きなオチは・・・・」

  アッー!
作「これまで間違えてたよ
 アーッ!じゃなくてアッー!なんだな すまんかった」




J「人稲杉だね・・・・」
ベ「だな・・・・」
梅「先生が一肌脱ぐぞー☆」
J「先生、男で☆はまずいです」
ベ「やめろ梅岡こっちくんなこっちみんなズボン脱ぐなアッー!」


J「誰か来てベジータを助けてやってください」


ベ「やっとそこそこ人が来たぜ・・・」
梅「人目もあるしベジを○○○するのは止めるか」
J「先生が自分から辞めるとは珍しい」
梅「止めるのではない 乗り換えるのだ」
J「ちょwwww」
梅「ベジを○○○するのは止めると言ったが
 お前にしないとは言ってない」
ベ「頑張れJUN」
J「アッー!」


銀「って感じになるだろうから今のうちに初めては貰っとくわぁ」
J「アッー!」



JUM「参考までに言っておきましょう、私のマエストロ力は53万です」





やあ、諸君!年末の大掃除や、宿題は終わったかな?梅岡だよ!
僕は思うんだけど、確かに宿題や受験勉強は大事だけど、今君には他にやるべき事があるんじゃないかな?
そうだよ、なかなくてもいい。するべきこととは…


ほ し ゅ だ


べ「梅岡、お前に来年はない。ふふふふふ、ハーッハッハッハッハ!


99 :初詣って何?:2006/12/27(水)17:07:13.66
く「空気を読まず100ゲットしちゃうぞ!」

100 :初詣って何?:2006/12/27(水)17:08:09.63
>>99
紅「ああ・・・くんくん・・・
 あなたがミスを犯すなんて・・・」


104 :初詣って何?:2006/12/27(水)17:38:36.53
く「空気を読まず今度はぬるぽしちゃうぞ!」



紅「くんくんにガッするのは私が許さないのだわ・・・」

105 :おせち(200円):2006/12/27(水)17:55:58.88
>>104
真紅やるな~www俺らにガッさせないあたり愛の深さを感じるぜwww

だ が ガッ

106 :犬と初詣:2006/12/27(水)18:02:51.98
>>105
紅「ああっ!くんくん・・・・」
く「もうだめぽ・・・真紅・・・」
紅「おのれ・・・くんくんの仇!




 ぬるぽ」

|