※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「真紅何を話してるです?」
また何か来た……
俺の平穏な学園生活が……
「ジュンに私たちの事を言ったのよ」
「何故です!? この事は他言無用なのですよ」
「いや、別にそんなことは無いよ」
「蒼星石は黙ってろです」
「翠星石ったら」
翠星石に蒼星石
さっき真紅が言ってた
「双子の……」
「なんですか?」
「あっいや双子なんだって?」
「そうですよ、私はローゼンメイデン第三子翠星石」
「僕はローゼンメイデン第四子蒼星石」
双子なのに性格は正反対だな
第三子って事は翠星石が姉の様だが蒼星石の方が落ち着いてるし
「……その第何子ってのは産まれ順だよな?」
「そうだよ」
「あっそれは翠星石が今言おうとしたです」
「はいはい」
見た目は一緒なのに性格は本当に違うな
「腹違いなのに何で分かるんだ?」
「それはお父様が言ったから」
またお父様か
「それも翠星石が言おうとしたです」
「えっとそのー」



「あっ自己紹介してなかったな、俺は桜田ジュン」
「じゃあジュン君って呼ぶね」
「別にジュンでいいのに」
「それよりも蒼星石昼休みになったら一年のクラスに行くですよ」
「何で一年なんだ?」
「二年生の特権を使わねー手は無いです」
特権ってそんなどうでもいい事を使うのか?
「翠星石大丈夫?」
「何がです?」
「人見知り……」
「あ~蒼星石言うなです!!」
初対面なのにこんな口が悪い奴が人見知り!?
「こんな口うるさいのでも人見知りするんだ」
「なっなんですか、翠星石はか弱い女の子なんですよ」
「か弱い……くくっ」
「あ~もうムカついたです、こんな器が小さい奴なんてチビ人間で十分です」
器とかそうゆう事を言われると腹が立つ
「なら、口の悪いお前は性悪だな」
「ムキー」
「翠星石やめなよ」
「蒼星石は黙ってろです」
「妹にそんなこと言えるなんて本当に性悪だな」



「また言いやがるですか、このチビ人間」
「もう、真紅も何か言ってあげてよ」
「授業中くらい静かにしたら?」
「……分かったよ」
クラスではおとなしくしてたのに、この性悪のせいだ
「……分かってるです、でも悪いのはチビ人間」
「翠星石」
「……はいです」
やっと落ち着いた様だ
それにしても人見知りをする翠星石がこんなに喋るなんて珍しい
いや、こんな姿は初めてかも
「何か盛り上がってるわねぇ」
「今度は誰だ?」
「私ぃ? 私はローゼンメイデン第一子水銀燈」
またこの挨拶か……
「……桜田ジュン、よろしく」
「よろしくぅ」
なんなんだよさっき一体
よく見ると腹違いにしてもこいつらカラフルだし
水銀燈の髪は銀? 白銀だし
真紅は金髪
まあ双子の髪は……
「……何? ジュン君」
「チビ人間!! 蒼星石に色目を使うなです」



「違うよ、お前らの目」
「左右で色が違う?」
「そうそう、右目と左目、お前ら逆だよな」
「翠星石と蒼星石は二人で一人です」
オッドアイって言ったかな?
見るのは初めてだ
「んっ!? 何だ?」
眉を細めながら翠星石の方に向かって言った
「いきなりなんですチビ人間」
「違うよ、お前の後ろの……」
さっきから翠星石の後ろから何かが見え隠れしていた
「後ろって……うわぁ、金糸雀脅かすなです!!」
「みっ見付かったかしら」
「金糸雀も入りたかったんだよね?」
こいつらが揃う事は無いって言ってたが仲は良いようだな
姉妹だからか?
「バレたら仕方ないかしら、私はローゼンメイデン第二子……」
またこれか、もう面倒臭くなってきた
まだ一人いるし
「俺の名前は桜田ジュン!!」




「おい、桜田 お前の名前は分かったから、静かにしろ」
ついに先生に怒られた
「まったく、使えない下僕だわ」
真紅の言葉にも頭が上がらない
「私はローゼンメイデン……
「うるせーです、テメーも黙れです」
先生に怒られた事もあってやっと静かになり普段の授業に戻った
俺の静かで平穏な学園生活はもう戻らないというのに


「私の自己紹介はまだかしら」


~二部・完
|